1. 大阪トップ
  2. 教育
  3. 志望校を決める前に学校の雰囲気をじかに感じて

志望校を決める前に学校の雰囲気をじかに感じて

志望校を決める前に学校の雰囲気をじかに感じて

志望校を決める前に
学校の雰囲気をじかに感じて

 今回は、多くの中学生と保護者が参加した「大阪府公立高校進学フェア」の様子と、公立高校入試の概要について、兵庫先生が教えてくれました。2学期を前にあらためて確認しておきましょう。

 中学生のための「大阪府公立高校進学フェア2020」は、7月21日にインテックス大阪で開かれました。朝早くから多くの来場があり、開場時刻が早まるほど。約2万9000人が参加しました。昨年より広い会場が確保され、高校の各ブースでは、映像や在校生のプレゼンなど、工夫を凝らした説明が行われました。時間の経過とともに、志望する学校の取り組みを詳しく知りたいと思う中学生・保護者と各校の担当者との熱心なやり取りが、ブース周辺の通路でも行われ、会場が熱気を帯びていました。
 同時に「大阪府産業教育フェア~大阪から羽ばたく!夢と技術~」も開催。産業教育(農業、工業、商業、福祉、総合造形等)に関する学科・系列を設置する高校等の生徒の作品展示、デモ、体験や実習で作ったジャム・野菜の販売が行われました。モノづくりに取り組む高校生の姿は、意欲的でいきいきしたものでした。

アドミッション・ポリシーも参考に

 2020年度大阪府公立高校の入学者選抜は、一般選抜の学力検査が2020年3月11日(水)に実施されます。特別選抜の学力検査等は2月20日(木)・21日(金)。学力検査は5教科で、国語・数学・英語は、高校によって問題の種類が異なります。一般選抜は、基礎的問題、標準的問題、発展的問題の3種類で、特別選抜は発展的問題を除いた2種類です(社会・理科は1種類のみ)。
 出願時に提出が必要な「自己申告書」は、中学校での学習や高校生活への抱負など、あらかじめ教育委員会が示すテーマについて記述するもので、選抜の判定資料の一つになります。作成時は、各高校が公開しているアドミッション・ポリシー(求める生徒像)を参照してください。高校は、総合点(学力検査の成績等+調査書の評定)とともに、このアドミッション・ポリシーに基づいて、合否を判定することになります。
 大阪府の公立高等学校入学者選抜については、以下に詳しく掲載されています。大阪府の公立高等学校入学者選抜についての詳細はコチラ
 これから志望校を決めるうえでは、アドミッション・ポリシーを確認するとともに、各校が行う説明会や見学会に参加して、直接、在校生の姿をご覧になってください。そして、学校の雰囲気をじかに感じ、貴重な3年間を過ごす「自分に合った学校」「行きたい学校」を見つけてください。

写真

兵庫將夫(ひょうごまさお)
1951年大阪府生まれ。大阪府立高校教諭、府教育センター、府教育委員会、府立天王寺高校校長、府立高等学校長協会会長を経て、2012年から大阪工業大学教育センター特任教授

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. 教育
  3. 志望校を決める前に学校の雰囲気をじかに感じて

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2019年10月25日号

電子ブックを読む

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更