1. 大阪トップ
  2. Que sera sera 日記
  3. コドモの本
コドモの本

ちゃお4月号の付録がパワーアップ

2015/3/8

nRQ39pmg_z.jpg小学館の月刊コミックちゃお4月号の付録がなかなか豪華。

その名も究極まんが家セット!!

約1年前にも同じような付録が出たのですが(過去の記事へ)、それよりもパワーアップした感じ。

写し絵をするための究極ライトBOXは、大きさも明るさも去年版に比べてアップですって。
去年のがまだ残っていたので、並べて写真を撮ってみました。
ブルーは今回の物、ピンクのは去年の物。
確かにデカくなってます。
その他の内容は去年とほぼ同じですが、サイズが大きくなったりして、充実しています。
toXJoYYjD6.jpg
ワタシ的には今回初登場のマルチポーズデッサン人形が好き。
これ、紙で出来てます。
しかも、ちまちま組み立てるという”付録感”が何とも懐かしい。

去年はついていた電池が、今回はついてないこと。
何でも値上がりの時期だしね。
豪華になった分、それは自己負担で頑張りましょ。

コドモの本 | コメント (0)

コドモの本

『おしえて!インフルエンザのひみつ』

2015/1/25

XcedAeZXDH.jpg

子供の学校でもインフルエンザ流行期。
先週の学級閉鎖もようやく解けて、やっと登校開始です。

自宅待機の期間に読むかな、と借りてきたのがこちらの本。

おしえて!インフルエンザのひみつ
岡田晴恵/著
ポプラ社

著者は大学の教育学部で、子供に感染症の危険と予防を分かりやすく伝える方法を教えておられる先生。

そのため、この本は本当に分かりやすいのに、詳しくインフルエンザについて知ることが出来る内容になっています。

「H5N1型」ってよくメディアで目にしますが、ワタクシその数字の意味をこの本で初めて知りました(^^;;

『こどものためのインフルエンザ本の決定版』というコピーに間違いなし。
大人が読んでもためになる本です。
インフルエンザ流行の今ですから、親子でお手に取ってみてはいかがでしょう?

コドモの本 | コメント (0)

コドモの本

親子で楽しい『かあちゃん取扱説明書』

2014/11/19

eVz4nzTHp9.jpg

なんて目をひくタイトルと絵!

かあちゃん取扱説明書
いとうみく/作
佐藤真紀子/絵

いつも母ちゃんに怒られてばかりの小4の男の子。
ところが、ある日。
母ちゃんは褒められると、機嫌が良くなることに気がついた。

パソコンもビデオも扱いを間違えると動かなくなる。
母ちゃんの扱い方をマスターすれば、晩御飯のおかずも、お小遣いも、ゲームも僕の思い通りになるかも!

ということで、母ちゃんの取扱説明書を作ることを思いついた男の子。
取説を作るためには、まず母ちゃんを知らなければならない。
母ちゃんを観察するうちに、気がつかなかった母ちゃんの色々な面を発見していく・・・。

本に登場する男の子も、母ちゃんも、父ちゃんも、他人とは思えない。
ページをめくるたびに、「うんうん」「あるある」と共感するところばかり。

これを読んだ子供はきっと、自分の『母ちゃん取説』を作りたくなるはず。
ワタシの取説を、ウチの子供がどう作るのか、読んでみたいような、読みたくないような・・・(^^)。

親も子供もどちらが読んでも面白い児童書です。

コドモの本 | コメント (0)

コドモの本

絵本『RE・ZOOM リズーム』

2014/11/13

q35K0s46AU.jpg

RE・ZOOM リズーム
イシュトバン・バンニャイ/著

字は全くありません。
絵だけで”魅せる”絵本。

ページをめくるごとに、描かれていくものがだんだんズームアウト(目線が遠く)していきます。
まるでアニメーションを見ているような本。

最後まで観たら、今度は逆。
最後のページから頭に向かってページをめくっていくと、ズームインしていく様が楽しめます。

この絵本、「Re」がついている通り、第二弾となります。
第1弾の「ZOOM ズーム」も面白いですよ。

コドモの本 | コメント (0)

コドモの本

『うさぎのさとうくん こうちゃのうみ』

2014/11/5

hWD01Wz0X8.jpg
うさぎのさとうくん こうちゃのうみ
相野屋由起/さく・え

『うさぎのさとうくん』シリーズの3冊目。

今回もほんわかとした、不思議な世界が広がります。

主人公はうさぎの気ぐるみを着たさとうくん。
(さとうくんって誰?、何故うさぎの気ぐるみを着ているの?、うさぎになってどうするの?、なんてことは気にしてはいけません)

大きい野苺に乗ってぼよんぼよんしたり、

『うさぎのさとうくん』、『うさぎのさとうくん つきよ』も面白いですよ。

コドモの本 | コメント (0)

コドモの本

『今すぐできる!中学生の勉強方法』

2014/10/28

OPEakEafGK.jpg

今すぐできる!中学生の勉強方法
親野智可等/著

親向けの教育指針を分かりやすく提案した著作を多く世に出している親野智可等さん。

そんな先生が書いた中学生向けの本。

無理強いすることなく、勉強することの意味や取り組み方を分かりやすい言葉で紹介してくれています。

さてさて我が娘。
さぁ読め!と渡しても、この手の本は絶対に読まないので、目につきそうな場所にこそっと混ぜておきました。

気になるのでしょうね、ちゃんと読んでましたよ。
実行するかどうかが気になるところ・・・(^^)。

コドモの本 | コメント (0)

コドモの本

つばさ文庫『ジュニア空想科学読本』

2014/9/10

ジュニア向けの角川つばさ文庫
アニメやゲームなどを題材にしたタイトルが多いので、本嫌いの息子も手に取っています。
本を読んでくれるなら取りあえず良し、です。

Lb3aK8ydkZ.jpg
最近読んだのはこちら。

 ジュニア空想科学読本

フィクションの世界の事象を科学的に真面目に解説した本。
大人版はもう何冊も刊行されているけれど、こちらはジュニア版。
子供らに馴染みのあるアニメやゲームを題材に、色々と解説してくれています。

どんなお題について語られているかというと・・

「サザエさん」の終わりの歌で、一家が飛び込んだ山小屋が伸びたり縮んだりします。一体何が起こっているのでしょうか。

とか、

「プリキュア」シリーズの変身シーンはとても長いと思います。変身中にやられませんか。

解説には細かい数値が色々出てくるのだけれど、文体が話し言葉なのですいすいと読めてしまう。

科学的にはありえない事象を、何とか現実にあてはめようとして、無理矢理な展開になるので面白い。
吹き出してしまうかもしれないので、学校の読書の時間に読むにはキケンかも・・・。

コドモの本 | コメント (4)

コドモの本

妖怪ウォッチファンブックvol3

2014/7/12

相変わらず子供達に大人気の妖怪ウォッチ

先日、たまたま行った西友で、たまたま視線を移したサービスコーナーに、さりげなく置いてあった妖怪ウォッチファンブックvol3

こんなところに雑誌がおいてあるなんて珍しー、と帰宅後 息子に話したら、
「西友に置いてたんや!!!」
と、小遣いを握りしめて買いに走りました。

どうやらこの本も品薄の商品だったらしい。
息子は無事に買えたのですが、翌日にはもう無くなっていたとか。
他の本屋さんでも「完売」のお知らせを見ました。
まだまだブームは続きそう。

ZSaw7YWgky.jpg

このファンブックにも、妖怪メダルのおまけつき。
きっと、このメダル欲しさに売れるんだろうな。

ちなみにこれ、「キウイニャン」という妖怪らしい。
あの果物の「キウイ」がモチーフ。
・・・。
フルーツシリーズで色んなメダルを増やそうって下心が見えますな(^^)。

さて、次ち末に控えるのは、妖怪ウォッチの映画前売り。
この券にも、限定の妖怪メダルがおまけにつく。
このメダル欲しさにウチの息子は今からそわそわ。

ちなみに、7/19が発売日で、その詳細が公開されるのが7/15。
ぎりぎりまで発表しないみたい。
焦らすわね~(- -;;;。

コドモの本 | コメント (0)

コドモの本

宮川ひろ「かんぱいシリーズ」

2014/1/16

nZDjUjiT59.jpg
「けんかにかんぱい!」
「わすれんぼうにかんぱい!」

 宮川ひろ 作
 小泉るみ子 絵

息子用に図書館で借りている本ですが、私自身も楽しんでいます。
こちらの本は「かんぱいシリーズ」として、色々発表されていて、
「しっぱいにかんぱい!」「0点にかんぱい!」「ずるやすみにかんぱい!」などなど。

これらの負の体験をした子供たちが主人公。
へこんだ気持ちをもつ子供たちが、周りの人たちとの色々な関わりを通して、負の体験をばねに前向きに進んでいくお話が、色々なエピソードとともに描かれています。

どのお話も温かくて、全シリーズ読みたくなります。
低学年からOKなので、字も大きめ、話もわかりやすい。

今回、この記事を書くにあたり、作家の宮川ひろさんのその他の著書を調べたら、私が小学校っに読んでいた本が出てきてびっくり。
「先生のつうしんぼ」という本なのですが、先生に通信簿をつけるという設定が面白くて、何度も読みました。

作家さんの名前を何も意識せずに読んで、面白いと感じた本が、偶然同じ作家さんだったという不思議。
「先生のつうしんぼ」ももう一回読みたくなりました。

コドモの本 | コメント (0)

コドモの本

絵本「しごとば 東京スカイツリー」

2013/11/22

uQrbPQf0kG.jpg
しごとば
東京スカイツリー

 鈴木のりたけ/著

色々な職種を、緻密な絵で紹介する図鑑のような絵本「しごとば」。

「東京スカイツリー公認本」とあるように、東京スカイツリーの建築から開業までに係わった色々な職種の方のお仕事場や仕事内容が紹介されています。

東京スカイツリーに行く前に読むと、絶対に良い予習本になるはず。

我が家は当分行く予定はありませんが、いつか行く日を楽しみに。

コドモの本 | コメント (0)

  1. 大阪トップ
  2. Que sera sera 日記
  3. コドモの本

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更