1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. “賃貸でもOK”がトレンド 個性派DIYショップへGo!

“賃貸でもOK”がトレンド 個性派DIYショップへGo!

  • 2019/02/07 UP!

賃貸でもOKなアイテムずらり
個性派DIYショップへGO

 新生活に向けて部屋の模様替えを考えている人や、初めての人にもおすすめの個性派DIYショップを紹介。賃貸住宅でも挑戦できるDIYアイテムも増加中です。

 WALPA(ワルパ) 

画像

広い店内には、約3万点の壁紙が(1ロール6480円~)。
左から、スタッフの鈴木連理さん、岡本美岐さん、丹後育子さん

女性一人で楽々 おしゃれな輸入壁紙

 世界15カ国、約154ブランド・メーカーの輸入壁紙を展示・販売する「WALPA」。「高いデザイン性が魅力の輸入壁紙は、サイズなどもDIY向きなんですよ」と教えてくれたのは、ストアマネージャーの岡本美岐さん。
 幅が国産壁紙の約半分(50cm)で女性一人でも貼りやすい上、印刷が全面に施されているため、端を切り落とす必要がなく、そのまま貼り合わせられます。賃貸住宅でも気軽に貼り替えができる、貼ってはがせるのりの登場もDIYばやりの追い風に。
 「自分のペースでできるのがDIYのいいところ。作業に集中することでリフレッシュでき、達成感も味わえます。もっと自由に壁紙を楽しんでほしい」と岡本さん。
 毎月第3土曜に、初心者向けの「はじめての貼り方教室」も開催。参加者からは“意外と簡単”という声が多いそう。ロール(10m)単位での販売以外に、1m単位でのカット販売にも対応してもらえるので、家具や小物の装飾から始めてみるのもありかも。

画像

ビンテージの壁紙で装飾されたライオンや犬のオブジェも

記者が体験

 壁紙を貼るのは初めてでしたが、思った以上に簡単で、作業自体も楽しかった! 無心になれるし、少し貼っただけでも達成感が。これは、ハマってしまいそうです。
 同店では、女性が使いやすいようにオリジナルで作られた「施工道具セット」(538円~)も販売。また、ワークショップ以外でも、壁紙購入時に簡単なレクチャーを受けることも可能なので、気軽にチャレンジを。

画像

地ベラをガイドに、余った部分をカッターで切っているところ

DIYポイント

・のりは、壁紙ではなく壁に、ちょっと多めに塗る
・仕上がりを左右するので、こまめにカッターの刃を折って切れ味を保つ
・壁紙購入時は、図面持参か、貼りたい壁のサイズを測って行く(50cmが何幅分いるかで測るのがおすすめ)

ワークショップ

 毎月第3土曜に、「はじめての貼り方教室」のワークショップを開催。午前11時~と、午後2時30分~の2部制(所要時間約90分、2700円)で、申し込みはWebから。
https://walpa.jp/products/list.php?category_id=207

画像

「はじめての貼り方教室」のワークショップ風景

画像

大阪市大正区小林西1-15-12(大阪シティバスなんば・大正橋駅の各停から、同バス小林停下車歩4分)▽午前10時30分~午後6時▽木曜休▽電話050-3538-8903▽https://walpa.jp/


 友安製作所 Cafe&Bar 阿倍野 

画像

リノベカフェでDIYを身近に

 “インテリアとDIY、カフェの融合”がコンセプトの「友安製作所 Cafe&Bar 阿倍野」。
 「インテリアに興味のない人にも、足を運んでもらえたら」という思いから1階をカフェに。2階のショップには、水で貼るだけのウインドーフィルムや接着剤を使わずはめ込むだけの簡単床材、シール感覚で手軽に楽しめる美濃焼のタイルなど、賃貸住宅でも、初心者でも手軽にDIYが楽しめる多彩な商品が並びます(写真上)。
 実は、この店舗自体、同店で取り扱う商品を使ってリノベーションしたもの。「カフェの内装や家具などにDIY商品を使うことで、“私にもできるかも”“作ってみたい”と思ってもらえたらうれしい」と、広報課の上田ゆかりさん。
 手づくりの温かさにあふれたお店は、何度でも訪れたくなります。不定期開催のワークショップもチェックして。

画像

美濃焼のタイル(1個108円~)

記者が体験

 ペンキを塗ったのは20年ぶり!? のびが良く、塗り重ねてもムラにならず、扱いやすさに驚きました! 嫌なにおいも全然しません。そして、絶妙なカラーバリエーションにテンションアップ。色選びからワクワクしました。
 使用させてもらったのは、水で薄めるだけで塗れる水性アクリル塗料「Dippin Paint」マットカラー(50g 410円、200g 1382円)。同店で購入できます。室内で使えるのもうれしいですね。

画像

カラーは「オールドローズ」をチョイス

DIYポイント

・刷毛にたっぷりペンキを含ませて、ゆっくり塗っていくと、きれいな仕上がりに
・カラーバリエーション豊富で、「友安フレンチネイビー」など、オリジナルカラーも。塗ると黒板になる黒板塗料も展開

ワークショップ

 次回は、2月16日(土)・21日(木)、3月16日(土)・18日(月)に、「テイストが選べる! ミニスツール作り」を開催予定。男前インテリア風(写真上右)とフレンチ風(同左)から、好きな方が選べます。
 詳細・申し込みはWebから。
https://tomoyasucafe-abeno.shopinfo.jp/pages/1556784/workshop

画像

画像

2018年開催のワークショップの様子

画像

大阪市阿倍野区阿倍野筋2-3-8(大阪メトロ阿倍野駅歩3分)▽ショップ=午前11時~午後8時▽不定休▽電話06-6627-2004▽https://tomoyasucafe-abeno.shopinfo.jp/

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. “賃貸でもOK”がトレンド 個性派DIYショップへGo!

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 春号

電子ブックを読む



会員登録・変更