1. 岡山トップ
  2. 住まい・マネー
  3. 鶏ごぼうのピリ辛だれ

鶏ごぼうのピリ辛だれ

鶏ごぼうのピリ辛だれ

鶏むね肉とゴボウを
フライパンで揚げ焼きに

鶏むね肉とゴボウをフライパンで少なめの油で揚げ焼きに。豆板醤を加えてピリ辛に仕上げた甘辛だれをからめます。たっぷり作って晩ごはんにもお弁当のおかずにも。

主菜と副菜(補正)

材料(4人分)

鶏むね肉 400g
ゴボウ 小1本(100g)
揚げ油 適量(フライパンの底から5mm程度)
片栗粉 大さじ2
炒りごま(白) 大さじ2
大さじ1 A
小さじ1/3
片栗粉 大さじ1
しょうゆ 大さじ2 B
みりん 大さじ2
大さじ2
大さじ2
砂糖 小さじ2
豆板醤 小さじ1/2~(量はお好みで調整)

作り方

  1. 鶏肉は縦半分に切り、繊維をたち切るように1cm幅に切る。Aを順にもみこんで下味を付ける。ゴボウはたわし等で洗って紙タオル等で水気をしっかり拭きとり、3mm幅の斜め切りにする。
  2. フライパンに油を入れて、中火にかける。鶏むね肉に片栗粉(大さじ2)をまぶして並べ入れ、両面を軽く揚げ焼きにして取り出す。ゴボウに残った片栗粉をまぶして同様に並べ入れ、中火でじっくりと揚げ焼きにして取り出す。
  3. いったん火を止めて、フライパンに残った油を紙タオル等で拭きとる。Bを入れて混ぜながら煮たたせ、❷の鶏肉を先に入れて全体にからめ、さらにゴボウを入れてからめる。最後に少し火を強めて全体に照りをつけ、炒りごまを散らす。
おいしさのポイント!
パサつきがちな鶏むね肉は、下味に片栗粉を入れてもみこみ、焼く直前にも片栗粉をまぶすことでしっとりとやわらかく仕上がります。ゴボウは油と相性が良いので、薄く切ってすぐに揚げ焼きにすると、とても甘くおいしいです。アク抜きは必要ありません。

作り方

    1. ナスはヘタを切り落とし、皮に何個か楊枝で穴を開けてラップで覆い、電子レンジ600wで3分程度加熱してそのまま粗熱を取る。
    2. 5cm幅に切り、縦に手で裂いて器に盛り、ポン酢をかけて大葉を添える。
    3. のりを手でちぎってからめ、炒りごまを散らす。

※ナスは丸ごとラップで包んでレンジ加熱すると色よく仕上がります

かめ代さん

料理・スタイリング

かめ代さん(亀山 泰子)

料理家。丁寧で分かりやすいレシピに定評があり、ほっとする優しい味付けに「安心して作れる」というファンが多い。雑誌やウェブの連載などでも活躍中

「リビングおかやま」「リビングくらしき」2019年10月11日号掲載

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 岡山トップ
  2. 住まい・マネー
  3. 鶏ごぼうのピリ辛だれ
電子ブックを読む
現在岡山エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更