1. 岡山トップ
  2. 住まい・マネー
  3. 【食の楽しさ育むレシピ】秋鮭とお野菜たっぷり丸ごとかぼちゃグラタン

【食の楽しさ育むレシピ】秋鮭とお野菜たっぷり丸ごとかぼちゃグラタン

【食の楽しさ育むレシピ】秋鮭とお野菜たっぷり丸ごとかぼちゃグラタン

今年のハロウィーンは…

 10月31日のハロウィーンは、お子さんと手作り料理を楽しみませんか。食育インストラクターの永井佳代子さんが、食を通じてお子さんの好奇心を引き出す、カボチャを丸ごと使ったグラタンを提案。ヤマイモと発酵食品で作るベシャメルソースは、小さなお子さんでも食べられますよ。

秋鮭とお野菜たっぷり
丸ごとかぼちゃグラタン

材料(坊ちゃんカボチャ3個分)

  • 秋鮭(サケ)切り身…2切れ程度(料理酒…小さじ1、片栗粉…小さじ1/2程度)
  • 玉ネギ…1/2個
  • シメジなどキノコ類…20g
  • ヤマイモ…150g
  • 豆乳…150cc
  • 坊ちゃんカボチャ…3個
  • チーズ適量
  • サラダ油…大さじ1(米粉…小さじ1)※薄力粉でも可
  • みりん…小さじ1
  • 白みそ…小さじ1
  • 甘酒…大さじ1 ※みりん小さじ2でも可
  • 塩こうじ…小さじ1 ※塩小さじ1/2でも可

下ごしらえ

  • サケは酒をまぶし、余分な水分をキッチンペーパーなどで取り除き、一口大に切り、片栗粉を薄くまぶしておく。
  • 玉ネギを薄切りに、キノコ類は一口大にほぐし、ヤマイモは皮をむきすりおろしておく。
  • 坊ちゃんカボチャを洗い、耐熱容器に入れてラップをかけて600wで3分、裏返して2分半程度、少し柔らかくなるまでレンジにかける。

調理Point!

カボチャは、種類によって火が入りやすいものもあるので、様子を見ながら温める

おてつだいPoint!

親子でカボチャにジャックオランタンのように顔を描き、切り抜こう

作り方

  • カボチャのヘタを水平に切り落とし、中身をスプーンなどでくり抜き、ワタとタネ以外の実を一口大にカットしてよけておく。
  • サラダ油を敷いたフライパンを中火にかけ、皮面からサケを焼き、焼き目が付いたら取り出し、骨と皮と取り除く。同じフライパンで、玉ネギ、キノコ類を加え、しんなりしたら、❶のカボチャを加えて炒める。
  • ❷に火が入ったら、サケを戻し、みりんを加えアルコールを飛ばし、ヤマイモのすりおろし、白みそ、塩こうじを加え沸騰させない程度に温める。最後に豆乳、甘酒を加え、とろみが弱い場合は米粉をふり入れる。
  • ❶のカボチャの器に❸を入れ、チーズをかけてオーブンで約12~13分、チーズがこんがりする程度焼いたら完成。

おてつだいPoint!

カボチャの中身をスプーンでくり抜こう

調理Point!

ヤマイモでとろみをつけるので、通常のベシャメルソースよりヘルシー。小麦粉アレルギーのお子さんでも楽しめるベシャメルソースです

食育Point!

ジャックオランタンを描いたカボチャの器は、子どもたちが興味を持って野菜を食べるきかっけに

調味料に少しこだわって素材の味を引き出して

 子どもから大人まで一緒に楽しめる料理を提案する上で、市販の調味料やソースの素などをなるべく使用しないメニューを考案しています。甘酒や塩こうじなどの発酵食品で味付けするベシャメルソース(ホワイトソース)は、素材本来の味を引き出した優しい味。とってもヘルシーなのでたっぷり召し上がれ。

プロフィール

永井佳代子さん。神戸市在住。小さな子どもとたのしむ食育教室「もぐもぐ研究所」主宰。幼児食インストラクター。食育アドバイザー

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 岡山トップ
  2. 住まい・マネー
  3. 【食の楽しさ育むレシピ】秋鮭とお野菜たっぷり丸ごとかぼちゃグラタン
電子ブックを読む
現在岡山エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更