1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. 吹田・豊中・池田・箕面・高槻の日本茶カフェ

吹田・豊中・池田・箕面・高槻の日本茶カフェ

北摂の店でほっこり スイーツや利き茶で楽しむ日本茶カフェ

「体にも良く、多様な味が味わえるのが日本茶の魅力」と、スタッフの樫八重さん(Café 萠茶)

 茶葉の産地やいれ方にこだわり、味わいを追求する、日本茶カフェが増えています。お茶づくしのメニューがいただけたり、知識を深める教室が開催されたり。日本茶の新たな魅力と出合える、北摂のカフェを取材しました。

Cafe萠茶

碾茶や荒茶など、珍しいお茶も

 江坂のオフィス街にありながら、温室の木々の緑に囲まれた空間で日本茶がいただける「Café 萠茶(きざし)」。店主の古岡文男さんが「初心者でもおいしくいれられるように」と用意した説明書きをもとに、自分で茶葉を急須に入れ、抽出したお茶を味わいます。
 メニューには、抹茶の原料で、茶葉専門店でも取り扱いが少ない「碾茶(てんちゃ)」600円・写真、収穫されたままの茶葉の自然な香りが持ち味の「荒茶(あらちゃ)」550円など、珍しい茶葉も(共に3月末まで)。「日本茶に興味をもってほしい」という古岡さんに、お茶にまつわる話を聞くのも楽しみです。

吹田市江坂町1-23-101 大同生命ビル2階/8:00~19:00(LO18:30)、土曜は18:00まで(LO17:30)、日曜、祝日休/電話06-6310-1424

画像

お茶屋さんの抹茶をたっぷり使用した「贅沢抹茶ロール」380円は、濃厚ながら後味さっぱり

茶ら咲

画像

自分好みの急須でホッと一息

 「日本茶の入り口になる店をつくりたい」と、店主・石崎きぬよさんが、2016年に服部天神宮近くにオープンした「茶ら咲(さらさ)」。お茶を注文すると、数多く並ぶ急須から好みのものを選んで、お茶がいただけます。
 人気は、ぜいたくなうま味と甘味が味わえる「玉露」750円・写真と、大釜でいる製法で作られた、ふくよかな香りが特徴の「釜炒り玉緑茶」550円。プラス450円で、日替わりのお菓子3点盛りとセットにできます。
 日本茶ワークショップも月1回程度開催。次回は3月5日(月)、手づくりほうじ茶と飲み比べ(定員8人)です。

豊中市服部元町1-7-13/11:30~19:00(LO18:30)、月曜、第2・4火曜休/電話06-7502-5759

cafe minatuki

画像

茶殻もいただける上質な茶葉

 池田の商店街にある「café minatuki(みなつき)」。店主が、日本茶インストラクターの資格を持つことから、カフェメニューとともに、日本茶も提供。
 急須でいれる日本茶は3種類(小豆のケーキ付き)。おすすめは、うま味と渋味を兼ね備えた煎茶「明恵」710円と、香り・うま味・甘味に富む玉露「銀雲」820円。飲んだ後は、茶殻をポン酢でいただきます。上質な茶葉だからこそのフレッシュ感と豊かな香りが味わえます。
 日本茶の魅力を広める教室も開催。次回は4月1日(日)、「世界のティーライフ」(定員10人)です。

池田市栄本町4-23 EINビル1階/10:00~19:00、土・日曜、祝日は8:00~18:00/水曜休/電話072-737-5827

CAnoMA

画像

利き茶で日本茶の奥深さを知る

 日本茶の多様性と、その魅力を伝えたいと、店主の酒井俊明さんが箕面・滝道に開業した「CHAnoMA(ちゃのま)」。日本茶を中心に、茶道のお点前でたてる濃茶や薄茶、アレンジティーなどを提供しています。
 人気は、好きなお茶を選べる「利き茶3種」1500円(干菓子付き、土・日曜のみ・写真)。おすすめは、玉露、日本製の紅茶、ウーロン茶の3種類で、味の強弱、香りの違いが味わえます。また、好みのハーブとブレンドする「日本茶ハーブティー」700円も提案しています。香りが持ち味のハーブと日本茶のうま味を合わせることで、深い味わいに。

箕面市箕面1-5-4/13:00(土・日曜は11:00)~日暮れ、不定休、雨天休/電話090-1222-2273

喫茶去

画像

とろっとしたマスカルポーネチーズにほうじ粉がたっぷりかかった「ほうじ茶ティラミス」

画像

気軽に入れる店舗は買い物帰りのミセスの憩いの場

マスカルポーネにほうじ茶がたっぷり

 「心斎橋本店の店頭でほうじ茶をいる香ばしい香りが、店のイメージとお客さんに言われたことから、ほうじ茶に格別のこだわりを持っています」と話すのは宇治園 企画担当の岡宗洋一郎さん。宇治園が運営する「喫茶去(きっさこ)」では、升入りの「ほうじ茶ティラミスセット」1080円(お茶付き)や「ほうじ茶生ショコラ火男(ひょっとこ)」1296円など、メニューもほうじ茶づくし。
 昨年からは、黒門市場の老舗「山長商店」とコラボした「ほうじ茶鰹だし」を使ったうどんも登場。「カフェインが少なめで、女性や子どもに人気のほうじ茶。スイーツやおだしとのハーモニーも楽しんで」

高槻市白梅町4-1 西武高槻店地下1階/10:00~20:00(LO19:30)、不定休/電話072-683-7528

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. 吹田・豊中・池田・箕面・高槻の日本茶カフェ

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更