1. 大阪トップ
  2. Que sera sera 日記
  3. コドモの日常
コドモの日常

4歳のギモン・・・

2008/8/5

先日、お友達の家でご寲した赤ちゃんが気になったのか、
息子がぼそりと聞いてきました。

息子:「赤ちゃんってどこから生まれるん?」

私:「お母さんから生まれるんやで」

息子:「ボクもお母さんから生まれたん?」

私:「そうやで」

息子:「お姉ちゃんもお母さんから生まれたん?」

私:「そうやで」

息子:「じゃ、お母さんはどこから生まれたん?」

私:「お母さんのお母さん、バァバからやで」

息子:「バァバはどこから生まれたん?」

私:「バァバのお母さんからやで」

息子:「みんな、お母さんから生まれるん?」

私:「そうやで」

そこまで話したのち、しばらく考え込んでいる息子。
話題が性教育っぽい方向に行くのかな〜・・と思っていたら、

息子:「じゃあ、いっちばん最初の人はどこから生まれたん?」

おぉ!生命の起源に考えが至ったようです。

ニワトリが先か、卵が先か・・・
私も上手には答えられません・・・。

私:「そうやねん。不思議やろ?それはまだ誰にも分からへんねん。○○(息子の名前)はどう思う?」

息子:「う〜ん・・・。分からんわ。」

分からなくとも、考えることが大事。
子供のこういう発想はとても面白いです。
ここから会話が広がっていくのは、もっと楽しいです。

そして、私もこういうとっさの質問に答えられるように、いつもやわらかい頭でありたいな、と思いました。

しばらく経って、もう一度この話をしたいな、と息子に話を振ったら、

息子:「・・・?何の話?そんなん知らんわ。」

・・・。
そう4歳児の記憶は揮発性。
話題は「超」旬のモノ。

そのときに、じっくり逃がさずに楽しまないといけませんね。

コドモの日常 | コメント (4)

コドモの日常

トランポリン教室

2008/7/30

どちらかといえば、アウトドア派では無い我が子たち。

夏休みにゴロゴロするのはもったいないので、毎年スイミング教室に行ってもらうのですが、今年は姉弟ともに絶対にイヤ!と拒否されてしまいました。

そろそろ、親の言いなりにはならない年頃に突入してきたのでしょうか。

しかし、せっかくの夏休み。
何か運動して欲しい・・・。

で、探してきたのがトランポリン教室

最初はトランポリンの上で、へっぴり腰でおそるおそる跳んでいましたが、最終日には何とか「ジャンプ」してると言える状態に。

身体の負担も少なく、全身運動が出来、バランス機能も培えそうなトランポリン。
良いじゃないですか☆
地べたで自力で跳ぶよりも、はるかに高くピョンピョン跳んでいる姿は、何より楽しそう・・・。

と思っていたら、先の友人が

「楽しそうやろ〜。跳んでみたいやろ〜。大人用の教室があるで〜」

と。

確かに私も運動不足だけれど。
う〜ん。
どうしようっかな〜???

ま、私のクラブ活動は秋まで保留にして。

当の子供達は3日間、しっかり運動して、ガッツリご飯を食べて、昼寝して、と健康的な日々でした。

しかし。
宿題がほったらかしなのが困りモノ・・・。

コドモの日常 | コメント (4)

コドモの日常

ビニールプール開き

2008/7/27

ホームセンターに行くと、ついつい店内をウロウロしてしてしまいます・・・。

そこで見つけてしまったのが、ビニールプール
しかも屋根付き

う〜ん、欲しい・・・と思いつつ、その日は買わずに退散。

そして翌日、折込チラシを見たら、その一目ぼれプールがセールに!!

これは、買い物の神様が買いなさい!って言ってくれている証拠☆

早速買って来て、プール開きです。

本体と屋根はマジックテープでくっついているので、風ですぐに傾きますが、充分日よけになっています。

屋根付きが珍しいのか、子供達もご満悦です。

この夏はフル活用します!

そして、何より、このプールを自分の息だけで膨らませた私を褒めてやりたい・・・。
(あるはずのポンプが見つからなかったのです・・とほほ)

コドモの日常 | コメント (10)

コドモの日常

魚釣りゲーム

2008/7/19

近所の保育園の夏祭りに行ってきました。

最近の幼稚園や学校は不審者対策で、関係者以外はシャットアウトするところが多い中、この夏祭りは近所の住民にも開放してくれています。
わが子たちも毎年楽しみにしています。

先生だけでなく、保護者総動員で食べ物・飲み物販売や、遊びコーナーを企画してくれています。
迷路やお化け屋敷・ボールプールに工作コーナーなどなど。
お仕事をされていて、ただでさえ忙しいママさん・パパさん達に頭が下がります。

今回、面白かったのが

ビニール袋に色紙を詰めて輪ゴムでしばったものに、目玉シール+口にクリップをつけて、お魚を作っています。

これを磁石を付けた釣竿で釣る遊びです。

これなら家でも子供たちと作って楽しめそう☆

バケツにいっぱい釣って楽しんで、1匹だけお土産に頂いて帰りました(^^)v

コドモの日常 | コメント (0)

コドモの日常

何に見えるでしょう〜?

2008/7/18

先月IKEAで買ったイーゼルは大変重宝しております。
我が子たちや、そのお友達が毎日何かしらのお絵かきをして楽しんでいます。
娘が描いた絵が何に見えるか?を答えるだけの簡単な遊びです。
しかし、娘の絵が独創的なので、なかなか当たらないところがポイントです。


第1問              第2問

   

 息子の答え :机           息子の答え:箱

 私の答え  :鉄棒          私の答え :プール


第3問              第4問

   

 息子の答え :はっぱ          息子の答え:タイヤ

 私の答え  :山             私の答え :ピザ

みなさんは何に見えますか?
ちなみに、どの答えも不正解でした・・・。
回答は後日コメント欄にて・・・。

コドモの日常 | コメント (3)

コドモの日常

4歳、お米研ぎます!

2008/7/8

あまりお手伝いに積極的では無い息子ですが、
唯一、二つ返事でしてくれるお手伝いがあります。
それはお米研ぎ

米の計量=砂遊び、
米研ぎ=水遊び、の気分が味わえるからでしょうね・・・。

今日も、気持ちよい返事で引き受けてくれました。

お米を計量しながら、
「イ〜チ、ニィ〜、サ〜ン、・・・・あれ?どこまで数えたっけ??」

2回、計りなおしていました・・・。

無事計量して、いざ米研ぎです。

お米が流れないように、ボウル+ザルを重ねて、
泡立て器でグルグル・・・。

どうして手で研がないのかというと・・・

蛇口に手が届かないので、
泡立て器を使って水を出してます。
単にイチイチ持ち変えるのが面倒なんですね(^^;;;

研ぎ汁は水やりに使うので、横のたらいに溜めるように言うと、ちゃんと言いつけを守っていました。
感心、感心。

無事に研ぎ終えて、炊飯器のお釜に水を入れて・・・と思ったら、何だかいつもよりお米が多い・・・。

念のため、お米を計り直したら、が〜ん1合多い

我が家の炊飯器は5.5合炊き。
研いだお米は6合。
計量した後に確認すれば良かった〜(T_T)と思ってももう遅い。

5合は炊飯器で炊いて、残り1合はお鍋で炊きました。

明日の朝の分まで炊いておこう〜と思ってましたが、昼ご飯までいけそうです。

息子が念入りに研いだご飯はいつもよりもピカピカな気がしました。

しかし、
教訓:どんなに忙しくても、米の計量は立ち会うべし。

コドモの日常 | コメント (6)

コドモの日常

4歳だってオトコのプライド

2008/6/23

玄関先の紫陽花がようやく色付きました。

プランター栽培で、ほとんど手を掛けていない割りには、今年も健気に咲いてくれました。

さてさて、今日は月曜日。
大人でもブルーになりがちな一週間のスタート。

我が家の息子もイッチョ前に朝からブルーです。

原因は、プール
ただいま練習中の背泳ぎ(通称:ラッコ泳ぎ)が怖いようです。

我が家の子供達は、赤ん坊っからお風呂では頭からお湯をバシャバシャ掛けていたせいか、水にはほとんど抵抗がありません。

最近は、お風呂でお姉ちゃんと潜水ごっこを楽しんでいます。
(狭い湯船でぎゅうぎゅうになっていますが・・・)

しかし、仰向けのラッコは怖いようです。
お風呂でも私が身体を支えながら、ラッコ姿勢で浮かぶのは平気なのですが、
実際のプールではやっぱり怖い・・・。

今日も、朝から「プール休みたい・・・」

いざ登園の時間になると、リビングで大の字に寝転んだまま登園ストライキのアピール

ま、毎度のことなので、そのまま強引に抱っこして、バッグ一式を持って、家を出ました。
本人も諦めているのか、暴れないだけ、まだマシです。

家を出てからも私の肩に顔をうずめ、「嫌やぁ〜・・」

家を出てからバス待ちの場所までは少し歩くのですが、
ぐずっていた息子、お友達の声が聞こえてくると、「自分で歩く!」

お友達に見えない場所で、私から降りて、私に持たせていたバッグを全部自分で持ち、
何事も無かったかのように、みんなの前に・・・。

お〜い(^^;;;

さすがに、いつものにこやかさはありませんでしたが、無事にバスに乗って登園して行きました。

4歳でも男の子。
友達の前で、お母さんに抱っこはプライドが許さないのでしょうかね。

コドモの日常 | コメント (13)

  1. 大阪トップ
  2. Que sera sera 日記
  3. コドモの日常

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2019年12月6日号

電子ブックを読む

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 冬号

電子ブックを読む



会員登録・変更