1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. 【暮らしの設計相談】将来が不安、家計を切り詰めてしまう

【暮らしの設計相談】将来が不安、家計を切り詰めてしまう

暮らしの設計相談

Q:質問

将来が不安、家計を切り詰めてしまう

 住宅ローンがあと25年。将来が不安なため、繰上返済を最優先し、家計もかなり切り詰めてしまいます。周囲では、海外旅行やテーマパークに行ったという話を聞くのですが、我が家はどこへも行ったことがありません。
 繰上返済と貯蓄、レジャー費のバランスをどのように取ればよいでしょう。

(豊中市 M・S)

A:回答

子どもが小さいうちに思い出作りを

 共働きにもかかわらず、無駄のない家計運営ができています。また、かなりの金額の仕送りをしつつも確実に貯蓄できており、細やかな配慮と堅実さが伝わります。

 支出はどれも抑えられているので、減らすべき項目はありません。逆に気になるのが生命保険料。小さな子どもがいる家庭としてはやや少なめです。保障に不足がないかしっかりと確認しておきましょう。

 将来への不安から繰上返済を最優先し、家族で遠出をしたことがないとのことですが、将来への備えと同じくらい、今を充実させることも大切。子どもが成長すると、家族そろってお出かけも難しくなります。まだ子どもが小さく可愛いこの時期に、たくさん思い出を作って下さいね。現在の家計なら、月々2万円程度をレジャー費に充てても大丈夫。予算取りをしてちょこちょこと出かけるもよし、1年間じっくりためて、人気のテーマパークなどで豪華に過ごすのもよいでしょう。

 下の子どもが小学校に上がると、保育料が不要となるため今よりも余力が生まれるはずです。当初の貯蓄ペースが落ちたとしても、確実にためられる家計ですので、不安に感じる必要はありませんよ。

(エフ ピィ ハーモニー 八束和音)

暮らしの設計相談 家計簿

 1カ月の家計簿と相談内容、〒住所、氏名(紙上では匿名)、電話番号を書き、〒556-8515(住所不要)サンケイリビング新聞社「設計」係へ。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. 【暮らしの設計相談】将来が不安、家計を切り詰めてしまう

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更