1. 大阪トップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. 住宅購入までに貯蓄はいくら必要?

住宅購入までに貯蓄はいくら必要?

住宅購入までに貯蓄はいくら必要?

Q:質問

住宅購入までに貯蓄はいくら必要?

 2年後に3800万円程度のマンション購入を考えていますが、いくら貯蓄をしておけばよいでしょう。また、この先、育児に専念したいのですが、私が仕事を辞めてもやっていけるでしょうか。第2子の出産も望んでいます。貯蓄は現在500万円、ボーナスは年80万円あり、10万円ずつを夫婦のお小遣いにしています。

(吹田市K・A)

A:回答

家計を見直し、これから月8万円は貯蓄を

 例えば2年後、手元に200万円を残し、自己資金500万円で、借入期間30年、金利2%の元利均等返済の条件で3300万円借りるとすると、毎月の返済額は12万2000円になります。

 ただ、自己資金が多いにこしたことはありません。仮にこの先、毎月8万円貯蓄、ボーナスからも70万円貯蓄し、自己資金を約130万円増やしたとすると、借入金額は3170万円に。毎月の返済額は約11万7000円に減り、30年間の支払い総額の差は約180万円にもなります。

 通信費・被服費・日用品や小遣いなど、支出を見直す余地はまだまだあります。共働きであれば、毎月、収入の2割以上の貯蓄を目指しましょう。

 妻が仕事を続けるのであれば、第2子を出産しても、赤字になることなく乗り切れそうです。また、金利上昇のリスクに対応する余裕もできるので、金利の低い変動金利型を選ぶのも良いでしょう。3300万円を1%で借りると、当初の返済額は10万6000円になります。

 妻が仕事を辞めた場合、夫の収入だけでは、無理のない借入金額は1800万円になり、3800万円の物件購入は厳しいでしょう。

(三菱UFJ個人財務アドバイザーズ、CFP 和田千鶴)

暮らしの設計相談 家計簿

 1カ月の家計簿と相談内容、〒住所、氏名(紙上では匿名)、電話番号を書き、〒556-8515(住所不要)サンケイリビング新聞社「設計」係へ。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. 住宅購入までに貯蓄はいくら必要?

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更