1. 岡山トップ
  2. お買い物
  3. 食品
  4. 【備前市】生産者に思いを寄せるパン作り『&bread(アンドブレッド)』
記事検索

【備前市】生産者に思いを寄せるパン作り『&bread(アンドブレッド)』

特派員No. 758
甲田さん

はじめて&bread(アンドブレッド)のパンを食べたのは4年前のこと。
備前市の飲食店で「おすすめのパン屋」さんとして情報をいただき、いつ行こうかと思っていた矢先にワインと地酒武田(岡山新保店)で委託販売が行われ、そちらのほうが自宅から近かったためこれ幸いと訪問。
そのあと一度だけ備前の店舗にも足を運んだものの、以降は夕方市備前福岡の市での購入がメインとなり、それこそ4年ぶりの再訪となりました。

自家製天然酵母のパン屋さん

お店は備前プレーパークから300メートルほどのところにあります。
IMG_2422

この看板がみえたら、すぐむこうを右折。

IMG_2394

上り坂を道なりに進むと左手に建物がみえてきます。
車はここに1台と、裏手にもう1台分のスペースがあります。

IMG_2393

つながりを感じる品揃え

さすがに4年ぶりともなると店内はすっかり様変わりしていました。
以前、パンを並べていた棚の手前にショーケースが設置され、ほかにも自然食品店で目にする調味料や加工品などが所狭しと並んでいます。

IMG_2395

IMG_2396

県北の冬期休業中の店舗のものから、県南のものまで、生産者やお店どうしのつながりを感じる品揃え。
そんななかに自分が愛用している商品があると、なんだか嬉しくなっちゃいます。
お客さまのようすは様々で、パンと一緒にごく当たり前といった仕草で調味料を購入するかたもいれば、思いがけず好みの商品を見つけて驚いているかた、購入しないまでも熱心に見つめるかた。
私自身は不足しているものがなかったためパンのみ購入しましたが、「古式しょうゆ」と「しょうがシロップ」がとても気になりました。次回のお持ち帰り候補です!!

IMG_2397

反対側の棚にはカカオニブ、ナッツ類、ハーブティーなどが並び、その下のケースにはCOLTRADA(新見)、ふくのたね製パン(井原)、ラ・コリーナ(イタリア)のワインに、一時期、勝山に滞在していたご縁から御前酒蔵元辻本店の日本酒も。
パンに合うものをセレクトされているはずですから、興味のあるかたは是非、アルコールとの相性の良さをお楽しみいただきたいです。
そうそう、勝山といえば入口にかかっている暖簾も「のれんの町・勝山」でつくられたもの。お帰りの際はぜひ一度、振り向いてご覧ください。

IMG_2400

冷蔵ケースにはドリンク、イルリコッターロ(蒜山)のチーズ、豆腐工房まめや(長野県)の大豆加工食品、GOBAL(岐阜県)の食肉加工製品。
そして前回、マルゴカフェの記事でご紹介した名刀味噌本舗の商品、「糀ネクター」も販売されていました。私はいつも冷たいまま飲んでいたのですが、奥さまによると温めても美味しいとのこと。
私は一度、気に入ったやり方(食べ方)を見つけると、ほかの方法を試さないほうなので、こういうアドバイスは本当に嬉しいです。しかもそれが大好きなパン屋さんからとなれば、疑う余地などありません。

IMG_2401

一番奥の棚には、量り売りの洗剤や、スキンケア商品が並んでいました。
今回はパン作りにまつわるお話をうかがっただけで、あっという間に2時間もたっていたため、こちらの商品についてはまた次回、ゆっくり拝見しようと思います。

IMG_2424
さて、まずは帰りの車内で開封した3種類のパンをご紹介。

IMG_2425
いつもはペッタンコな見た目のピタパン(130円)が、とてもふっくらと焼き上がっていました。

IMG_2426
ハルヨコイ、スペルト小麦、自家製酵母、天日塩』(プライスカードより)の生地は、本当なら中に具材をつめてピタパンサンドにしたいところですが、焼き立てだったこともあり、そのまま食べてみました。
ちぎろうとすると軽い引きがあり、表面はさらさら、中はしっとりとした食感。見た目の薄さに反して弾力のある噛みごたえのおかげで粉の旨みを長く楽しめます。2つの粉を使うためか、均一のなめらかさではなく、穀物の繊維を思わせる歯ざわりのようなものが印象的。
もう何度も食べているけれど、焼き上がりから口に入るまでの時間が最短とあってか、また新しい美味しさに出会った気分です。

IMG_2427
作ったそばからお客様が購入し、ショーケースには実物がない時間もあったあんこ・ザ・ピーナッツ(360円)は『自家製のあんこ、ピーナッツクリーム、グラノーラを一緒にサンド』(プライスカードより)。

IMG_2428
サンド用にしっかりと冷まされたピタパンは歯切れがよく、中はパリッ、サクッ、カリッと小気味の良い食感とともに、香ばしさや甘さが口いっぱいに広がります。
自家製あんこは、小豆の粒を残しつつもとろりと水分が多めで、他の具材をしっとりまとめ、美味しさだけでなく食べやすさにも貢献していました。
和洋折衷の美味しさは一度食べるとやみつきとみえ、来店されたお客様がほぼ全員買っていました。
もちろん、私もそのなかのひとりです。

IMG_2429
季節限定のいちごのクランブル(360円)はフォカッチャ生地に『自家製クランブル、マスコバド糖、スパイス』などをトッピング。(プライスカードより)

IMG_2431
側面と底はカリッと香ばしく、中はしっとり、もっちりとしています。口のなかでとろける苺はすっきりとした甘さで、おやつにもなれば、主食にもなるタイプ。
自家製クランブルに混ぜ込まれたココナッツフレークのシャクシャクとした歯ざわりも楽しかったですね。

IMG_2437
持ち帰ったパンはこちらの4種類。

IMG_2440
ショコラフォカッチャ(220円)は『ペルー産ベジチョコレートと豆乳、オリーブオイル、フォカッチャ生地』(プライスカードより)という、文字だけで興味津々になってしまう組み合わせ。
そのまま食べても生地の表面はパリッとしていて、中はふわふわ&しっとり。
ベジチョコレート
乳不使用のチョコレートといっても、きちんと甘さがあり、ときにほろ苦く、口どけはいたってなめらかでした。

IMG_2444
フォカッチャ(プレーン)(320円)は前日分だからと300円に!
『ハルヨコイ、豆乳、オリーブオイル、自家製酵母、天日塩』の生地は、トーストするといちごのクランブルよりも側面と底がサクッと軽い食感に。
内側はふわふわになり、頬張ると小麦とオイル、そこにわずかな塩気が加わって、シンプルな美味しさにすっかり夢中になってしまいます。
温めることで香りがたち、吸い込む空気まで美味しいのもたまりません。

IMG_2445
ブール(ハーフサイズ)(300円)は奥さまのおすすめでフライパンの蒸し焼きに初挑戦!
水も油も不要で、パンそのものの水分を利用します。
ハルヨコイ、自家製酵母、天日塩』(プライスカードより)

IMG_2449
せっかくなのでトースターでリベイクしたものと食べ比べをしてみました。

IMG_2450
まずはトースターでリベイクしたもの(手前)から食べると、外皮にカリッと歯ごたえがあり、内側はさっくりとした食感。
フライパンで蒸し焼きにしたもの(奥)は、しっかり焦げ目がついているにも関わらず外皮の歯ざわりがとても軽く、内側はしっとり、そしてもっちりとしていて同じパンとは思えない仕上がり。
奥さまが是非にとすすめて下さったのが分かりました!
もちろん、どちらの方法でも美味しいですし、なんなら私は「そのまま」食べるのも大好きですから、一石二鳥どころか三鳥です!!

IMG_2404
この日、はじめて目にしたパンデピス(2000円)は、1/8サイズからカット売りにしていただけるとのことで、1/4サイズ(500円)を購入。
ひとりで食べるため、こうして少しずつ購入できるって本当に有難いです。

IMG_2492
昔、フランス菓子のレシピ本でみたことがあり、ヨーロッパのお菓子と思っていたのですが、中国発祥の発酵菓子ときいてビックリ。

IMG_2495

見た目はパウンドケーキのようですが、食感はほぼパンです。
表面から1~2ミリほどの層は粉の密度を感じ、内側は軽くしっとりとした生地。
パンデピスといえばアニス(またはスターアニス)の特徴的な風味で好みが分かれるところですが、これはどちらも不使用で、ハチミツの甘さにたいしてクローブ、カルダモンがおなじくらい主張する食べやすい仕上がり。
ガラス越しでは分からなかったのですが、1/4サイズを食べ切るまでに砕いたピンクペッパーが3回ほどでてきたのには意表を突かれました。ペッパーといっても辛いわけではなく、スーッとした風味によるアクセントを感じるのみ。
パンとは別におこした自家製天然酵母を使用し、さらに改良を重ねているとのことで、見かけるたびに買ってしまいそうです。

生産者に思いを寄せる

取材中、何度となく奥さまの口からこぼれた、
「生産者あってこそですから」
という言葉。
出身地でもある北海道のほか国内、国外をふくめ4種類の小麦を使い分けて焼き上げる生地はもちろん、トッピングする具材、風味づけのスパイス、ペーストやジャムになって贅沢な美味しさを演出するもの。
それらはべて生産者の方々を思い、できうる限り最良のかたちでパンにすることで、その収入が生産者を支え、支えられる関係。。。これって私たちの日常生活にも通じることですよね。あらためて意識する=感謝することで、とても清々しい気持ちになりました。

【&breadのパンが食べられるお店・購入できるお店】
ボラードコーヒー(玉野市)(飲食メニューに使用)
ワインと地酒武田(岡山市南区)(パンの不定期販売)
UDO(備前市・伊部駅)(飲食メニューに使用。毎週月曜or日曜、金曜に食パンを販売。)
おかやまガーデン(岡山市東区)(飲食メニューに使用。毎週月曜or日曜に食パンを販売。)
かぴばらこーひー(真庭市勝山)(飲食メニューに使用)
大前商店(真庭市勝山)(毎月第1土曜日にパンを販売)
※飲食メニューについては不定期で提供されるものもあるため、各店舗にてご確認ください。

 

畑から育てるパン &bread(アンドブレッド)
岡山県備前市久々井1465-1
050-1485-1908
11:00~16:00
金曜・土曜のみ営業
駐車場あり(店舗の脇・裏手に1台ずつ)
Facebook
https://www.facebook.com/andbread720/
Instagram
https://www.instagram.com/andbread720/

 

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 758 甲田
スタッフさん、生産者さん、相席したお客さま・・・出会いの中からいただく美味しい情報を五感で体験すべく県南から県北まで、ご縁のつながるままにお店をめぐっています。辛いものと熱いものに弱い食いしん坊。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 岡山トップ
  2. お買い物
  3. 食品
  4. 【備前市】生産者に思いを寄せるパン作り『&bread(アンドブレッド)』

特派員メンバー

  • たなかさん
    特派員No.754たなかさん
    日々の暮らしの「シアワセ」にフォーカス。
  • 倉敷そだち
    特派員No.755倉敷そだち
    生まれも育ちも岡山。旅行と食べることが大好き!
  • たにもん
    特派員No.756たにもん
    岡山在住歴50年以上。のんびりと地元を楽しみます!
  • 甲田
    特派員No.758甲田
    ご縁のつながるままに、お店をめぐっています。
  • sunny
    特派員No.759sunny
    見たい!食べたい!遊びたい!街のステキを探し中
  • あんころもち
    特派員No.760あんころもち
    岡山初心者です。新しい目線で岡山をお届けします。
  • なみっち
    特派員No.762なみっち
    子どもと自然が大好きなカメラマン。趣味はカフェ巡り。
  • うなぎねこ
    特派員No.763うなぎねこ
    おでかけ大好きな双子ママです。
  • モモ
    特派員No.765モモ
    岡山初心者です!探検するぞ!
  • みこ
    特派員No.790みこ
    晴れの国岡山からお届けします!
  • belle
    特派員No.791belle
    好奇心旺盛、体験大好きなアクティブシニアの還暦女子
  • O型
    特派員No.792O型
    一歳娘との閉じこもりがちな生活を変えるべく特派員に応募したアラフォー母。
  • ぷうちゃん
    特派員No.793ぷうちゃん
    美味しいものとオシャレが大好き!3姉妹のママです。
  • にゃんこママ
    特派員No.794にゃんこママ
    1才児のママ。息子と2人で岡山散策楽しんでます。
  • てんてこまい
    特派員No.795てんてこまい
    0歳児ベビーと共に岡山のグルメやスポットを巡ります。
  • もっち
    特派員No.796もっち
    好奇心旺盛!健康的に楽しくオシャレなLifeを☆
  • tenmo♡
    特派員No.797tenmo♡
    自分時間を大切に!をモットーにアクティブな日々を過しています。