1. 大阪トップ
  2. 「健康」美食家への道2
  3. チーズ
チーズ

和歌山のみかんの蜂蜜♪

2008/1/2

華やかな香りです

和歌山県海草郡「上田養蜂場」の、

みかんの蜂蜜です。

お友達Mさんがお取り寄せされたものを、おすそ分けしてもらいました。

色は輝きのある黄金色。

とても華やかなお花どりがします。

そして口に入れると、柑橘系どりが広がりました。

爽やかですっきりとした後味で、

どんな素材とも相性が良く、

誰からも好かれそうな蜂蜜だなーという印象です。

先日、東三国のフレンチレストランで一緒にランチしたときに戴いたものです♪

ランチの記事はこちら

セレブシャンパンでランチ会

同じ日にE子さんから、ご実家の近くの

特産品、古道の葉ずしをもらいました!

野菜たっぷりなのです

上下を野苺の葉で覆い、高野豆腐、甘辛く煮含められた野菜各種と椎茸、がり生姜、酢で〆た青魚を敷き詰めた押し寿司です。


お寿司三昧

贅沢なおやつです

みかんの蜂蜜は、


羊乳チーズペライユにかけていただきました。

ペライユは、ミルクの味わいが濃厚でとてもクリーミィなフランス南部の羊乳チーズ。

爽やかな柑橘のはちみつの甘みと酸味と香りが加わって、とても食べやすいおやつになりました。

パッケージです

【今日のチーズ】

ペライユ(AOC申請中)

産地:フランス・ラングドック地方

原料乳:羊乳

今が旬の、羊のチーズです。

100gほどの小さな円盤状。

色が白く、脂肪分が多い羊のミルクの特徴がよくわかる、ねっとりとまろやかで優しい味のチーズです。

これで1/4くらいです

かつては、ロックフォール(世界三大ブルーチーズのひとつ)で余ったチーズ…という位置づけでしたが、現在AOC取得に向けて、生産者が積極的に品質の向上に勤めているところだとか。

この製品はロックフォールの大手生産者である「パピヨン社」のペライユです。

チーズ屋さんに行けば、同じ蝶々のマークのついたブルーチーズ「ロックフォール」をご覧になれるかもしれません。

ラベルの羊さんの下の表示BREBIS(ブルビ)は、雌羊の意味です。

フランスの羊チーズのことを総称して、

「ブルビ」と呼びます。

(山羊は「シェーブル」)

イタリアではPECORA(ペコラ)なので、イタリアの羊乳チーズはPECORINO(ペコリーノ)という呼び名になります。

チーズ | コメント (0)

チーズ

冬限定のチーズを食べたことがありますか?

2007/10/18

今年もモン・ドールの季節がやってきました。


大人買いだーー。
フランス北東部、ジュラ地方で作られている、秋冬限定のウォッシュチーズです。
国境の山を越えてスイス側でも製造されていますが、製造期間はやはり秋冬だけ、と、法律で定められています。

フランスでは、「モン・ドール」「ヴァシュラン・デュ・オー・ドゥー」というふたつの名前、スイスでは、「ヴァシュラン・モンドール」という名前で、いずれもAOC(産地や製法などを定めた法律)チーズです。

1個の大きさは約500g。
エピセアという樅の木の樹皮で巻き、エピセアの棚の上で洗いながら熟成されるため、ミルクの味に木どりが移ります。
チーズそのものは、濃厚でクリーミィ。熟成が進むとトロトロにやわらかくなるので、スプーンですくって食べるほどに…。

来週月曜日のアート&ライフマーケット2007in北摂
で行われるセミナーでは、このモンドールもご用意しました!

モンドールを含めて6種のチーズと、ワインを準備しています。
多数の皆様のご参加をお待ちしております。
千里阪急ホテル 百合・蘭っ(3階)
11時〜12時
参加費3000円(材料費込み)

まだ席に余裕があるようですので、ご興味のある方は、
サンケイリビング新聞社 北摂企画部へ、お申し込み下さいませ。
平日の午前10時〜17時受付
モンドールは、ユーロ高などの要因で、年々高価になり、今年は1個5000円を超えるお店が多いチーズです。(輸入業者、販売店によって色々ですが)
よろしければ、この機会にぜひお味見くださいませ〜。

モンドールを紹介した過去記事です。
いろんな食べ方、楽しみ方⇒モンドールのその後

スイスモンドールの紹介⇒GOLDづくし

2005年の記事でモンドールの紹介⇒冬限定のチーズ

チーズ | コメント (19)

チーズ

サロン・ド・テ チーズ王国本店

2007/7/12

先週の東京滞在中、少し足を伸ばして、立川まで行ってきました。

チーズの輸入販売会社、チーズ王国の本店です。

こちらは、チーズショップにカフェが併設されています。

ランチタイムに訪問し、チーズの盛り合わせをメインにしたお食事を戴いてきました。

盛り合わせとパン

チーズ盛り合わせ(5種)と自家製パンです。

盛り合わせは、「マイルド」と「グルメ」の2種から選ぶスタイルで、

私は味の濃いチーズをそろえた「グルメ」を選択しました。本当に濃かったですー。

クルミ、干しイチジク、枝付きブドウなどが添えられています。

左上から、時計回りに

カルバドス・ブリー…完熟のブリー(白カビチーズ)の表面にパン粉をまぶし、カルバドス(リンゴのブランデー)をしみこませて熟成させたもの。かなり強烈な熟成香がします。

サントモール・ド・トゥーレーヌAOC…セックといわれる乾燥熟成品です。AOCの山羊チーズです。

プティ・アグール…バスクの羊乳製ハードチーズ。私はこれが一番好きな味でした。

カブリ・アフィネ…山羊チーズの熟成品。こちらもかなり硬く乾燥熟成されたもの。

フルム・ダンベールAOC…オーヴェルニュのブルーチーズです。隣に添えられたブドウやイチジクと一緒に食べるとおいしいです。

サラダとスープ

チーズとパンが出てくる前に、

カップスープと、サラダが出てきます。

菜とハムが入ったコンソメスープと、

トマトとモッツアレラのサラダ(カプレーゼ)です。

カトラリーは、ライオール(ラギョール)のものでした。

デザート盛り合わせ


デザート盛り合わせ

チーズケーキとクレメダンジュ、

ピンクグレープフルーツが、フランスチーズの絵皿に盛り付けられていました。

このお皿が欲しかった。

以上の内容で1575円(税込み)でした。

他にもチーズのピッツアや、日替わりのランチなどがありました。

毎月11日のチーズバイキングが人気で、毎月大盛況なのだそうですよ。

外観です

こちらはJR立川駅からバスで10分ほどの場所にあります。

以前は伊丹にも支店がありましたが、数年前に撤退し、現在では関西に常設の店舗はないようです。

東京では、デパ地下にたくさん出店しています。

他のチーズ専門店とは違って、魚屋さんのように声を出してガンガン売る、異色の販売スタイルを貫かれています…。

JR立川駅に戻ってから、思わぬ衝動買い(?)をしてしまいました。

その報告は、この次の記事にて!

チーズ | コメント (23)

  1. 大阪トップ
  2. 「健康」美食家への道2
  3. チーズ

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更