1. 岡山トップ
  2. 特集
  3. 事件は岡山で起きていた…!? 秋の夜長のミステリー小説案内

事件は岡山で起きていた…!? 秋の夜長のミステリー小説案内

  • 2018/11/01 UP!

OK181103-title1

  昭和12年11月27日、あの名探偵が岡山の地に降り立った―。秋の夜長、地元ゆかりのミステリー小説で、スリリングな読書を楽しみませんか。まずは、戦後ミステリー小説の礎となったあの名作から紹介しましょう。

OK181103-1

日本を代表するミステリー作家・横溝正史の代表作といえば、金田一耕助シリーズ。その記念すべき第1作「本陣殺人事件」は、横溝が終戦前後に疎開していた、現在の倉敷市真備町岡田地区(旧岡田村)を舞台に描かれた作品です。
横溝自身は神戸生まれですが、父・母とも岡山の出。義姉が総社にいたこともあり、戦況の悪化とともに東京から移ってきました。
後年、真備時代を「人生で一番幸せな時間だった」と振り返ったという横溝。地元の人々と親しく付き合い、さまざまな話を聞く中で大いに刺激を受け、作品に反映していきました。
「本陣―」で描かれた、飯屋、水車、村役場などは当時実在したもの。金田一が歩いた清音駅から岡田村への道は今もたどることができます。さらに「獄門島」「八つ墓村」など後の作品のモデルも点在。〝聖地〟として全国からファンが訪れています。

new2017-03-17-12

本陣殺人事件 金田一耕助ファイル2
角川文庫 定価640円+税
【あらすじ】昭和12年11月25日。旧本陣・一柳家では、長男・賢蔵の結婚式が執り行われた。翌日未明、新婚夫婦が眠る離れから悲鳴と怪しい琴の音が響く。人々がかけつけると、そこには血まみれの夫婦の遺体が。不審な男の手形、糸が1本切れ、琴柱が1つなくなっている琴、庭の石灯籠の根元に突き刺さった日本刀…現場に残された手掛かりをもとに、若き金田一耕助が事件解決に挑む。

OK181103-3

横溝が昭和20年から約3年間暮らした「疎開宅」(真備町岡田1546)。「本陣殺人事件」はこの家で執筆されました。火・水・土・日曜の午前10時~午後4時開館。入場無料。7月の豪雨では、20mほど手前まで水が来ましたが、被災を免れ、「地元の方々や全国から来てくださる皆さんの憩いの場になれば」と、通常通り公開を続けています。☎086(698)8558

横溝正史疎開宅管理組合のお2人は、岡田生まれの岡田育ち。「横溝作品を読んでいると、近所の風景や、子どものころにいたおじさん、おばさんによく似た名前の人物が登場するので、面白いですよ。秋の金田一イベントでは真備町復興への希望を皆さんと共有したいと思っています」と組合長の浅野昭江(てるえ)さん(右)

村内を歩き回りながら、小説の構想を練っていたという横溝。写真は、横溝の散策コースだった大池。短編「空蝉処女」にこの池が登場します
疎開宅の近所にある「濃茶のほこら」。「八つ墓村」に登場する「濃茶の尼」はこのほこらの名前に由来

 十一月二十七日、即ち一柳家で恐ろしい殺人事件のあった翌日のことである。
 伯備線の清―駅でおりて、ぶらぶらと川―村のほうへ歩いて来るひとりの青年があった。
―「本陣殺人事件」より抜粋

OK181103-3

金田一耕助が初めて小説に登場した地「清音駅」。しわだらけの羽織と着物、たるんだ袴(はかま)、形が崩れた帽子…といった風貌で現れた金田一は、パトロン・久保銀造(殺された新婦の叔父)の要請で、事件の起きた一柳家へ赴きます

県内の金田一スポットを詳しく掲載している「巡・金田一耕助の小径 ミステリーガイドブック」は、倉敷駅前観光案内所ほかで販売中(1冊300円)。「本陣殺人事件ウオーキングマップ」は倉敷観光WEBでも見られます。「倉敷観光 金田一」で検索を

 頑張ろう真備! 地元とファンの熱意で今年もやります
名探偵のコスプレで作品の舞台を歩く
11/24(土)開催「1000人の金田一耕助」

今年で10周年を迎える「1000人の金田一耕助」(写真は昨年の様子)。イベントでは、ほかの作家の作品に出てくる名探偵のコスプレも大歓迎

金田一耕助や、横溝作品に登場するキャラクターのコスプレ(ふん装)をして「本陣殺人事件」の舞台、横溝正史ゆかりの地を歩く恒例イベント。道中、小説の一場面を再現した寸劇も行われるなど、ファンにはたまらない演出も予定。
◆日時/11月24日(土)12:30集合~16:30解散
◆集合場所/清音駅 東交流広場 ◆参加費/500円
◆要事前予約/11月9日(金)までに「倉敷観光WEB」から申し込みを。「倉敷観光 1000人の金田一」で検索を。問い合わせは☎086(426)3411倉敷市観光課へ。

探偵・怪盗・名キャラクターからも続々
「名探偵のふるさと募金」
7月の西日本豪雨は、岡田地区に大きな爪あとを残しました。真備公民館岡田分館が浸水し、恒例のイベント「1000人の金田一耕助」で使う衣装や小道具、放送機器なども水没。そこで岡田地区まちづくり推進協議会の川崎修さんが「名探偵のふるさと募金」を設立。インターネットなどで、支援を呼びかけました。
当初は実名での振り込みでしたが、いつしか探偵小説にちなんだ匿名募金が相次ぐように。「シャーロックホームズ」「金田一 一」などの探偵や、「スケキヨ」「アルセーヌ・ルパン」「怪盗キッド」などからも振り込みが。また、金額も金田一の初登場日に合わせて「11270円」など、ファンならではの工夫も。10月25日時点で、延べ720人、総額約285万円が集まっています。寄せられた募金は、イベントの備品の修繕、水没した蔵書の補完などに活用されます。
「皆さんの遊び心が真備町復興の力になります」と川崎さん。募金は11月30日(金)まで受け付けています。川崎さんのツイッター「@osm4」でも入出金明細を公開中。
◆振込先
楽天銀行ホルン支店
普通1665613 カワサキ オサム
◆問い合わせ
☎090(4140)5511 川崎さん


次のページ 「岡山とミステリーの気になる関係」は…

  1. 1
  2. 2

人気記事ランキング

  1. 岡山トップ
  2. 特集
  3. 事件は岡山で起きていた…!? 秋の夜長のミステリー小説案内
電子ブックを読む
現在岡山エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更