1. 岡山トップ
  2. 特集
  3. 2月22日は猫の日 看板猫がおもてにゃし

2月22日は猫の日 看板猫がおもてにゃし

  • 2019/02/14 UP!

new2019-02-16_title2

 2月22日は猫の日。店先、美術館、お城などにいる看板猫たちは、本人(猫)たちにその気はないけれど、訪れた人を癒やしてくれる貴重な存在です。観光・おもてなし効果も抜群。そんな看板猫たちに会ってきました。


西日本豪雨で激減した
入城者をV字回復させた奇跡の猫城主

 備中松山城 
 城主 さんじゅーろー(♂3歳) 

雲海に浮かぶ天空の山城「備中松山城」の猫城主として話題の「さんじゅーろー」。昨年7月の豪雨直後から城に住み着いた迷い猫で、人懐こく穏やかな性格から一躍人気者に。観光協会が飼い主から正式に譲り受け、備中松山藩士から新選組の隊長になった谷三十郎にちなみ「さんじゅーろー」と命名しました。城主に就任後は激減していた入城者をV字回復させるなど、奇跡の〝招き猫〟として活躍。一時は行方不明になり世間を騒がせましたが、現在は城に常駐し、毎日午前10時と午後2時に城内の見回りをしています。

取材中、城主から3分間なめられるという〝おもてなし〟を受けました

観光客を見ると自分からすり寄り、手や顔をなめておもてなしするなどかわいさ満点。そんな城主に会いたいと県内外から多くの人が訪れるほか、手作りグッズやおもちゃなどファンから〝献上品〟も届くそうです。SNSでお城の魅力や日常風景を発信。グッズやLINEスタンプも販売予定だそう。

高梁市内山下1 ☎0866(21)0461
高梁市観光協会(高梁市横町)
入城は10月~3月9:00~16:30、4月~9月 9:00~17:30
入城料は大人300円・小中学生150円
Instagram https://www.instagram.com/sanju_ro_/?hl=ja
Facebook https://www.facebook.com/sanjuro0461
Twitter https://twitter.com/sanju_ro_


夢二の絵から飛び出してきたかのような
美術館のアイドル

 夢二郷土美術館 
 お庭番 黑の助(♂2歳) 

つやつやの毛並みに、真っ赤なリボンと水戸岡さんデザインの首輪がお似合い


竹久夢二「黒猫を抱く女」夢二郷土美術館蔵

竹久夢二の作品の中でよく登場している黒猫。その絵から飛び出してきたかのような黒猫が、美術館のお庭番として勤務していると話題になっています。目の色も、夢二が描いた黒猫と同じゴールドです。名前は、夢二の長男の「虹之助(こうのすけ)」にちなんで「黑の助」。2年前、道端で今にも車にひかれそうになっていた生後約2カ月の子猫を美術館員が助けて保護しました。その後、「夢二の命日と誕生日のある9月にやってきた不思議な縁を感じる猫。夢二の絵にそっくりだから大切にするように」という館長の命により、美術館のお庭番に就任。普段は、美術館のリニューアル後に造られた第5展示室か中庭に勤務しています。
黑の助を1時間も見つめていた外国人、黑の助に会いたいからと年間パスポートを買った女性などファンが急増中。黑の助宛てに年賀状や手紙をくれる人もいるそう。黑の助を見に来て作品を好きになった人もいるので、夢二を知ってもらうきっかけにもなっています。


デザイナー・水戸岡鋭治さんがデザインした夢二黑の助バス。岡山駅から後楽園、夢二郷土美術館前をつなぐノンストップバスです

取材中、きちんと座って取材を受けてくれた黑の助くん。家に帰ると走り回るけれど、美術館にやってくるとキリッとするそう。オンとオフを切り替えているんですね

岡山市中区浜2-1-32 ☎086(271)1000
9:00~17:00開館 月曜休館 入館料は大人800円ほか
出勤スケジュールはfacebookでチェックを
Instagram https://www.instagram.com/kuronosuke.yumeji_art_museum/


創業140年のタオル専門店
いつまでも店主の帰りを待つ〝忠猫〟

 国富タオル 
 そら(♂7歳) 

数年前まで人見知りでしたが、最近はお客さんが来てもあまり逃げなくなったというそら


外出した国富さんが帰ってくるのを、ドアのところでじっと待っています

表町商店街の中にある明治11年創業のタオル専門店「国富タオル」の看板猫・そら。野良猫の避妊手術や里親探しなどのボランティア活動をしている国富治子さんが、6年前に保護しました。「里親を募集したけれど、そのときは病気にもかかっていたし、誰も手を挙げてくれなかったから、うちに来ることになったんよ」
そんなそらちゃんは、国富さんが大好き。国富さんが少しでも外出すると、ドアの前でじっと帰りを待っています。「夜遅くに帰ってきたときも、シャッターを開けると、そらちゃんが待っとるんよ。いじらしいでしょう」。最近では、そらちゃんに会うために、関東など県外からやってくるお客さんが増えているそうです。

岡山市北区表町3-3-21、☎086(225)0885
10:00~18:00営業 火・木曜休み


次のページ かわいい子がまだまだいるにゃん

  1. 1
  2. 2

人気記事ランキング

  1. 岡山トップ
  2. 特集
  3. 2月22日は猫の日 看板猫がおもてにゃし
電子ブックを読む
現在岡山エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更