1. 大阪トップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. 子供を大学まで進学させるために、どう働けばいい?

子供を大学まで進学させるために、どう働けばいい?

子供を大学まで進学させるために、どう働けばいい?

Q:質問

子供を大学まで進学させるために、どう働けばいい?

 現在の収入で、子供を大学まで進学させることができるでしょうか。私は来月から、短時間のパートに出ます。保育料と給与を天秤にかけると、手元に残る給与はわずか。2人目、3人目の出産を希望しているので、正社員を目指しても職場に迷惑をかけてしまいます。現状の節約生活を、さらに見直すべきでしょうか。

(八幡市O)

A:回答

正社員も視野に、子供には自立を促して

 普段から支出を抑え、節約を心がけていますね。さて、今後の子育てにかかる金額ですが、家庭の生活習慣や私立・国公立への進学の違いによって個人差はありますが、養育費と教育費で子供一人当たり約3000万円が必要とされています。

 この先、2人目、3人目と子供が増えるにしたがって、その費用負担は現在の家計状況から考えると難しいといえます。しかし諦める必要はありません。今の短時間パートから正社員を目指せば、子どもが増えてもまかなうことができるかもしれません。正社員を目指すなら「しっかり働いてしっかり稼ぐ」を目標にしてはいかがでしょう。子供のためという働き方ではなく、やりがいを持てる仕事を探すべきです。

 子供には、幼い頃から自分のことは自分でするように育てましょう。子育ての中で最も高額となる大学資金も、お年玉やお祝い、小遣いの一部、児童手当、アルバイトや奨学金などを利用すれば、親に大きな負担をかけずに進学することも可能です。そのためには子供一人一人に、“大学資金は自分自身で準備すること”と宣言しておくのもいいかもしれません。

 日々、頑張って節約をされていますが、それも限界がありますので、決して無理はしないように。

(CFPいちのせかつみ)

家計簿

 1カ月の家計簿と相談内容、〒住所、氏名(紙上では匿名)、電話番号を書き、〒556-8515(住所不要)サンケイリビング新聞社「設計」係へ。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. 子供を大学まで進学させるために、どう働けばいい?

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更