1. 大阪トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 明石観光案内所に〝西灘〟の地酒が4月から登場

明石観光案内所に〝西灘〟の地酒が4月から登場

明石観光案内所に〝西灘〟の地酒が4月から登場

Service

ノスタルジックな風景に出合える明石の旅を

 300年以上も前から酒造りが行われ、神戸の灘に対して〝西灘〟と呼ばれる酒どころ、明石。この西灘で生まれたおいしいお酒を多くの人に楽しんでもらいたいと、明石観光案内所では4月から地酒の販売をスタートします。明石観光案内所の武田佳寿子さんに、地酒のこと、まだあまり知られていない明石らしいスポットなどを聞いてみました。

180330_osk_人物_DSC00684

<Profile>

2017年5月から明石観光案内所で、市内観光名所の案内や最新スポット、イベント情報を発信。明石のキャラクター「パパたこ」のグッズや特産品の販売も行う。「私の好きな明石の風景は、年末の魚の棚商店街。行きかう人が大事そうに焼き鯛を抱えている姿にほっこり。そんな明石の魅力を、明石観光PR隊長でもある『パパたこ』と一緒にもっと広めていきたいです」

─なぜお酒を販売することに?

 明石観光案内所は、2016年2月、明石駅コンコース西側にリニューアルオープン。そのときから、冷凍の明石焼(玉子焼)やタコ飯の素などの特産品を販売しています。すると、お客さまから「地酒も買えるようにしてほしい」という要望が寄せられ、この4月から販売することに。明石の地酒の魅力は、山田錦など播磨の大地で育ったおいしいお米と六甲山系最西端の良質な水を使い、江戸時代初期から続く伝統の技で仕込む味。昔からのファンはもちろん、「明石で食事をした際に飲んだ地酒がおいしかった」と新たにファンになってくださる人も多いです。

─観光案内所で買えるようになると注目度も高まり、新たな名産になりそうですね

 お客さまに人気の明石グルメは、1位が明石焼(玉子焼)、2位がタコ飯、3位がアナゴ。ここに地酒がランクインしてくれるようになるとうれしいですね。また飲んで楽しむだけでなく、酒造りを間近で見ることができる酒蔵巡りもおすすめ。酒蔵のほとんどは明石市西部の江井ヶ島や魚住にあり、古い街並みの中に建ち並ぶ板壁の酒蔵からは、歴史と伝統の重みが感じられます。

─明石で酒蔵巡りができるとは知りませんでした

 確かに明石の観光スポットといえば、兵庫県立明石公園にある明石城の櫓、魚の棚商店街、明石市立天文科学館がやはりベスト3になります。どれも私たちがお客さまにおすすめしているスポットではありますが、明石駅周辺だけで観光や街歩きが終わってしまうのは正直もったいないと感じています。やはり、明石らしい場所といえば、江井ヶ島や魚住のように、古い町並み、静かで穏やかな海、昔ながらの素朴な漁船など、どこか懐かしい風景が残っているところ。明石の中心市街地から西へ足をのばし、ひと昔前を思い出すようなノスタルジックな風景に出合う旅をこれからもっと提案していきたいですね。

─そんな明石の昔ながらの風景の認知度を高める取り組みもされているとか

 明石観光協会では、2017年からフィルムコミッション事業を開始。映画やドラマ、CMなど撮影がスムーズに進行するようサポートするとともに、ロケの誘致にも力を入れています。すでに、バラエティー番組や旅番組のいくつかで明石が紹介されています。

─いろいろな取り組みで、明石はますます盛り上がっていきそうです

 「日本100名城」にも選ばれている明石城は、いよいよ来年築城400周年を迎えます。明石城について学んだり、お城の周辺を散策したりと、さまざまなイベントが開催される予定なので、ぜひ足を運んでいただきたいです。「なぜ姫路城があるのに明石にお城を?」など普段抱いている謎が解けるかもしれません。また明石観光協会では、旅行業の免許を取得し、ツアーの企画や実施ができるように。今は10人以上でなければ参加できない明石浦漁協でのセリの見学なども、ツアーに組み込むことで参加しやすくなりそうです。ご期待ください!

180330_osk_酒蔵2_171203_0101  西灘と呼ばれる明石の酒蔵を訪ねてみては

♪プレゼント♪

明石の地酒300ml(メーカー希望小売価格670円、税別)と明石グルメの〝食べ歩き〟がお得にできるチケット「もぐチケ」(330円)をセットにして5人にプレゼント!

※明石の地酒写真はイメージ(実際にお送りする商品は、写真と異なる場合があります)
※写真の「もぐチケ」は平成29年度のもの。実際にお渡しするチケットは内容が異なります

180330_osk_プレゼント_P1020242

■問い合わせ

明石観光案内所
〒673-0891 明石市大明石町1丁目1-23 明石駅コンコース西側
:078-911-2660(平日午前9時〜午後7時 ※土・日曜、祝日は午後6時まで)
明石観光協会
〒673-0886 明石市東仲ノ町6-1 アスピア明石北館7階
:078-918-5080(定休日:月曜、年末年始)


同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 明石観光案内所に〝西灘〟の地酒が4月から登場

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更