1. 岡山トップ
  2. 住まい・マネー
  3. フライパンのし鶏

フライパンのし鶏

フライパンのし鶏

今晩のおかずはもちろん
お弁当やおせちの一品に

 フライパンとポリ袋で手軽に作る「のし鶏」です。焼きたては普段のおかずに。冷めてもおいしいので、お弁当やおせちの一品としても大活躍します。大根なますは、カニかまぼこをたっぷり合わせて酸味を抑えた甘めの味付けで子どもにも人気。

主菜と副菜(補正)

材料(4人分)

鶏ひき肉 300g A
1個
パン粉 1/2カップ
片栗粉 大さじ2
大さじ1
みそ 大さじ1
砂糖 大さじ1
しょうゆ 小さじ1
おろししょうが 小さじ1
ごま油 小さじ1
いりごま(白) 適量

 

作り方

  1. Aの材料をすべて大きめのポリ袋の中に入れて、ポリ袋の外から手でよくもみこむ。
    ※ひき肉をすりつぶす代わりにポリ袋でしっかりもんでなめらかにします
  2. フライパンにごま油を入れてなじませ、中火にかける。❶を四角い形に整えてフライパンに入れ、厚さ2cm程度にヘラ等で形を整える。
  3. いりごまを上一面にたっぷりのせて手で優しく押さえる。
  4. 弱めの中火にしてフライパンの蓋をし、10分程度じっくりと火を通す。途中、底面が焦げないように、火加減を調整してください。
  5. 全体に火が通り、しっかり固くなっていたら、火をとめてヘラで裏返し、余熱で表面のごまを軽く焼いて香りを出す。冷めたら好みの大きさに切り分ける。
※フライパンで簡単に作れて、包丁も使わないので普段のおかずにも重宝します。
最後、裏返した時に平らな重しをのせてそのまま冷ましていくと、ごまをまぶした表面が平らになり、きれいなのし鶏になります。また、ごまは焦げやすいので火を止めてから裏返し、余熱調理すると安心です。

作り方

      1. 大根は皮をむいて縦に薄切りにしてから繊維に沿って線切りにする。ボウルに入れて塩を入れてもむ。カニかまぼこはほぐす。
      2. 大根がしんなりとして水気が出てきたら、紙タオル等に包んで水気を搾り、大根に砂糖をもみ込む。
      3. 酢とカニかまぼこを入れて和える。
※酸味がやわらかなので、お好みで酢を増やしたり、柚子の搾り汁を加えてください

かめ代さん

料理・スタイリング

かめ代さん(亀山 泰子)

料理家。丁寧で分かりやすいレシピに定評があり、ほっとする優しい味付けに「安心して作れる」というファンが多い。雑誌やウェブの連載などでも活躍中

「リビングおかやま」「リビングくらしき」2019年11月15日号

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 岡山トップ
  2. 住まい・マネー
  3. フライパンのし鶏
電子ブックを読む
現在岡山エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

さりお最新号 電子ブック

最新号イメージ

12月13日

電子ブックを読む



会員登録・変更