1. 大阪トップ
  2. Que sera sera 日記
  3. コドモの本
  4. タメになるのに面白い『はたらく細胞』

タメになるのに面白い『はたらく細胞』

2016/2/24

3TsleFDIeH.jpg

娘が「これ面白いで」と薦めてきたコミック。

『はたらく細胞』
  清水茜/作

身体の中には約60兆の細胞がいて、それらの細胞が個々の役割を担うことで個体は成り立っている。
それら細胞を擬人化し、身体の中に起こる様々な現象を、非常に分かりやすく面白く伝えてくれるコミックです。

天変地異のようなスギ花粉アレルギー、バイオハザード並みに襲ってくるインフルエンザ、キラーT細胞だの、マクロファージだの、健康番組でお馴染の病気や細胔が続々登場。

ちなみに写真で、イってしまったような目つきでナイフを振りかざすスプラッタなお兄さんは、体内に侵入してきた細菌をやっつける正義の白血球です。

とにかく笑えるのに、どれもが正しい生物の勉強になるという話ばかり。
こりゃ、受験生の娘が買い込んで来ても怒れないわ・・・(–;;;。



人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. Que sera sera 日記
  3. コドモの本
  4. タメになるのに面白い『はたらく細胞』

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更