1. 大阪トップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. 現在の貯蓄で子供2人の教育費は大丈夫?

現在の貯蓄で子供2人の教育費は大丈夫?

現在の貯蓄で子供2人の教育費は大丈夫?

Q:質問

現在の貯蓄で子供2人の教育費は大丈夫?

 妻のパート代は全額貯蓄に回すようにして、月々の赤字はボーナスで補填しています。貯蓄は現在約900万円あります。子供2人の大学進学の費用は、これでまかなえるものでしょうか。また、老後を考えると、貯蓄はこのペースで大丈夫でしょうか。この収入なら、どれくらいがんばったらよいですか。

(尼崎市・Sさん)

A:回答

食費のスリム化などでボーナスを貯蓄へ

 子供の教育費の負担が増える時期ですが、妻の収入は全て貯蓄に回すと決め、がんばっておられます。月々のボーナスからの補填を減らし、ボーナスからもまとまった貯蓄ができる形が理想。しっかりと引き締めをはかっていきましょう。

 支出の中で見直しができそうなのが食費です。理想的な割合は手取りの15%程度なので、一度に減らすのは難しいと思いますが、徐々にスリム化して、最終的には2割カットを目指してください。また、妻のお小遣いは2万円とのことですが、収入から見ると高め。しばらくは1万円~1万5000円に抑えることを目標にしましょう。以上の見直しができれば、年間約100万円の貯蓄が可能になります。

 私立大学の入学金・4年間の授業料などには、約450万円かかります。これ以外にも、受験費用や通学定期、テキスト代などさまざまな支出が予想されますが、今ある貯蓄以外に学資保険(月5000円×2人)にも加入しているため、ある程度クリアできそう。

 老後のお金も不安なようですが、子供が独立した後、退職までの時間があるのがご相談者の強みです。教育資金が一段落してから老後資金の準備を始めても大丈夫ですよ。

(エフピィ ハーモニー 八束和音)
http://fp-harmony.com/

家計簿

 1カ月の家計簿と相談内容、〒住所、氏名(紙上では匿名)、電話番号を書き、〒556-8515(住所不要)サンケイリビング新聞社「設計」係へ。

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. 現在の貯蓄で子供2人の教育費は大丈夫?

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2018年 冬号

電子ブックを読む



会員登録・変更