1. 岡山トップ
  2. 特集
  3. 岡山芸術交流2019「IF THE SNAKE もし蛇が」〝アートで哲学時間〟

岡山芸術交流2019「IF THE SNAKE もし蛇が」〝アートで哲学時間〟

  • 2019/10/17 UP!


 国際現代美術展「岡山芸術交流2019」が岡山市内で開催されています。今回のタイトルは「IF THE SNAKE もし蛇が」。編集部TとYが実際に鑑賞した中から、独断と偏見で作品を選んで紹介します。


 旧内山下小学校のプール・土俵 

パメラ・ローゼンクランツ
皮膜のプール(オロモム)

new2019-10-18-hifuno_pool

プールからはジョン・ジェラードの「アフリカツメガエル(宇宙実験室)」の映像作品を鑑賞できます。夕方になると水面に映り込むそう

流動性があり、香りと輝きを放つ単色の液体―。この色は、西洋人の平均的な肌の色を表現。プールの表面を皮膚とし、人間の内と外を表しています。


 内山下小学校出身の横綱・常ノ花が寄贈した土俵を修復し、作品を展示。ロボットの蛇は時間差で動きます。動くのは5分後なのか1時間後なのか…。


癒すもの(水域)

古来からさまざまなシンボルとして扱われてきた〝蛇〟。鑑賞者の携帯電話やカメラなどの電子音に反応して動きます。


 旧内山下小学校の校庭 

 不在 

エティエンヌ・シャンボー
微積分/石

ロダンの「考える人」の忠実なブロンズ製レプリカから、作品タイトルにもある〝人〟の部分を取り除いたもの。主体の〝不在〟を表現。

鑑賞した感想(編集部Y)
現代はさまざまな情報があふれ、その情報に流されてしまいがち。自我を持ち、腰を据えて物事を深く〝考える人〟がいなくなってしまったと伝えたいのかな…。または、他の作品を見に出掛けているのかな?


 旧内山下小学校の校舎 

 変化 

マシュー・バーニー&ピエール・ユイグ
タイトル未定

マシュー・バーニーの電気メッキタンク(奥)には、両面にエッチングの施された銅板が設置されています。室内の温度など環境が影響し、表も裏もゆっくり変化し続け、展示会終了後にユイグの水槽(手前)に入れられて完成します。


 旧内山下小学校の校庭・林原美術館 

 偶然 

ティノ・セーガル
パフォーマンス(タイトルなし)
※撮影禁止作品

ゲリラ的に始まり、ゲリラ的に終わるパフォーマンス。いつ、どのタイミングで始まるか分からない、〝思いがけないことが起こること〟に重点を置いた表現作品。その世界に思わず引き込まれます。


 考え方や感じ方は自由で無限
現代アートを通して哲学的思考に浸る 

岡山市で3年ごとに開催される国際現代美術展「岡山芸術交流」。2回目となる今回は、9月27日にスタートし、11月24日(日)までの約2カ月間、旧内山下小学校、岡山県天神山文化プラザなどを会場に開催中。9カ国18組のアーティストによる約40点の現代アート作品が展示されています。
作家の作品が互いに干渉し、関係し合うように構成されていたり、作品のそばで突然パフォーマンスが始まったり、新しいアートの世界を展開。鑑賞者が影響を与えて変化する作品やAI、VRなどのテクノロジーを駆使した作品も多数見られます。
今回のアーティスティックディレクターは哲学的思考を持つピエール・ユイグ。見慣れた岡山の街に突如現れた非日常のアート作品によって好奇心が刺激され、見えない世界を想像したり、自分の思考を深めたりすることができるかも。感じ方、考え方も自由で無限の現代アートを、この機会にぜひ体感してみて。


次のページ 他作品やパブリックプログラムを紹介

  1. 1
  2. 2
この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 岡山トップ
  2. 特集
  3. 岡山芸術交流2019「IF THE SNAKE もし蛇が」〝アートで哲学時間〟
電子ブックを読む
現在岡山エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

11月22日

電子ブックを読む



会員登録・変更