1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. ★妻のホンネ★花見のつもりが大雪!? お花見エピソード

★妻のホンネ★花見のつもりが大雪!? お花見エピソード

花見のつもりが大雪!? お花見エピソード

写真

 今年も桜の季節がやってきました! お花見の計画は固まりましたか? 今回は、お気に入りのお花見スポットやグルメ、思い出や会場でのハプニングなど、お花見エピソードを集めました。

※データ・コメントは「リビングWeb」で2月18日~3月7日に実施のアンケートから。有効回答数566

アンケート集計表

今年は花見に行くか
行く 行かない
全体 88.7% 11.3%
20代 92.9% 7.1%
30代 91.8% 8.2%
40代 84.9% 15.1%
50代 83.0% 17.0%
60代以上 92.4% 7.6%
Q1 今年のお花見は誰と行きますか
全体 20代 30代 40代 50代 60代
以上
家族と 88.6% 96.2% 96.5% 88.4% 76.7% 76.7%
夫の両親と 4.4% 3.8% 8.0% 3.1% 0.0% 1.4%
妻の両親と 3.2% 0.0% 6.0% 3.1% 0.0% 0.0%
友人と 26.3% 42.3% 16.9% 26.4% 35.6% 37.0%
職場や仕事関係
の人と
5.8% 0.0% 7.5% 4.7% 6.8% 4.1%
趣味や習い事
の仲間と
5.0% 0.0% 2.5% 3.1% 6.8% 15.1%
友人ファミリーと 8.8% 11.5% 14.4% 7.8% 1.4% 1.4%
地域の人と 1.6% 0.0% 1.0% 0.8% 2.7% 4.1%
その他 0.8% 0.0% 0.0% 1.6% 2.7% 0.0%
Q2 その内容は
全体 20代 30代 40代 50代 60代
以上
手ぶらで楽しむ
お散歩スタイル
44.2% 57.7% 38.3% 45.7% 53.4% 43.8%
お弁当や総菜持参の
ピクニックスタイル
62.2% 65.4% 71.6% 63.6% 45.2% 49.3%
お酒も飲む
宴会スタイル
13.1% 11.5% 16.4% 13.2% 9.6% 8.2%
レストランなどでの
外食スタイル
9.4% 3.8% 1.0% 10.1% 21.9% 20.5%
名所に出かける
旅行タイプ
12.4% 7.7% 9.0% 12.4% 12.3% 23.3%
その他 1.6% 0.0% 1.0% 1.6% 4.1% 1.4%

 アンケートでは、全体の88.7%の人が今年「お花見に行く」と回答。やはり、春の定番行事の一つとなっているんですね。
 誰と行っているのか? 各世代でダントツで多かったのが「家族」。
20代~30代では「友人ファミリーと」という声も多く「小さい息子とは近所の公園、お友だちとは動物園など。外でのお弁当は息子もたくさん食べてくれる」(吹田市・39)など、子どもと一緒に手軽に楽しめるレジャーとして出かけている様子がうかがえます。
 また、50代以上になると「友人」や「趣味や習い事の仲間」という人が多めに。「太極拳の教室の仲間と、宴会の後に皆で太極拳をする」(明石市・69)なんて、ユニークなお花見もありました。
 お花見のスタイルに関する質問も、20代~30代の子育て世代では「お弁当持参のピクニックスタイル」と答えた人が多数。40代以上から、「名所に出かける旅行タイプ」が増加。60代以上では、23%以上の人が旅行に出かけていて、時間のゆとりを感じさせるうらやましい結果となりました。「友人とバスツアーに参加し、一日かけて名所を回るなど、シーズン中には何度もお花見と称して出かける」(大阪市・47)など、春を大満喫しているツワモノもいました。
 その他の意見には「サイクリングのついでに」「勤務先の敷地内」などの声が。
 また「お花見に行かない」派からは「花粉症だから」という声が見られた一方で、「常にマスクを二枚重ねで花見に行く」(枚方市・40)という“熱い”声も見られました。

散歩ルート、日程選び…。私のこだわりポイントはコレ!

  • 早朝にウオーキングするときは、桜の木のある公園や学校のそばを歩きます。人が少なく、朝もやの静寂な空気の中、桜並木が独り占めできて気持ちが大きくなります(宝塚市・50)
  • 子連れなので、動物園など必ず遊べる場所があるスポットにします。酒盛りしている場所は大人の失態を見せたくないので、なるべく避けます(神戸市・41)
  • 桜の咲く期間は短いので、いつも2、3カ所お花見に行くようにしている(尼崎市・37)
  • 写真映えするような天気の日を選ぶ!で、ぶらりと花見を楽しみに出かけます(尼崎市・30)

近くが一番! お気に入りスポット

  • 毎年武庫川の河川敷にお弁当を持ち寄り、桜の木の下でお花見をします! 電車が見えるので子どもたちも楽しんでいます(神戸市・35)
  • 近所にある高槻市の芥川桜堤公園の桜がキレイ。横の自転車歩行者道を通るとき、春を感じます(高槻市・50)
  • 近場でゆっくりできるので、柴島浄水場に行っています。近くのスーパーでお弁当を買ったり、家から食べ物を持参したりして楽しみます(大阪市・40)
  • 八幡市には、背割堤という有名な桜並木があり、見に行くのが恒例に。子どもも大きくなり、今年は一層喜んでくれるのではと期待しています(八幡市・28)
  • なんといっても夙川の桜。そこから越水浄水場まで歩き、いろいろな桜を見た後、六軒町の川にまでまたがる桜をみると、ほかのどこにも行く気がしなくなります(西宮市・60)

料理やドリンクにこだわって、思いきり楽しみます

  • 花見はバーベキュー。食材に、アワビとサザエと伊勢エビを用意。大勢でワイワイ楽しみます!(芦屋市・34)
  • 友人たちとのお花見で、サプライズで子どものバースデーをしました。宅配ピザを注文し、マヨネーズでお祝いのメッセージまで書いてもらいました!(神戸市・27)
  • 毎年、昼から晩までメンバーが入れ代わり立ち代わり、バーベキューでワイワイやります。年齢層が1歳~50代まで集まるので、ウィンナーから肉、魚の一夜干し、ちくわやさつま揚げなどの練り物と、なんでも焼きます。(尼崎市・38)
  • 夜は寒いので、コンロ持参で豚汁などあたたかい汁物を作ります。みんなから好評ですよ♪(大阪市・40)
  • 子どもが小さいとき、ママ友とのお花見でノンアルコールの飲み物を持参したらめちゃくちゃ喜ばれました! まだ授乳中の人もいたけど、やっぱりお花見といえば宴会ですから(笑)(茨木市・39)

大雪、突風…。自然の中では、ハプニングがつきもの

  • ツアーで早咲き桜を見に行ったところ、大雪が積もっているわ、みぞれが降るわで散々でした(神戸市・67)
  • 雨上がりの寒い日、人が少ないと見込んでお花見に行ったものの、家族全員風邪を引いてしまった(豊中市・45)
  • ふだんは買わないデパ地下の高級お総菜とお酒などを買ってセッティングしたのに、突風が吹いて全部砂まみれ! お通夜のようなお花見に…(大阪市・40)
  • 川辺でお花見をしたとき、ふと紙皿を持ち上げたら、ナメクジがいてビックリ!(大阪市・45)

  • 桜は満開! でも、想定外の事態が…

  • きれいな桜が満開でしたが、トイレがなかった! (豊中市・69)
    • 昔、薄着だった私に、会社のおじさんが上着を貸してくれた。けれど、上着が清潔なのかが気になって、襟が首に当たるたびにゾクゾク…。ありがたかったのですが…(池田市・42)
    • 立雲峡でお花見をしたとき、急斜面に座ったら、おにぎりが転がっていきました~(涙)(神戸市・47)
    • パンを持ってお花見に出かけたら、カラスにパンを持っていかれて泣きそうでした(豊中市・42)
    • 大阪城公園でお花見しようと車で早くに出かけたものの、駐車場に車を止めるのに時間がかかり、結局車の中でお弁当を食べました(枚方市・32)
    • 絵画仲間と花見に出かけた時のこと。食べ物が入ったバスケットを抱えて、玄関に置いていた絵の道具を持っていくのを忘れた(高槻市・51)
    • 若い頃、会社のおじさんに花見に誘われ、断りきれず就業後に行ったら、なんとお見合いもどきの計画だった! 見知らぬ男性を紹介されて困った(三田市・53)

    思い出

    桜を見ると思い出す、HAPPYなエピソード

    • 夫と付き合い始めの頃、張り切ってお弁当を作って姫路城まで行ったのに一分咲き。でも、夫が「おいしい、おいしい」と残さずお弁当を食べてくれたのがうれしかった。 当時は、姫路城の大工事中でしたが、先日、家族で改修後の姫路城を見学してきました。子どもたちとも一緒に思い出の地に行くことができてうれしかったです(神戸市・38)
    • ずっと見たかった目黒川の桜。東京見物と称して主人を説得し、2カ月前に予約をして見に行ったら、例年より早く開花していて、満開の桜が見られて大感激。願えばかなうんだと、実感したお花見でした(尼崎市・61)
    • 桜が好きで、桜が満開の日に京都の平安神宮で結婚式を挙げました。大勢の観光客に祝福してもらい、今でも桜を見るとあの日を思い出し、とても幸せな気持ちになります(芦屋市・37)
     

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. ★妻のホンネ★花見のつもりが大雪!? お花見エピソード

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 春号

電子ブックを読む



会員登録・変更