1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. ランチ付き見学会で楽しめる近代建築 モダンに遊ぶ中之島周辺

ランチ付き見学会で楽しめる近代建築 モダンに遊ぶ中之島周辺

  • 2019/01/24 UP!

ランチ付き見学会で楽しめる近代建築

モダン遊ぶ
中之島周辺

 昨秋、大阪市中央公会堂が100周年を迎え、近代建築の魅力が再認識されています。中之島周辺には大正末期~昭和初期に建てられたモダン建築が点在。おしゃれなレストランやショップが入ったり、見学会も開催されたりするなど、レトロブームが高まっています。

100年の歴史を刻む芸術品のような部屋

■大阪市中央公会堂

 華やかな赤レンガが目を引く大阪市中央公会堂。宮殿のような集会室、鳳凰(ほうおう)のステンドグラスを配した特別室など、部屋そのものが芸術品。地下1階の展示室には、公会堂建設に私財を投じた岩本栄之助ゆかりの品などが展示されています。
osk_190124_modernarchitecture_02

見学会…2月19日(火)に「特別見学会」。特別室と集会室を案内付きで巡ります(1000円、食事付きは3000円)▽週1回特別室のみ見学できる「ガイドツアー」(500円、食事付きは2000円)も。
要予約。☎06-6208-2002。
osk_190124_modernarchitecture_03

展示室にある岩本栄之助の胸像

osk_190124_modernarchitecture_01

▲創建時は貴賓室として利用されていた中央公会堂の特別室。日本神話を題材にした絵が描かれています

osk_190124_modernarchitecture_04

©大阪市中央公会堂(写真上)。1918年竣工。2002 年保存再生工事完了。国指定重要文化財

osk_190124_modernarchitecture_05

ガイドツアーのランチメニューの一例

osk_190124_modernarchitecture_06

ショップではオリジナルデザインのノート(各378円)など公会堂グッズを販売

「東洋のマンチェスター」時代の壮麗さを

■綿業会館

 会員制社交倶楽部の日本綿業倶楽部が運営する綿業会館。大阪が「東洋のマンチェスター」と称された時代の建物で、部屋ごとに異なる様式美が見もの。イタリアルネサンス調の玄関ホール、壁面のタイルタペストリーが豪華な談話室、戦前は皇室専用だった特別室など、ぜいを尽くした部屋ばかり。
osk_190124_modernarchitecture_08

見学会…毎月第4土曜日(見学のみ500円、昼食付き2600円)。要予約。※昼食付きコースは人気のため、予約は5カ月待ち。☎06-6231-4881。
osk_190124_modernarchitecture_07

繊細な装飾が美しい綿業会館の外壁。1931年竣工。国指定重要文化財

osk_190124_modernarchitecture_09

昼食付き見学会のメニューの一例

大正浪漫感じる財界人の活動拠点

■大阪倶楽部

 大阪財界人の会員制クラブ・大阪倶楽部の活動拠点。玄関ホールのモニュメント「邪鬼」や、梁の壮麗な彫刻など、南欧風様式に東洋風手法が加味され、大正浪漫の華やかさを今に伝えています。
osk_190124_modernarchitecture_11

見学会…2カ月に1度土曜日(見学のみ無料、昼食付き2000円)。次回は3月。要予約。☎06-6231-8361。
osk_190124_modernarchitecture_10

外壁を飾るアーチやレリーフが印象的な大阪倶楽部

osk_190124_modernarchitecture_12

階段窓のステンドグラスは東洋風花柄

オーナーこだわり際立
名建築訪ねる

 近代建築の中でも興味深いのが、施主の意向を色濃く反映しているオーナービル。その思いを継ぐ現オーナーに、見どころを教えてもらいました。

天井に潜む謎の生き物

■芝川ビル

 不動産業を営む千島土地創業家6代目の芝川又四郎が、1927年に伏見町に建てた芝川ビル。地下1階地上4階建ての国登録有形文化財。正面や玄関横の部屋は、古代遺跡のような雰囲気。「又四郎が視察旅行した当時のアメリカは、古代中南米ブーム。その影響を受けたのかも」と現社長の芝川能一さん(写真①)。魅力的な店を誘致し、週末のビジネス街のにぎわいに一役買っています。☎06-6681-6456。
osk_190124_modernarchitecture_13

osk_190124_modernarchitecture_14

①②石の彫刻が重厚な芝川ビル正面玄関

osk_190124_modernarchitecture_15

③古代中南米の影響が色濃い部屋の謎の生き物④もと応接間の壮麗な漆喰装飾⑤各階と話せる珍しい伝声管⑥4階モダンテラス。2月26日〜3月3日には「船場のおひなまつり」も

osk_190124_modernarchitecture_16

⑦玄関横の「TIKAL」には、ベネズエラ産カカオを使ったオリジナルチョコレート(290円~)が

osk_190124_modernarchitecture_17

⑧ 天満橋のコッペパン専門店「コバトパン工場」芝川ビル購買部も

アーチ形のテラスと青海波模様

■江戸堀コダマビル(旧児玉竹次郎邸)

 靱本町で綿布商を営んでいた児玉竹次郎が、1935年に自宅として建てた江戸堀コダマビル。地下1階地上3階建て。モダンな印象の建物正面に特徴がある、国登録有形文化財です。孫の児玉竹之助さん(写真①)は「幸い戦火を免れました。鉄製の窓枠は、もう部品がないので、自分で修理しています」。貸室運営する一方、3階では、児玉家に保管されていた台所用品などを展示。☎06-6445-6020。
osk_190124_modernarchitecture_18

osk_190124_modernarchitecture_19

① 瓦やテラスのアーチ形が印象的な江戸堀コダマビル正面。壁面の模様は青海波

osk_190124_modernarchitecture_20

②竹之助さんお気に入りの窓

osk_190124_modernarchitecture_21

③建築時そのままの玄関横のステンドグラス

osk_190124_modernarchitecture_22

④展示室には懐かしい大正・昭和の家庭用品が(見学300円)

osk_190124_modernarchitecture_23

⑤中之島のビル群が広がる屋上テラス

文化財近代建築ランチ

①大阪府立中之島図書館2階

スモーブローキッチン中之島

osk_190124_modernarchitecture_24

※本館1902年竣工、国指定重要文化財

 北欧風オープンサンド・スモーブロー専門店。
ランチセット(写真はローストビーフ)が3種類(1620円~)。☎06-6222-8719。

osk_190124_modernarchitecture_25

②今橋ビルヂング

ダル・ポンピエーレ

osk_190124_modernarchitecture_26

※1925年竣工、国登録有形文化財

 旧大阪市中央消防署今橋出張所を改築。
前菜の盛り合わせが豪華なAランチコース(1944円)が人気。☎06-4706-1199。

osk_190124_modernarchitecture_27

③大阪ガスビル8階

ガスビル食堂

osk_190124_modernarchitecture_28

※1933年竣工、国登録有形文化財

 大阪の欧風レストランの草分け。伝統のデミグラスソースとマッシュポテトでアレンジしたムーサカ(2160円、サービス料別)が味わえます。
☎06-6231-0901。

osk_190124_modernarchitecture_29
osk_190124_modernarchitecture_30
この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. ランチ付き見学会で楽しめる近代建築 モダンに遊ぶ中之島周辺

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 春号

電子ブックを読む



会員登録・変更