1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. 【暮らしの設計相談】住宅価格の目安、名義の決め方は?

【暮らしの設計相談】住宅価格の目安、名義の決め方は?

暮らしの設計相談

Q:質問

住宅価格の目安、名義の決め方は?

 住宅購入を検討中です。子どもをもう一人出産することも望んでいます。現在貯蓄は4500万円あるのですが、いくらくらいの住宅を購入すればよいでしょうか。また、購入資金について、私の祖父母からの支援もあるため、夫の拠出分より私のほうが多くなりそうなのですが、その場合名義はどうすればよいでしょうか。

(吹田市E・F)

A:回答

子どもの学費、老後資金を考慮し検討を

 住宅の購入価額は、子どもの進学状況、定年後の生活設計などを考慮し、決定しましょう。
幼稚園から高校まで、塾代を含めた学習費の総計は500万円~1700万円。大学4年間の学費の平均は468万円。高齢者世帯の平均支出は単身で15万円、夫婦で26万5000円という調査報告があります。これを参考に、仮に子ども2人の学費にそれぞれ1200万円、老後資金に3000万円。支出は現状維持で、退職金を含めず、夫の定年後から年金がもらえるまで赤字にならないだけの収入があれば、住宅資金は5000万円。全くなければ4000万円ほどになります。
住宅購入で貯蓄が一度に減るというのも不安があります。金利が低く、ローン減税のメリットがある間は、ローンを組むのもひとつの手。
名義については、夫婦の共有名義にしてはどうでしょうか。妻の祖父母からの援助について、贈与の非課税の特例が受けられるというメリットがあります。しかし、その場合は、きちんと各自が拠出した金額の割合に応じた名義にしないと、実際に負担した金額と、共有名義との差額が贈与とみなされるので注意しましょう。

(三菱UFJ個人財務アドバイザーズ、CFP 和田千鶴)

暮らしの設計相談 家計簿

 1カ月の家計簿と相談内容、〒住所、氏名(紙上では匿名)、電話番号を書き、〒556-8515(住所不要)サンケイリビング新聞社「設計」係へ。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. 【暮らしの設計相談】住宅価格の目安、名義の決め方は?

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更