1. 岡山トップ
  2. 住まい・マネー
  3. 新タマネギの豚しそ巻き

新タマネギの豚しそ巻き

新タマネギの豚しそ巻き

旬の新タマネギと豚肉、
梅だれがよく合う一品

 倉敷在住の料理家・かめ代さんの連載19回目は、旬の新タマネギと生わかめを使ったレシピ。かめ代さんは、新タマネギの一番好きな食べ方が、豚しそ巻きだそう。梅だれがよく合います。

新タマネギの豚しそ巻き

材料(4人分)

新タマネギ(中) 2個
豚バラ薄切り肉 300g
青じそ 12枚
塩・コショウ 適量
梅干し(包丁でたたいたもの) 大さじ3 A 梅だれ ※合わせておく
しょうゆ 小さじ1
みりん 小さじ2

作り方

  1. タマネギは12等分のくし形切り、豚肉は長さ15cmに、青じそは縦半分に切る
  2. 豚肉の上に青じそとタマネギをのせて巻き、塩とコショウを全体に軽く振る
  3. フライパンを中火で熱し、2.の巻き終わりを下にして並べ、ふたをして約3分焼く。
    こんがりと焼けたら返し、片面も焼いて火を通す
  4. 3.にAを添えていただく
おいしさのポイント!
新タマネギは生でも軟らかくておいしいので、豚肉に火が通ればOK

作り方

  1. ニラの根元の硬い部分は5mm幅に、葉は5cm幅に切る
  2. 切り干し大根は水洗いした後、水に約10分浸して戻し、5cm幅に切る(やっと浸るぐらいの少量の水で戻すと、うまみや食感が残り、おいしい)。
    わかめは熱湯をさっと通し、冷水にさらして水気を切り、一口大に切る。
    キュウリとニンジンは塩をもみ込んでしばらく置き、しっかり水気を絞る
  3. ボウルにAを入れて混ぜ、水気を絞った切り干し大根とキュウリ、ニンジンを入れて和える
  4. 器にわかめを敷き、その上に2.をのせる。全体を混ぜながらいただく
かめ代さん

料理・スタイリング

かめ代さん(亀山 泰子)

料理家。丁寧で分かりやすいレシピに定評があり、ほっとする優しい味付けに「安心して作れる」というファンが多い。雑誌やウェブの連載などでも活躍中

「リビングおかやま」「リビングくらしき」2017年4月15日号掲載

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 岡山トップ
  2. 住まい・マネー
  3. 新タマネギの豚しそ巻き
電子ブックを読む
現在岡山エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更