1. 大阪トップ
  2. 「健康」美食家への道2
  3. ガーデニング
ガーデニング

夏至の日のチーズくまガーデン便り

2016/6/21

今日は夏至。こういう区切りの日には、ベランダの植物の様子が特に気になります。つい最近に春分の日の植物をご紹介したばかりのような気がするのですが…。osk_syansai_hana

今、こんな可憐な花が咲いています。

レースのように繊細な小花です。これは何の花かといいますと…

ガーデニング | コメント (0)

ガーデニング

チーズくまファーム?

2016/6/11

我が家のベランダには色々な植物があります。 osk_20160611rosemaryこちらは最古参のローズマリー。苗を買ってから15年以上のおつきあいです。
四季を問わず花が咲き、今もこんな可憐な花が見られます。

そして、ぜひご覧いただきたいのが…

ガーデニング | コメント (0)

その他(食べもの)ガーデニング

タイのグリーンカレー

2016/6/9

今日は夕方に急に雨が降りだし、昔、タイ旅行に行ったときのことを思い出しました。

ちょっとこじつけ!ですけれど、「タイのグリーンカレー」です。

osk_20160609greencurry_thai

その他(食べもの) ガーデニング | コメント (0)

ガーデニング

キュートなバラが咲きました

2016/4/23

わが家のベランダつ色いミニバラ「ミストラル」
元気になる色今年初めてに花でーす♪
温かみのある黄色。元気さを感じる色です。
長年我が家のベランダにいます。
濃い紫色のお花たち春分の日にもご紹介したローズマリーです。
色が濃く、花の大きさが大き目で存在感があります。
この春の花の盛りは過ぎて種になり、その脇から新芽がグングン伸びているところ。でも、まだつぼみもついていますね。
楽しみなお花こちらは、まもなく開花期のトウテイカカズラ。
清楚な白い花が咲くと、ジャスミン系どりが拡がります。毎年とても楽しみなお花。つる性なので、ネットなどに絡ませると「香りのカーテン」になります。

切り戻しした枝で増やしましたよー。

ガーデニング | コメント (0)

ガーデニング

春分の日のチーズくまガーデン

2016/3/20

今日は「春分の日」。
季節の移り変わりを意識する日です。
これからベランダの植物の成長スピードも速くなるので、いつもより時間をかけて様子を見ながら写真撮影。
ほふく性ローズマリー花盛りのローズマリーは午後ね光を浴びて綺麗!

秋から真冬っにもずっと咲いていて種ができ、自然に落ちた種がたくさん発芽しています。
根元にはこぼれ種が発芽

別のローズマリー(濃色)別の品種のローズマリーは、一回り花が大きく紫色が濃く、もっと密に開花しています。
枝を整理していないので、ごちゃごちゃしていますね。

バラの新芽

真冬に強剪定したバラです。
画像の中央と、枝の左端から新芽が伸びているのがわかりますか?

本当はもっと大きな鉢に植替えして施肥したいです。。。

根元に生い茂ったアイビーに、かなり養分がとられていると思います。

もうすぐ!

スィートヴァイオレットのつぼみ。
植物は自然のサイクルと環境に従って、毎日変化しています。

なかなか丁寧に世話をすることはできませんが、
お花の「見ごろ」を見逃さず、
できるだけ適切なタイミングに剪定や植替えをしたいです~。

ガーデニング | コメント (0)

ガーデニング

イチゴ

2011/5/19

我が家のベランダガーデニングで、唯一の「果実」。
ワイルドストロベリーです!
双子です

ガーデニング | コメント (0)

ガーデニング

ベランダのカベルネソーヴィニヨン

2011/4/21

今年も葉っぱが出てきましたよ!真冬はただの枯れ木

ガーデニング | コメント (0)

ガーデニング

春のチーズくまガーデン

2011/4/18

ワイルドストロベリーがたくさん開花中♪
可憐な姿
いくつか花を摘んだ方が実が大きくなるんでしょうが、欲張りなので全部残しています。
生種だから、今年もきっとたくさんのイチゴが実ることでしょう!

ガーデニング | コメント (0)

ガーデニング

ローズマリーの滝

2010/10/10

花盛り

毎年この時期は、
ほふく性のローズマリーが花盛り。

大好きな薄紫色の小花が、枝にびっしりと。

花の大きさは7〜8ミリ程度と小さいのですが、
まるで枝垂れ桜のように咲く姿は、見ごたえがありますよ。

そこにミツバチがやってきて、一生懸命蜜を集めている姿を見るたびに、「このハチミツを食べてみたい。。。」と、自家養蜂の妄想をしてしまいます。

塀を覆うように

ローズマリーには、たくさんの種があり、樹形によって、立ち性〜半ほふく性〜ほふく性などに分類されています。
このローズマリーは「ほふく性」なので、ベランダのプランターから、まるで滝のように垂れ下がりながら成長しています。
この1年で50〜60センチくらい伸びました。

ちょっと混み過ぎているので、枝の整理を兼ねてリースをつくろうかしら…と思っています。

ガーデニング | コメント (4)

ガーデニング

ローズマリー

2010/7/2

品のある姿です
今日から7月。
2010年も後半に入りましたね。

画像は、おなじみ「くまガーデン」のハーブ。
ローズマリーです。

一年に何回咲くんだろう〜と感心するほど、
何度も、たくさんの小花が咲きます。

寒い時期にも、暑いときにも咲いているような…。

花は、数日で落ちてしまいますが、種子ができ、その種子が落ちて芽が出て、自然に増えていきます。

挿し芽などで簡単に増やせるローズマリーは、実生栽培には向かないと言われますが、こぼれ種から成長したものは、その環境に慣れているせいか、うまく育てられることが多いようです。

常緑の葉は、お肉や野菜のグリルどりづけにしたり、ハーブティやハーブバスなど、いろいろ活用範囲の広いローズマリー。

いつでも使いたいときに穫れて、お花の観賞までできるってすばらしい。

スーパーや百貨店で売っているハーブのパックよりも、ホームセンターなどで売っている苗の方が安いことが多いと思います。
とっても丈夫なので、ガーデニングビギナーの方にもお勧めです!

ガーデニング | コメント (2)

  1. 大阪トップ
  2. 「健康」美食家への道2
  3. ガーデニング

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更