1. 大阪トップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. 将来子どもは3人ほしいのですが、難しいでしょうか

将来子どもは3人ほしいのですが、難しいでしょうか

将来子どもは3人ほしいのですが、難しいでしょうか

Q:質問

将来子どもは3人ほしいのですが、難しいでしょうか

 扶養内のパートで働いていましたが、出産後お休みしています。今年2人目を計画中で、本心では3人ほしいのですが無謀でしょうか。昨年、家と車を買い、貯金を崩しました。夫の希望で、10年後には車を買い替える予定です。固定費はすべてクレジット払いで、ためたポイントをガソリン代や美容院代に充てています。

(吹田市・Iさん)

A:回答

妻が正社員で復職することを検討して

 子宝に恵まれたことをキッカケに、マイホームやマイカーを購入するご家庭は少なくありません。将来、3人の子どもがほしいと考えているあなたは、無駄を省いた計画的なやりくりをされています。

 しかし、現状の家計では、貯蓄を増やすことは大変厳しい状況です。将来、確実に子育てのための支出が増えていくことを考えれば、夫の収入だけでは今後の生活に支障が生じる可能性があるため、妻の少しでも早い職場への復帰が望まれます。

 その際、扶養の範囲でのパートから外れてでも、正社員を検討してはいかがでしょうか。子育てに理解があり、フレックス制や在宅勤務、職場に保育所を併設していたり、託児所に対する割引制度を導入している会社なども増えています。長い子育てには重要な選択なので、真剣に探してみる価値はあると思います。また、正社員であれば、産前産後休業や育児休業における一時金や手当、給付金などの社会保障制度がサポートしてくれます。

 何よりも、妻の収入を、赤字の補填と貯蓄に回すことができるので、3人の子どもの教育資金や10年後のマイカーの買い替えのためにも、活用することができそうです。

(CFP いちのせかつみ)

家計簿

 1カ月の家計簿と相談内容、〒住所、氏名(紙上では匿名)、電話番号を書き、〒556-8515(住所不要)サンケイリビング新聞社「設計」係へ。

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. 住まい・マネー
  3. マネー
  4. 将来子どもは3人ほしいのですが、難しいでしょうか

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2018年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更