1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. お弁当を持って北摂でお花見

画像

和食からヴィーガンまで

お弁当を持って北摂でお花見

 万博記念公園など、桜の名所も多い北摂エリア。日本料理のぜいたく弁当や、女性好みのヴィーガン弁当など、お花見に持っていきたいお弁当をピックアップしました。※素材・メニューや容器は、仕入れなどの状況によって変わります

友人にほめられたい! 大人同士でお出かけならコレ

画像

五分づきのごはん、カボチャとモチキビのコロッケやクミンの利いたキャロットラペなど

桜野菜の甘みが生きるヴィーガンメニュー

スタンスドット (豊中・岡町)

日替わりランチボックス 750円

 動物性食品を使わない、ヴィーガン料理のカフェ「スタンスドット」。日替わりランチボックス(予約がベター)には、菜の花やタケノコ、春キャベツなど、オーガニックの春野菜がたっぷり。「砂糖、酒、みりんを使わず、野菜の甘みや持ち味を生かす調理を心がけています」と店主の田中恵さん。マヨネーズやケチャップなど、調味料も手作りです。

豊中市中桜塚1-2-35/11:00~16:00/日・月曜、祝日休/携帯090-8386-1831

画像

ワカゴボウとサクラエビのごはん、合ガモロース煮、スルメイカの“印籠煮”など、手の込んだ料理を楽しんで

桜和の味が詰まったぜいたく弁当

和のごちそう岳獅(たけし)(豊中・熊野町)

お花見弁当 2700円

 常連客からの要望で始めたお花見弁当(3日前までに要予約)は、十数種類のおかずが詰まったぜいたくなもの。タラノメやソラマメ、ホタルイカなど春の素材を、日本料理の調理法で仕上げています。「見た目も美しく、蜜煮やチーズ焼きなど、味付けにもひと工夫を」と店主の山本剛嗣さん。

豊中市熊野町4-11-5/17:30~21:30LO、お昼は要予約、月曜休/電話06-6841-1136

画像

かわいい&自然素材にこだわり、容器は木製、おにぎりは小ぶりでまん丸。おかずもカラフルに

桜春の恵みがたっぷりでバランス◎

フリーダムキッチン (箕面・桜)

旬わっぱ弁当 880円

 工務店を営んでいた久林千恵美さんが、「食べることの大切さを伝えたい」と、箕面で始めたお弁当屋さん。故郷・徳之島での食体験をベースにした旬わっぱ弁当(3個以上で3日前までに要予約)には、薬膳にちなんだ5色を取り入れ、フキノトウ、春タマネギなどの春野菜がたっぷり。春の苦みが体を目覚めさせます。

箕面市桜1-16-28/10:30~17:00/土・日曜、祝日休/電話072-725-0621

画像

サケとオオバのちらし寿司、高野豆腐とエビの鋳込(いこ)みなどがぎっしり

桜北摂産の野菜をふんだんに

野菜料理レストラン 菜花(さいか) (箕面)

行楽弁当 2160円

 「箕面のハイキング用に」と作られた、リュックに入れやすい2段重ねの行楽弁当(2日前までに要予約)。ちらしずしや天ぷら、焼き物、炊き合わせなど十数種類もの総菜には、北摂産の春野菜がたっぷり使用されています。「丁寧に作られた野菜が持つ苦みなども含め、持ち味を生かす調理を心がけています」と店主。

箕面市箕面6-4-24、サンクスみのお1番館1階/ 11:30~14:30(LO)、 17:30~21:00 /月曜休/電話072-724-1412

ショッピング施設のお弁当に注目!
家族もいっしょならこんなのもいいね

 子どもや親世代、友達家族も一緒に、大人数でわいわい食べるならこんな弁当も。窯焼きピザのイタリアン弁当やスパイシーなタイ料理、定番の和食など、おなじみの商業施設で手に入れて。

画像

メインはナポリタンまたはマルゲリータから選択。デリは、サーモンで巻いたタケノコや春キャベツのアンチョビマリネなど(左がイタリアンBENTO BOX、右がイタリアンキッズBENTO)

桜もちもちの窯焼きピザと春野菜のデリ

ターナ フォルノ フレスカ (万博記念公園)

イタリアンBENTO BOX 1058円

 400℃の石窯で焼かれた直径18cmのマルゲリータと春野菜を使ったデリが数品入ったイタリアンBENTO BOX。女性客に向け「おいしいものをちょっとずつ食べてほしい」と考案されました。ピザ生地は、国産小麦を使用した手作り。子ども向けには、ナポリタンとハンバーグのイタリアンキッズBENTO(810円)をチョイス。

吹田市千里万博公園2-1、ららぽーとEXPOCITY3階、フードコート内/10:00~21:00/不定休/電話06-4860-6247

画像

鶏のガパオボウル(写真左)には、ジャスミンライスを使用。豊かな香りが食欲をそそります

桜スパイシーな本場の味にやみつき

マンゴツリーカフェEXPOCITY (万博記念公園)

鶏のガパオボウル 900円

 本格タイ料理をアウトドアで気軽に楽しめるよう、テイクアウトメニューをラインアップ。一番人気は鶏のガパオボウルで、鶏ひき肉にタイバジルをたっぷり炒め合わせたスパイシーな一品です。お供には、4月2日からリニューアルされる鶏のBBQグリル(581円)。マリネ液に漬け、香ばしく焼き上げた鶏を、ドライチリソースで。

吹田市千里万博公園2-1、ららぽーとEXPOCITY1階/10:00~21:00、20:30LO、不定休/電話06-6318-5452

画像

素材が持つ、彩りの美しさを生かしたお弁当は、目にも楽しく、食欲をそそります

桜目にも楽しい彩りのおしゃれデリ

和saiの国 (千里中央)

春の味覚 ミニ弁当 772円

 和の食材や調理法をベースに、旬の素材と彩りにこだわった、デリを提供する、和saiの国。おすすめは、季節限定の春の味覚 ミニ弁当(5月22日まで販売)。タケノコなど春野菜のおかずや、梅じゃこおにぎりなどが入り、少しずつ多彩な味が楽しめます。栄養素と素材のうま味を維持する調理法で作るやさしい味が、女性客から人気。

豊中市新千里東町1-5-1、千里阪急地下1階/10:00 ~ 20:00/不定休/電話06-6831-1221(代表)

画像

タケノコ、菜の花、豆ごはんなど、春の野菜を和食ならではのホッとする味で味わって

桜春のごちそうをたっぷり

六齋(ろくさい) (千里中央)

春つつみ弁当 1350円

 千里阪急でも根強いファンが多い、六齋のお弁当。季節限定の春つつみ弁当(4月10日まで)は、だしの味をしっかりときかせ、あっさりと仕上げられた味付けが特徴。、豆ごはんとともに、イカナゴのくぎ煮、サワラ、桜餅など春の素材がふんだんに詰められています。味良し、ボリューム良しなので、まとめ買いをする男性も多いそう。

豊中市新千里東町1-5-1、千里阪急地下1階/10:00~20:00/不定休/電話06-6831-1221(代表)

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. お弁当を持って北摂でお花見

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更