1. 大阪トップ
  2. 若葉マークの移住通信

プロフィール

  • ヨシコ@信州

    ヨシコ@信州

    2016年5月、息子二人を大阪に残し、東京に住む夫の元ではなく、長野県東御市へ。 住まいは標高1000m。下界が雨の日は、雪や霧。裏庭は熊やリス、鹿が出没する森。大阪生まれの大阪育ちには、驚きがいっぱい。命の危険もいっぱい

カテゴリー

最新記事

最新コメント

ライフスタイル

大阪、長野、どっちを選ぶかと言うと。

2018/7/5

酷寒の冬の見返りに、涼しい夏。

家から車で10分で、標高1700m 湯ノ丸高原。まちがいなく涼しい。20度前後。

夏だけ市内の牧場からお母さん牛が放牧されています。

天然記念物のレンゲツツジは毒々しい赤色。実際に毒があるから牛が食べません。で、このように日本一の天然の群生地となっています。この時季だけは、県外ナンバーも多くて、奈良、神戸、なにわ、を見つけると、運転手が戻って来るのを待ち構えて、「なんで、ここ来たん?」「涼しいやろ」「このあとどこ行くん?」聞きたくなる。

_20180705_190106

大阪北部地震!!

勤務先の健康診断の日。待合でニュースが流れてるけど、みんな無関心。信濃毎日新聞とか見てる。あたしだけ、テレビに映る見慣れた景色にくぎ付け。おお、懐かしい。高槻駅!淀川!隣にいた人に、「あたし、大阪に家があるんです。どうしよう!」。「心配だわね。人に話したくなるわね」。あ、冷たい。大阪人なら、初対面でも「え!!大変やん。ご家族は無事なん?心配やな。うちもな、」って話が弾む(弾んでいる場合でもないが)

もともと地震の週末は帰る予定にしていたので、大阪へ。大義名分、おもいきって12日間休みをとる。

念のため、と、お隣の奥さんと相談して、屋根のチェックをしてもらったら、が~ん!!ブルーシート!!被災住宅6500戸とか言ってるけど、本当はもっと多いと思う。留守を預かる二男は「俺ら、義援金もらえるん?」。もらえるかいな!半壊で5万円とかやもん。

屋根の修繕は順番待ちで、2カ月後になるそう。見積はこれから。隣の奥さんと、同じ瓦にして、おまとめ割引してもらおう!何色でもいいし!

美容院のタイミングでかえるから2カ月あけずに、帰っているけど、大阪、元気やわぁ。たのしいわぁ。インバウンド効果やわぁ。

正月は、伏見稲荷に初めて行った。

春は大阪城。天守閣上がるのに長蛇の列。あんなん入るのが恥ずかしいくらい空いてたのに。公園ではビールでなく、シードルが売ってる。

地下鉄のトイレもキレイ。道案内看板も英語、ハングル、中国語と4か国表記。

ホームレスはいずこへ?

今回は阪神百貨店のスナックパークと、シェイクシャック。オープンしてまもないので、混んでる。おしゃれになってる。スナックパーク、オムライス、398円やったかな、安いわ。カレーも天丼もめちゃやすい。

前回、混んでて席を確保できず撤退した、ルクア地下へ。混んでるけどすいてる。

まず、マグロ。東御にはおいしいお魚がない。大阪に帰る楽しみの一つはお魚。スーパーシェフかわかみに行くのが楽しみ。家にいる日は毎日、さかな。

_20180705_190338 (2)

なにがすごいか、って、写真奥のまぐろ丼。たぶん1200円だった。大トロ、中トロ、赤身、いろいろ分厚く重なりあっている。ご飯2:3まぐろ。

そのあと、オシャレなフードコート(ちゃんとした名前あるんやろけど)で、サングリア、ティラミス、ピスタチオアイスクリーム、などなどで超長居。

まだまだ食べたいもの飲みたいものあったから、翌日、再来!

ビタミンたっぷりスムージー、巨大なピサ1100円、ハムとチーズのプレート、アボカド&まぐろ太巻き。平日昼間だけど、賑わっていて、大声で話さないと声が聞こえない。これが大阪!

THIS IS OSAKA!
_20180705_190602 (2)

このお魚のお店もおススメ。新大阪駅にもあって、地下鉄からJRへの乗り換えの時に寄る。
_20180705_190458

ルクア地下のバルにもあった。これ、いいでしょ、「自分らしくあほらしく気軽に楽しむお店です。上品・美人お断り」。断られたことない。ふ~ん。「店員は目が悪いため」って書いてある。それでか。

映画「ワンダー君は太陽」を見た。いい!!すごくいい!!

映画館がたくさんあるのが都会のいいところ。本屋もたくさんある。

東御市に映画館ゼロ。本屋は小さな書店が2店。長距離バスのチケットを買う時にしか入ったことがない。お客さんいないから、立ち読みできない。

大阪に帰るたび、ずっと田舎暮らしゆうのは私には無理やな、思う。

なんせ子どもの頃からデパート大好きやったし、バーゲンの高揚感も大好き。催し会場も好き。映画も大好き、立ち読み大好き、電車で隣り合っただけの人と盛り上がる大阪人が大好き。店員さんも愛想いいし。大阪が非常にフレンドリーでおもてなし精神にあふれているのに対し、長野、とくに東信と呼ばれる長野県東エリアは、頑なで、おべんちゃらを言ってお客の気分を上げてくれることなんて絶対ない。

離れて分かる、大阪はほんと素晴らしい!観光客がリピートするのも分かる。あんなに楽しく面白くて、外食が安いところはない!

でも仕事があるので、東御に帰ってきたら、うれしいうれしいベリーシーズン!
_20180705_190659 (2)

仲良くしてもらっている、某有名ヴィンヤード(ワイン用ぶどう畑)の片隅にラズベリーが群生。ブドウの手入れで忙しいので、自分で採るならいくらでもどうぞ、と声をかけてもらったから、ほんとうに「いくらでも」収穫させてもらった。東御バンザイ!(なんやねん、どっちやねん!)

明後日に大阪から友達が来るので、もう一回行く!!

すっかり都会人になって帰ってきたので、地元の人は絶対行かない、都会からの観光客しか行かない「ヴィラデスト」へ。玉村豊男さんのお店。

ひさびさにいったけど、やっぱ、ここはええわ。東京や軽井沢の観光客がリピートするのも分かる。ここには、「おもてなし」があって、心地いい。景色は、見慣れたけど、やっぱり、ここはいい。ここも今週末、また行く!

_20180705_190626 (2)

東御のお店は行き尽くしたから、遠征もする。

これは、茅野のマクロビスイーツ。おいしいのかこれで正しい味なのかわからんけど、豆腐クリームのパフェ。

_20180705_190226 (2)
これは、お隣の上田にできた「kadokko」。かどっこにあるピザ屋さん。

レビューをみてて、もしかしたら?と思ってたら、軽井沢「エンボカ」で5年間ピザを作っていた人が子育てを機に独立。生地がもちもちおいしいの。これはミョウガ、アスパラのハーフハーフ。11時半~4時営業で、夜は営業しません。

東御のお気に入りのレストランも子育てが大事な時期だから、と日曜日を休む決断をしました。

「働き方改革」なのかな。

30代モーレツに働いて、子育てを顧みる間もなかったけど、そんなに後悔はない。子どもも普通の社会人になった。当時の同僚たちとは今でも交流し、これからも友達でいられるだろう。苦しみを共有した友達は、人生の宝物。

_20180705_190032 (2)

ライフスタイル | コメント (0)

ライフスタイル

もうとっくに真冬

2017/12/5

line_1512429775757

12月5日(火)今朝はこんな感じ。一応快晴の朝。毎朝、窓を開けるのが怖い。

夜中にゴーゴー吹雪いていた朝は、特に。今日は妙に静かだと思ったら、しんしんと降っていたんでしょう。火曜は仕事が休みなので助かった。車の雪落とし、フロントガラスの霜取り、雪かき、出かけるのは大変。凍結はそれ以上に大変。

DSC_3218

先週土曜は、軽井沢へ。晴天!紅葉もとっくに終わって、渋滞もない。浅間山の雪はまだまだら。

庭の木の葉が落ちたから、朝は、冠雪の北アルプスがリビングから光って見える。雪山は美しい。秋空

これ、先月、この秋の一番きれいな空。近所の畑。

冬野菜

いろんな野菜もこのころはまだあった。はぶきをいろいろもらって楽しかった。黄色人参はフルーツの甘さ。目隠しして食べたら、人参だって分からないかも。

 

DSC_2957 (2) レストランもお野菜いっぱい。これ、下にカルパッチョあります。見えないほどのお野菜。この多くが、上写真の畑で穫れた有機野菜。生産者とシェフの距離が近い。どちらも人となりを知って食べるからありがたさも倍増。安心感も。そして、東御の野菜はなんておいしいのだろうと、その都度思う。

栗パフェ寒くなる前にあちこち信州旅行~🏁。毎年、市田柿を買いに伊那へ行っています。ことしもついでに「花の里いいじま」の隣にある「信州里の香工房」(恵那川上屋)で、伊那栗をおこわ&パフェで! 和菓子はもちろん、洋菓子もおいしいのです。二子玉川の東急フードショーなどにもお店があったかと。おいしいのは栗きんとん。栗を裏漉ししただけ。食べたら、これぞ栗!甘すぎない味もほろほろ感も。日持ちしません、しかもすごく小さな一つが200円以上したような。

DSC_3111 (2)

栗と言えば、小布施が有名。で、小布施へ。でも小布施ワイナリーに足止め。

写真は撮影禁止なので、駐車場の写真を。

「よくぞ諦めずに私たちの蔵を見つけ出してくれました。私達はのどかな田園風景と素材に囲まれひっそりと佇むあか抜けない小さなワイン蔵です」と。

とんでもない!!あか抜けまくってます!!

試飲ルームは松本民芸家具やアンティークで整えられ、ドイツやフランスの田舎町のワイナリーみたい(行ったことありませんが)。ブドウ栽培にはたくさんの農薬を使いますが、今の流行りは、減農薬の「自然派ワイン」。あくまで「減」農薬。

ここには、無農薬のワイン「サンシミ」があります。1団体1本しか買えません。売ってもらえないのです。もともと生産量が少ないのと、少しでも広く多くの人に味わってもらうためでしょうか。私には1本買う権利がありますが、買えませんでした(理由は察して)。試飲するお金は持ち合わせていたので、カベルネ・ソーヴィニョンとシャルドネを試飲。赤はシブくて喉が痛くなるので飲めないのですが、あれ??すーっと入っていく!口の中に長~く余韻が。重いのに、軽やか。やはり、ワインはお値段に比例します。外国のワインは安くても美味しいこともありますが、長野ワインに関しては、誰もが美味しいと思うワインは必ず高い。

DSC_3630

ついに撮影成功!!見えますか??お庭のリスちゃん。

ねずみか?いやリスよね、これ。リスって冬眠するのかな。

あたしも冬眠したい。

ペレットペレットストーブも購入!!

温かい♡

大阪の家より暖かいかも。

年末年始大阪へ帰るのが今から楽しみ。10日前まで大阪に1週間帰ってたのに。

大阪は湿気があって寒くても暖かいわ。

こっちにも友達増えたけど、大阪の友達の方が今でも近い感じ。年末は忘年会、明けたら新年会を用意してくれてる。帰るで、大阪。ふるさとは遠くにいて思うもの。今なら分かる。大阪ええとこ。夏を除く。

ライフスタイル | コメント (0)

移住あれこれ

収穫の秋から道路凍結&冠雪の真冬へ

2017/10/25

りんごの旬は週代わり。

職場でもらった秋映が美味しくて、もう一回頂戴って言ったら、もう秋映は終わったから、シナノスイートねって、段ボールでシナノスイートを持ってきてくれた。これで終わりで次はシナノゴールド持ってくるねって。旬は一瞬。1週間から10日ほど。リンゴのき

これが秋映。童話の挿絵に描かれているような、真っ赤な大きなリンゴ。果肉がしっかりしてて歯ごたえがいい。香りもいい。甘すぎずいくらでも食べられる。

下はお馴染み紅玉。東御市のお菓子屋さんでアップルパイになります。とれたてリンゴでアップルパイ。しかも320円でボリュームもある。

リンゴ

アップルパイ

クルミが豊作!!東御市はクルミの生産量日本一。

青い実→茶色く→長い竹竿で叩き落として→外果皮をむく→生のクルミは手で割れる

生くるみ、これ、クリーミーでいつもの干したクルミとは大違い。

生クルミは、天日で2~3週間干して乾燥させて出荷。今年は豊作だから安いかも??あたしでも躊躇なく買えるかも。

青いくるみ

完熟くるみ

おちたくるみ

むきくるみジャムの試食でおなじみの「サンクゼール」のワインフェスタにも行ってきた。

おしゃれだ!!東御のワインフェスタはJAの駐車場。えらいちがい。

でもワインは高め。漬け込んで3日目の醗酵途中のワインもワイナリー内限定で飲める。ほとんどジュース。軽い炭酸。アルコールに弱い私もどんどん飲める。一杯300円だし。

フェスタ

結婚式

人前結婚式も♡

知らない人なのに、お母さんの気持ちになって、涙ぐんでしまった。

これは愛のキャッチボール。誓いの言葉を交わしながらキャッチボール。新婦は2回キャッチできず。大丈夫か??

銀座ながの夫はワインにはまったかと思いきや、日本酒の方が安くておいしい~と、最近はひやおろしにご執心。

男ははまると、深くはまる。コーヒーにも凝っている。

で、自分の誕生日プレゼントに、とうとうデロンギのこんなものを!!

わたしのお給料を余裕で超えている。

デロンギ

トマトそして、節約家の私は、お手伝いしている畑の青いまま捨てられているトマトをせっせと拾い、シロップにしたり、ジャムにしたり、焼いたりして、糊口をしのいでいる。スーパーには週イチ行くくらい。外食とパンをのぞけば、食費は月5000円いかないかも。

ようやく快晴の湯の丸高原。我が家からコンビニより近いスキー場。東京オリンピックに向けて、高地トレーニングのメッカとなろうとしている。と、しつこく東御のPR。

周辺はカラマツ林。美しい~

湯の丸トラック

湯の丸木漏れ日

大阪も台風被害大きかったみたい。息子から、樋が外れた、いつもセミがうるさい木が折れたと写メがきた。直してくれ、自分のお給料で。

ここもすごかった。大きな松の木が何本も倒れまくった。あちこちで倒木で通行止め。

庭の木も折れて、道を防いだ。木は重い。びくともしないから、枝切りばさみで邪魔な部分を切った。こんなこともしなあかんねんわ。田舎暮らしって。

台風

せっかくの紅葉も散りまくって。あ~あ

なんとかこの一枚!この公園も駐車場無料。駐車場はいつもガラガラ。人もまばら。

紅葉

台風のあと、農園のみんなで大人の遠足。

いつもお野菜を配達している中軽井沢のハルニレテラスのイタリアンでランチ。農園のお野菜を中心にメニューを組み立ててくれた。畑でいつも見ている野菜がオシャレにおいしく!

昨日あたしが摘んだルッコラだ、キュウリメロンはあたしやで、ジャガイモやっぱりおしいね~。

農園主さんは最近大阪弁。「息子が、お母さん、最近、ヨシコさんみたいな話し方してるってゆうねん」。って、めっちゃ大阪弁でゆうてた。あたしは、最近標準語が身についてきた、と思ってたけど。

DSC_2746

ランチのあと、ツルヤ軽井沢店へ。

お買い得コーナー(賞味期限近い商品が値引きされているコーナー)に「やっぱりここからよね~」とゾロゾロ。そのあと、「9円」のもやしをみんな2袋購入。キャベツなんて59円~!余っているのか??でも誰も買わない。畑のはぶき(カタチが悪いなど売り物にならない野菜)がいっぱいあるから、買わない。今や、野菜や果物はもらうか拾うもの、物々交換するもの。

DSC_2749

楽しかったね~毎日こんなだといいのにねぇと言いながら帰路に。

霧が晴れたら真っ白の浅間山が見えた。え~!!!雪降った??

いつもの通勤路である「嬬恋湯の丸線」は「凍結注意」の表示が。

まだスノータイヤ買ってへん。うそやん、まだ10月やで。

家に帰って下界をみたら、こんな感じ。蓼科山も冠雪。(≧∇≦)

DSC_2751

 

移住あれこれ | コメント (4)

ライフスタイル

ぶどう収穫の秋、芸術の秋

2017/9/29

 

DSC_1721

ほんと、信州は美しい

スマホで撮っても、こんなに美しい。

連休、3ヶ月ぶりに大阪に帰ることに。

DSC_2041

節約して、長野インターから高速バス。13時30分発→19時30分 千里ニュータウン着。

夕焼け空がすごくきれい。

ワクワク。子どもに会える!わたしの部屋で眠れる!シェフカワカミで魚を買うぞ!

大阪は台風で、めっちゃ涼しい。

こんな写真撮ったことないのに、

DSC_2051

いつもの街がすごくカッコいい都会に見えた。やっぱり、いいわぁ。大阪。

帰省の交通費の足しに、コラボ食堂出店。しかし台風のため、不発。おいしいのにねぇ。

まかないが超豪華で、お手伝いのお友達にも喜んでもらえたから、良かった。

DSC_2048

真ん中のガラス器に入っているのがシャインマスカット。

東御市は巨峰、ナガノパープル、シャインマスカットなどぶどうの生産が盛ん。

壁掛け

こんなオシャレなのもある。部屋に吊るして、摘まんで食べるんだって。

シャルドネ

これはシャルドネ。ワイン用ぶどう。

東御はワイン用ぶどう畑もたくさん。

摘み取りは手作業なので、この時期ボランティアを広く募集。

なので、行ってきました♬ 大阪から5人、東京から一人、地元の友達、計8人で。

口もよく動くけど、手も良く動く。

収穫サブ

ランチ

そのぶどう畑のぶどうでできたワインを飲みながら、ランチ。

ウソみたいにオシャレな生活~!!うれしくて笑いがとまらん♡

DSC_2099

黄色いコンテナいっぱいで18kg。

ぶどう1kgでワイン一本。

DSC_2065

しかし・・・暴飲暴食、運動不足の結果。このような恐ろしいことに。

「ほぼ実年齢!」と若い友達に笑われ、検査してくれた生命保険のお兄ちゃんは申し訳なさそう。

DSC_2152

これ、昨日(9月28日)のNHK天気予報。

なんやねん!最低6℃、最高25℃て。

DSC_2154

で、これが今日。家から20メートル。紅葉してるとか?

うそ~!

血管年齢は61歳でも、わたしは、長野にきて、病院に行ったことはありません。

咳もでないし、鼻が詰まることもない。発熱もない。

朝晩の気温差、昨日と今日の気温差、過酷な環境に耐えうる健康なカラダ。

亡き母に感謝。丈夫に育ててくれて、ありがとう。

ここに連れてきてあげたかったわ。

 

明日から東御市では「天空の芸術祭」が始まります。

スカイガーデン

かやぶき

茅葺の家。雨音を楽しむインスタレーション。

雨粒のカーテンごしなら、この眺望はどんな風に見えるのかな。

眺め

迷路正方形巨大迷路

中もカラフル。楽しく迷えます。

 

ライフスタイル | コメント (3)

ライフスタイル

夏は短し!

2017/8/10

猛暑のようですので、涼しい写真を一枚

川中軽井沢のハルニレテラス。サンダルに素足では、トイレが近くなります~

 

いやぁほんま、涼しいっす!

台風一過、東京が37℃を超えて大騒ぎしているというのに、標高1000mの我が家は、夕方には20℃を割って、超涼しい。

いつもの農園では、トマトを収穫しながら、「みんな暑くて大変そうよね~わたしたちは、そろそろ毛布がいるよね~」と優越感♬

クモの巣これは、雨上がりのクモの巣。キラキラしてめっちゃきれい。クモは嫌いだったけど、今は全然平気。畑には野ねずみさんと時々遭遇する。お互いびっくり!って慌ててしまうけど、もう慣れたかも。

梅もようやく干した。山の天気は変わりやすいから、絶対晴れる日が3日続く日を狙っていたら、こんなに遅くなってしまった。梅干し

もうこれだけ涼しいなら、冬寒いのはやむなし。納得して、受け入れよう。覚悟を決めよう。

で、雪の坂道にくじけないよう、4WDを購入!!このトシで初めて自分の車!!エレガントなダークレッド♡内装もシック♡

大阪ナンバーは目立つから、「昨日、ツルヤ行ってたよね?」とか、「昨日、すごく飛ばしてたよね」とか、いちいちめんどくさい。長野ナンバーになったからもう安心♬

車

駐車スペースは、大阪から来た友達が、スコップやら鍬やらで広げてくれたから、3台駐車可。広い庭に大喜びして、家庭菜園を夢見て買った家だけど、根気なし&飽きっぽいわたしには、向いてなかった。今やワイルドガーデン。自然農法ということで、雑草にまぎれてお野菜が適当に育っています。

自宅畑

お隣に回覧板を持っていく道は、東京からの部活合宿の生徒らが写生に励んでいます。だから熊の心配なし!安心して届けられます。

夜は定番のキャンプファイヤー。

スケッチキャンプファイヤじゃんけんゲームとか、楽しそう。去年もこの時は、子どものことを思い出して切なくなった。こんな時もあったんやろな、って。

明日から2泊予定で、息子たちがやって来る。もう大人だから、かわいくないけど、やっぱり、会えるのは楽しみ。で、帰るとき寂しくなる。

お花su-pu一応お花も飾る。桃のスープも試作。

涙ぐましい努力。きっとだれも花に気づかず、桃のスープも「こんなんせんで桃をふつーに食べたい」、ゆううんやろな。

ライフスタイル | コメント (2)

ライフスタイル

ブルーベリーにラズベリー、トウモロコシにフェンネル(^^♪

2017/7/5

おいしいたのしい夏が来ました~

大阪からお友達が夜行バス往復で遊びにきました。

「(大阪へ)帰ってけえへんのわかるわ」

そやねん。帰る気ゼロ

夜は20℃超えることないし、水は冷たいし、そして!!

おいしいものが激安orタダやねんもん。

ブルーベリーも最盛期。生でも甘いトウモロコシもまもなく直売所に並ぶ。

たわわ2

イエローラズベリー

DSCF0810

フェンネルも大きな株が150円。

イベントに行けば、こんなすご~い牛肉が食べられる。

肉手いり

DSC_0792 (2)

DSC_1010

省きのミニ人参は、わさっともらえる。

DSC_0983とうもろこしは皮ごと焼く。蒸し焼きになるから、めっちゃジューシー。

レストランに行けば、今日、たくさん採れたからと、帰りにコリンキーや丸形ズッキーニを持たせてくれる。

 メインよこ (2)

車で10分+リスト5分で天然記念物のレンゲツツジの群生。

黒い影が動いて、「熊か!!」どよめいたら、放牧牛。

ツツジと牛 (2)

熊は出るらしいけれど、まだ遭遇したことない。したくないけど。鹿も出るねんて。ほんで、車にぶつかって、車が大破するねんて。でも鹿保険とかないから、修理は実費やねんて。

 

東御にやたら詳しくなってしまったから、友達の観光案内も、全力投球。

大雨なのに、軽井沢ビール工場見学(500円で生ビール+お土産の缶ビール)千曲錦酒蔵で試飲しまくりツルヤ軽井沢店でお買い物

小雨の中、鮎の塩焼き。寒いけど、お外で乾杯~

1498902617676

DSC_0908 (2)

翌日は、湯の丸高原嬬恋キャベツ畑海野宿(蕎麦)→道の駅でお買い物アトリエドフロマージュでお買い物→フレンチのディナー→もう閉まって真っ暗になった市中心部の商店街散策

DSCF0828

「おはぎ定食

DSCF0513東御はくるみの生産量日本一。クルミおはぎは定番。レストランでは、地元くるみを使ったアイスがデザートに出ます。

「これ、めっちゃおいしいねん、買っとき」「この農家さんめっちゃええ人やねん、かっとき」。

たくさん買いすぎて持ち帰れず、日本酒や地ビールは、我が家でキープすることに。

8月末までイベントや来客予定がいっぱい。

その後は、去年鬱になりそうになった寂しい秋がやって来る。

怖いな。

でもそれはその時考えよう。

とりあえず、今を楽しもう。今を味わおう。

ライフスタイル | コメント (2)

移住あれこれ

回覧板を回すのも大変

2017/6/11

今朝の気温4度

どないなってるねん~!

灯油ストーブつけたやん。

 

昨夜、そろそろお風呂が沸いている頃やなぁと思って、服を脱いで、

ん?

浴槽にはほんのちょっとしかお湯が入っていない。

慌てて、お湯を足そうとするも、ウンともスンとも言わない。

給湯器が壊れた?!

その後、ガスコンロの火もつかないことが判明。

 

で、今朝、ガス管理に電話。ぬあんと、プロパンガスが空っぽになっていることが判明。

毎月、検針に来て、高いガス料金請求してるのに、残量確認してへん。信じられへん。

長野にも大阪ガス引きたいわ。

これ、真冬やったら、凍死するやん。

 

朝晩は寒いながら、風景は春です~

暑くないです、湿気もありません。

 DSC_0658

DSC_0679

庭では、毎日豆腐パック1杯分のイチゴが穫れます。無肥料、無農薬、水やりなし。楽勝。

住民票を移したので、回覧板も回ってきます。しかし!隣の家が遠い。

DSC_0675

ゆるやかに登って

DSC_0676さらに進んで

DSC_0677ようやくお隣さんが見えてきます。隣ってゆうのかなぁ、こんなんで。 

 

勤務先の駐車場周辺は、まるでお花畑。

だれも摘まないから、摘めない。

花は花瓶に生けるものでなく、あるがままを楽しむもの。

DSC_0652

DSC_0653

DSC_0654

DSC_0655

DSC_0656

DSC_0657

北アルプスには残雪。銀色に光っています。

 DSC_0938 (2)

近所のレストランでは、お祭りも。

有機野菜のマルシェをお手伝いしながら、ピザ食べて、豚丼食べて、売り物のサラダカップ食べて、ふるまいの牛乳&リコッタチーズ食べて、パンと蜂蜜を買って、地ビールのオラホビール飲んで、東御ワイン飲んで、生ハム食べて、朝から晩まで、のんびり。以前のせっかちな私ならありえへんな。

DSC_0643

 

ピザに目覚めたので、佐久の「ジンガラ」へ。

眺めがスバラシイ~!

DSC_0635

 

 

昨年ブログに書いた、安曇野北アルプス牧場のソフトクリーム、昨日食べてきました。

1497178822177

一年間、あちこちでご当地ソフトクリームを食べたけれど、やはり、ここのは、一番牛乳の味が濃くて美味しい。ちょっと小さくなったかな。320

帰りに、松本によって、開運堂の日替わりソフトクリーム。この日はストロベリー。塩小豆の日だったらもっと嬉しかったけど、ワッフルコーンで320円。大でも並でも320円。ロボットが作るから、人件費がかからないから安いのかな。

1497178923600 

観光シーズンはまだみたいで、いつも行列の「野麦」にすぐ入れた。

細くてピカピカ、上品な喉ごしのいいお蕎麦。信州はやっぱ、蕎麦!

1497178842014

1497178861869

大阪に帰りたかったけど、遠いから、東京に行ってきた。

ついに乗った!北陸新幹線。

トイレはウォシュレット。1時間しか乗らないのに、確認のためにわざわざ利用した。

 DSC_0507

地下鉄に、ほれ!大ちゃん。大ちゃん久しぶり。いいねぇ、大ちゃん。

 

で、いつものように、新富町の「クーリ」へ。

DSC_0519

上に載っているのは、カタバミ。雑草やなかったんや~!食べられるんや~

食前酒は、ルッコラとパイナップルのカクテル。

 

そして、前回ブログで紹介したイケメンシェフの「グースケ」(佐久市望月)で教えてもらった「もうひとつのだいどころ」(池袋)へ。

DSC_0523

生産者さんの顔の見えるお野菜だけを使った、身体に優しく、かなりオシャレなお店。

なぜ、池袋なのか?青山か代官山にあれば、もっと集客できるのに。

東京の暑さと、人の多さ、欲しいものの多さに疲れて、

帰ってきた。

節約して、帰りは高速バス。

夕方6時で、歩いている人はいない。

 

 

 

移住あれこれ | コメント (2)

おでかけ

PPKって知ってる?

2017/5/16

「どうして関西弁なの?」と、小学生

「そんなもん大阪のおばちゃんやからにきまってるやん」

「関西弁話して~!」

「だから今話してるやん」

大阪弁、人気です。

 

いくら元気な大阪のおばちゃんでも老後は心配です。

早く行っとかな、と前々から思っていた「ぴんころ地蔵尊」に行ってきました。

東御のおとなり、佐久にあります。

osk_0515ぴんころ

向き合って、頭を撫でて、手を合わせます。柔和でかわいらしいお顔。不機嫌な時でも、彼女(彼かな?)と向き合えば、微笑んでしまいそう。

売店には、「PPK」が並んでいます。

PKO?TPP? osk_0515PPK

ぴんぴんコロリでPPK

 

佐久には、中山道の宿場町が多数あります。

しかし、私の関心事は、寺社仏閣や伝統的建造物ではなく、もっぱら「食」。

望月宿は、ここ1,2年、都会を経験して故郷に帰った若者がカフェ、レストラン、チーズ屋さんなどを開き、話題になっています。

PPKの帰りに寄ったのはイタリアン「グースケ」。

外観は、場末も場末の喫茶店のまま、内装はDIYでオシャレに改装。

地元望月野菜を使い、パスタは地粉を使用。

osk_0515グースケ

ゴボウと黒豆のボロネーゼ(なのかな)、しみじみ深い味。どこか懐かしい味が身体に染み入ります。

うるいとシラス、きのこのパスタ。うるいはこんな風に普通に使えばいいのか。

豚のローストのバルサミコソースもいい塩梅。

店内は満員。それでもお客さんが次々やってくる。そのたび、シェフは手を止めて、丁寧にお詫びする。

そして!!!

超イケメンなんですぅ!

それにめちゃ感じがいい。

宮下純一を控えめな雰囲気にして、華奢にした感じかな。

こうなると、大阪のおばちゃんは話しかけずにいられません。

どうしてここで?前はどこのお店で?うるいは生でも食べれる?パスタに特別な香辛料いれてるよね?

「故郷です。望月の野菜がおいしいので」「青山で。その後、東御のヴィラデストで」「生で食べられます」「レモンの皮で香りをつけています」

おお!またしてもヴィラデスト!

ヴィラデスト出身者は、腕も確かなら、おもてなしも完璧。

 osk_0515うるい

これが「うるい」。いただきものです。下部は生でサラダに。真ん中はさっと茹でて酢味噌和え、葉は天ぷらにしました。

フワフワのよもぎを見過ごすことができず、よもぎ餅をつくりました。あんこを買いに行くのが面倒なので(一番近いスーパーでも6キロ以上ある)、これまたいただきものの花豆をあんこに。すっきりした甘さです。

osk_0515よもぎ

農園のお手伝いで間引いた大根もちゃっかりいただいて、サラダに。 osk_0515間引き菜

鉄ちゃんの夫のたっての希望で、碓井峠へ。新幹線が開通するまで、東京と軽井沢を結んでいた碓井峠。廃線やトンネルを歩きます。

眼鏡橋まで往復4キロ歩いて、次は車で橋の下に回って写真撮影。鉄ちゃんは、敏捷に動いてあらゆる角度から撮影。わたしはスマホでこの1枚。

osk_めがね橋

そこへ「峠の釜めし」トラックが通過~。スマホでもう一枚。

osk_0515かまめし

「峠の釜めし」で知られる横川駅は、すぐこの先に。

 

横川駅に蒸気機関車が止まっていました。

「めっちゃラッキー!!テンション上がってきた!」

もう止められない。小躍りせんばかり。ホームを駆け巡り一番レフを構えまくる夫。

わたしは、入場券を買うのも惜しく、入場無料の「峠の釜めし資料館」を見学。

これ、夫撮影。どうでしょう?

osk_蒸気機関車

東京に帰る夫を駅まで送って帰宅。

母の日のプレゼントが次男から届いた。トマト、メロン、パイナップルのドライフルーツ。

osk_0515母の日

 長男?音沙汰なし。想定内

おでかけ | コメント (1)

ライフスタイル

♬大阪LOVER♪

2017/5/9

ひと月ぶりの大阪。

暑ぅ~

よりにもよって、この日は6月並みの暑さ。

 osk_0510korabo

箕面彩都のコラボ食堂のお当番。

信州上田のコラボ食堂で出したレシピで、有機野菜たっぷりのサラダ寿司。

野菜のほとんどはお隣の農園から分けてもらったもの。ほんまありがたい。

 

お汁は、諏訪の真澄の酒粕を使ったかす汁。おいしいお酒の酒粕はまちがいなくおいしい。

キッシュは、シラスと菜の花、ジャガイモ(近所の美人おばあちゃんにもらった)。

冷ややっこの上には、アメーラトマト。もう普通のフルーツトマトには戻れない。甘くて酸っぱくてほんま味が濃い~の。

地元の有機そば粉の蕎麦団子に、クルミ味噌。

彩都の直売所「みまさか」で2300円で買ったタケノコで、春巻き、フライ。数の子と和えてお浸し風に。タケノコは鍋に入らないから皮をむいて、適当に茹でたけど、エグミもなく、爽やかで甘くてやわらか。

 

お客さんが食べている間、赤ちゃんを抱っこさせてもらったり、

会いに来てくれた友達と近況を報告しあったり。

大阪弁、らくちん。楽しい~。

 

予定どおり念願のヨドバシへ。カメラを購入。

これまでスマホで撮っていたけど、ロックされていて撮りたいタイミングを逃したり、望遠機能がイマイチだったりで、ストレスだった。

接写が得意というのが購入の決め手。しかし、相変わらず、ブログ写真はスマホで撮影。手軽やもん。

0510_カメラ

北新地に新店をオープン、メディアにも取り上げられ、すっかり有名になってしまった吹田・岸辺の「シュクレクール」。20分並んで入店。

淹れたてのコーヒーをパンやケーキと味わえるイートインスペースもできていました。

0510_祝れくーる

イチゴや黒コショウ、バジル、豆、ナッツなど練りこまれた素材の組み合わせは意外性に富んでいて、どれもおいしそう。優柔不断で決められず、片っ端からハーフで購入。

それよりなにより、スタッフの神対応に感動。

「雨の中、お待たせしました!」

パンの説明もすごく丁寧。

忙しいのに、キラキラした目で、ハキハキと、生き生きと。

このホスピタリティは大阪だからか?!

持ち帰ったパンは、生地が香り高くて、噛むほどに味わい深く、硬すぎず、心地よい食感。

11時の開店時は込み合うけれど、1時以降なら並ばなくていいそうです。売り切れの可能性は高まりますが。

 

その後、いつもの美容院で、大阪らしいおもてなし(めっちゃしゃべるしゃべる、そんなおもてなしのこと)に癒され、東急ハンズにも行き、

4月末に振り込まれたささやかな初任給のほぼすべてを4日間で使い切り、長野に帰ってきました。 タラの芽

タラの芽がいっぱい!さっそく天ぷらに。

0510_pakuti

 

0510_アスパラ農家さんの間では、パクチーの生産がはやりで、直売所に山積みで売られています。

ホワイトアスパラは、光があたると味が落ちるので、農家さん手作りのケースに入っています。蒸し焼きして塩、でおいしい。来客時には、半熟卵をソースにします。

 

明日は職場の隣の席のママと、タラの芽をコゴミと交換する約束。

大阪では考えられない物々交換。早起きして摘まないと。

osk_0510花畑 

近所のお花畑。春です。待ちに待った春。ヒートテック仕舞いました。

 

 

 

 

ライフスタイル | コメント (0)

おでかけ

パステルカラーの飯山の春

2017/5/2

osk_0502hashi美しい~!

時間を忘れて、丸太のベンチに長く座りすぎて、お尻が痛くなった。 

osk_0502nanohana

飯山市菜の花公園。明日から「菜の花まつり」が始まります。 

すべて、野沢菜の花。800万本。

うぐいすの声も気分を盛り上げます。ひと鳴きごとに尾を震わしています。渾身の歌声です。

 

「菜の花畠に、入り日薄れ 見わたす山の端 霞ふかし」

唱歌「おぼろ月夜」を作詞した高野辰之は、奥信濃とゆかりが深い人。

日本の原風景。ほっとします。

JR飯山駅にはレンタルサイクルがあります。起伏はほとんどなく、景色を楽しみながらのんびりサイクリングができますよ。

お泊まりは、野沢温泉。ここから車で15 

お土産は「木島平」のお米です。

道の駅花の駅「千曲川」で。

スノーキャロットのソフトクリームも人気(これ、去年もブログに書いたかも)。スノーキャロットは生で食べます。人参のクセはなく、フルーツみたい。

箕面のコラボ食堂用に6本購入。酸味だけ足してラペにします。

 

 

素直に認めましょう。

負けた。

飯山のパステルカラーの春には、さすがの東御も負けた。

 

osk_0502kabuki東御には、日本最古の歌舞伎の回り舞台があります。

年に1回、保存会や地元の小学生・中学生による歌舞伎が行われます。

桜の散る中、地べたに座って歌舞伎を見ながら、江戸時代の人もこんな風だったんだなあ、幸せやったんやなあ、と思いをはせます。

平成の今、歌舞伎舞台のすぐそこまで、ワイン用ぶどう畑が広がっています。

新たに、28haの荒廃地がぶどう畑として再生されつつあります。

菜の花の飯山は、ほっこり懐かしい、いなか

東御は、豊かな文化のある洗練された田園。

 

でも寒い、52日の朝、氷点下。明日の朝も霜注意報。

明日は、大阪に帰れる。

うれしいなぁ。暑いのかなぁ。暑くてもいいわ。蒸し暑くてもかまへんわ。

遠慮なく大阪弁がしゃべれる!

デパートも行く!

ヨドバシにも行く!

おでかけ | コメント (2)

  1. 大阪トップ
  2. 若葉マークの移住通信

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2018年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更