1. 岡山トップ
  2. 住まい・マネー
  3. お好み焼き風巣ごもり卵

お好み焼き風巣ごもり卵

お好み焼き風巣ごもり卵

 

子どもたちも大好きな味
簡単フライパン調理

夕方疲れて帰ってきたときでも作れる、簡単フライパン調理です。お好み焼き風の巣ごもり卵は、ごはんも進む、子どもたちが大好きな味。副菜のささみサラダもレンジ調理でラクラクです。

主菜と副菜(補正)

材料(4人分)

豚バラ薄切り肉 200g ※3cm幅に切る
キャベツ 500g ※細切り
4個
塩・こしょう 各適量
大さじ2
お好みソース、マヨネーズ、かつおぶし、紅ショウガ、青のり等 各適量 ※お好みで

作り方

  1. フライパンに豚ばら肉を並べ、強めの中火で加熱して塩とこしょうを全体にしっかりめに振って炒める。
  2. 豚肉の色が変わったらいったん取り出す。フライパンにキャベツを入れて軽く炒め、❶を戻し入れて混ぜ、酒を回し入れ、フライパンの蓋をして5分程度中火で蒸し焼きにする。焦げないよう火加減調節を。
  3. ❷に4つくぼみを作り、卵を割り入れ、ふたをしてさらに5分程度加熱する(卵の火の通し方はお好みで)。
  4. お好みソース、マヨネーズをかけて、かつおぶしや紅しょうが、青のり等をのせる。ヘラ等で切って取り分けていただく。
おいしさのポイント!
豚バラ肉の脂を利用するため、敷き油は不要。しっかり蒸し焼きするのでキャベツが甘くおいしくなります。お好みの野菜を追加してお楽しみください。

作り方

    1. 鶏ささみは筋をとり、耐熱皿に並べて塩と酒を回し入れる。ラップをして電子レンジ600wで3分加熱し、白く火が通っていなかったら、裏返して1分程度追加加熱する。そのままレンジ庫内で粗熱が取れるまでラップをしたまま置き、余熱で火を通す。
    2. ❶の耐熱皿の中で菜箸等で鶏ささみを裂き、マヨネーズをからめて、しば漬けを入れて混ぜる。
    3. 葉物野菜を食べやすい大きさに手でちぎって器にのせ、❷をこんもりと盛る。

※鶏ささみは、余熱調理することと、蒸し汁の中で裂くと肉汁を吸ってしっとり仕上がります。しば漬けを加えることにより、酸味や甘味、うま味が加わります。サラダは少し時間を置くと味がしみてよりおいしいです。マヨネーズの分量はしば漬けの塩分により調整してください。

かめ代さん

料理・スタイリング

かめ代さん(亀山 泰子)

料理家。丁寧で分かりやすいレシピに定評があり、ほっとする優しい味付けに「安心して作れる」というファンが多い。雑誌やウェブの連載などでも活躍中

「リビングおかやま」2019年3月9日号掲載

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 岡山トップ
  2. 住まい・マネー
  3. お好み焼き風巣ごもり卵
電子ブックを読む
現在岡山エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更