1. 岡山トップ
  2. 街ニュース
  3. 5歳姉が1歳弟に手を出してしまったときの注意の仕方は?

5歳姉が1歳弟に手を出してしまったときの注意の仕方は?

Q5歳姉が1歳弟に手を出してしまったときの注意の仕方は?

 1歳の弟に、5歳の姉が軽く押したりたたいたりします。遊んでいるときに邪魔をされて嫌なのは分かりますが、手を出すのはやめてと言いました。本人も分かっているようですが手が出ます。注意の仕方を教えてください。(5歳女児のママ)

1063641
子ども同士、分かっていても手が出てしまうことが…

A「手を出す前に一呼吸おく」トレーニングに親子で取り組んでみましょう。アンガーマネジメントでは、衝動的に仕返すことはNGです。いったん落ち着いて冷静に対応する方が、問題は早く解決します。
「6秒ルール」に取り組んでみてください。お姉ちゃんがイライラしていると感じたら、両手をつないで一緒に6秒ゆっくり数えます。そして「何が嫌だった?」と聞いてあげます。6秒数えて一呼吸おくことで、5歳児なりに気持ちを整理し話してくれるはずです。気付くのが遅くなり、手が出た後でも、6秒数え、気持ちを聞いてあげましょう。
すぐに改善されないかもしれませんが、「6秒ルール」を習慣付けましょう。慣れてきたら、イライラしたとき自分で数えるよう促します。うまくいっている場面を見つけたら、「上手に6秒待てたね」「落ち着いて話をすると気持ちが伝わるね」と具体的にほめてあげることも大切です。
また「邪魔されたのが嫌だったのね」「次は、自分で6秒数えて邪魔しないでと言ってみようね」「うまくいかなかったらお母さんも手伝うよ」など、共感の気持ちや次の行動のヒントを伝えると、分かってもらえた満足感や安心感につながります。
1歳に対してなので問題自体はすぐ解決しないかもしれませんが、お姉ちゃんの気持ちの持ち方は変わってくるはずです。
親も「6秒ルール」を実践することで手本になります。親子でテクニックを活用し、笑顔いっぱいの毎日を送ってくださいね。

野村恵里さん
カラフルコミュニケーションズ代表。保育士として20年間勤務。現在は、旭川荘厚生専門学院児童福祉学科専任講師。
日本アンガーマネジメント協会公認シニアファシリテーター。子育て講演会などで講師を務める。著書「保育者のための子どもの〝怒り〟へのかかわり方」(中央法規出版)を出版

野村恵里さん

育児のお悩みを野村さんに相談してみませんか?

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 岡山トップ
  2. 街ニュース
  3. 5歳姉が1歳弟に手を出してしまったときの注意の仕方は?
電子ブックを読む
現在岡山エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。


会員登録・変更