1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. 【暮らしの設計相談】貯蓄ができません、節約できる点は?

【暮らしの設計相談】貯蓄ができません、節約できる点は?

Q:質問

貯蓄ができません、節約できる点は?

 貯蓄がまったくできません。むしろ、毎月の赤字を貯蓄から補っているのが現状です。節約できる点を教えてください。4月に長男が幼稚園に入園しました。私はパートに出るつもりです。今の住まいはとても狭いため、もっと広いマンションへ引っ越すのが夢です。貯蓄は現在200万円ほど。ボーナスは年92万円です。

(神戸市N・K)

A:回答

ローン借り換え、食費2万円カットを

 一般的に、家賃や住宅ローン返済などの住居費は、多くても手取り収入の30%以内には収めておきたいもの。毎月の住居費が、夫の収入の40%を占めているうえに、高めの支出項目が多い現状では、毎月赤字になってしまうのも無理はありません。まずは赤字をなくし、貯蓄から補わなくてもよい家計を目指しましょう。

 住宅ローン返済において、返済期間の延長や低い金利への借り換えなどを行えば、毎月の住居費を手取り収入の3割に抑えることができます。例えば、残高1000万円を、期間15年、元利均等1.5%の条件で借り換えると、毎月の返済額は6万2000円になります。あわせて食費を5万円以内に収め、さらに通信費と日用雑費から1万円節約できれば、赤字を解消して、家計に余裕をもたせることができます。

 妻のパート収入とボーナスを貯蓄にまわせば、毎年100万円以上の貯蓄をつくることも可能に。先々余裕ができたら、住宅ローンを繰り上げ返済することもできます。

 広いマンションへの住み替えという夢の実現のためにも、赤字脱却に向けて頑張りましょう。

(三菱UFJ個人財務アドバイザーズ、CFP 和田千鶴)

暮らしの設計相談 家計簿

 1カ月の家計簿と相談内容、〒住所、氏名(紙上では匿名)、電話番号を書き、〒556-8515(住所不要)サンケイリビング新聞社「設計」係へ。

家計相談受付中
家計のお悩み、疑問・質問受付中です。お気軽にご相談ください。
家計相談受付中

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. くらしの情報
  3. 【暮らしの設計相談】貯蓄ができません、節約できる点は?

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更