1. 大阪トップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. 教育費と老後の準備が重なりそう…

教育費と老後の準備が重なりそう…

教育費と老後の準備が重なりそう…

Q:質問

教育費と老後の準備が重なりそう…

 住宅ローンの返済が、夫の定年後まで続きます。教育費と老後資金を準備する時期が一緒になりそうで不安です。児童手当はすべて、子ども用口座に入れています。学資保険(満期金200万円)にも加入しています。ボーナスは年30万円あり、お中元やお年玉、貯蓄にまわしています。現在貯蓄は100万円あります。

(吹田市T・D)

A:回答

お年玉なども貯蓄しコツコツ準備を

 人生の二大支出である教育費と住宅関連費が家計を圧迫して老後を不安にさせています。子どものことを最優先に考えるのは親として当然とはいうものの、教育費に比重を置きすぎると老後資金がたまらず、最終的に子どもに負担をかけることになります。

 教育費に関しては、現在加入している学資保険と児童手当、月々の貯蓄から1万円程度、それに進学や入学のお祝い、お年玉なども教育資金としてコツコツ貯蓄すれば、ある程度、準備することができるでしょう。足りない金額は、奨学金制度を利用したり、アルバイトをして子どもが自らの力で工面できるように、小さいときから自立した生き方のできる子に育てることが大切です。

 支出の中で少し気になるのが通信費と生命保険。どちらも家族の現状を考慮して新しい料金プランを検討したり、保障の見直しを考えてみてはどうでしょうか? 邪魔くさいからと購入時のプランにしていたり、加入したまま放置せず、定期的に情報を集めて見直すことが無駄をなくす最善の策です。

 見直しすることで浮いたお金と教育費以外の貯蓄は、いざというときの生活予備資金や老後資金、住宅ローンの繰り上げ用資金などに充て、少し余裕のある貯蓄プランを目指しましょう。

(CFP いちのせかつみ)

家計簿

 1カ月の家計簿と相談内容、〒住所、氏名(紙上では匿名)、電話番号を書き、〒556-8515(住所不要)サンケイリビング新聞社「設計」係へ。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. 教育費と老後の準備が重なりそう…

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 春号

電子ブックを読む



会員登録・変更