1. 大阪トップ
  2. Que sera sera 日記
  3. コドモの日常
コドモの日常

こぐま社さんからの最後のバースデーカード

2013/12/13

iaTlxDvXVk.jpg
今月、息子が10歳になりました。

毎年、息子の誕生日が近くなると届くこぐま社さんからのバースデーカード。
絵本についてくる読者ハガキを送ると、毎年送ってくださいます。

いつもは絵葉書だけれど、今年は封筒入りで届きました。
最後のバースデーカードです。
こぐま社さんからのバースデーカードは10歳の誕生日が一区切り。
希望すれば継続してくださるようですが、我が家はもう十分なHappyを頂きましたので、今回でラスト。

車の絵本にしか興味が無かった息子ですが、こぐま社さんの「しろくまちゃんのほっとけーき」だけは何度も見ていました。
あの、ホットケーキが焼けるページは絶品でした。

ありがとう、こぐま社さん(^^)。

コドモの日常 | コメント (0)

コドモの日常

クリスマスツリーでケンカ

2013/12/8

K7JX15vzd6.jpg
ようやくクリスマスツリーを出しました。

今日はバタバタしていたので、箱だけ出して、あとは子供らにお任せ。
組み立て~り付けまで順調にいくかと思いきや・・・

やはり姉弟げんか勃発。

原因は「ツリーのてっぺんの星をいつ飾るか」。

・・・。

最初に飾ろうが、最後に飾ろうがどっちでもよかろう(-‘-)。

結局、最後に飾る派の姉が勢いでゴリ押し勝ち。
弟、ふてくされていました。

負けた弟がそのままツリー組み立て作業から離脱したため、結局お姉ちゃんが一人で飾り付け。
勝っても、負けても、なんだか損だねぇ。

コドモの日常 | コメント (0)

コドモの日常

Wiiのお告げ

2013/11/5

gbrns_yZlw.jpg
ゲームに関しては、子どもらの知識に全くついていけなくなってしまった。

Wiiも然り。
子どもが色々な機能を披露してくれる。
今日はWiiで占いをしていた。

ラッキー料理?占い。

菜+卵+蒸す

・・・・茶碗蒸しでしょうか・・・?
できれば料理名までご教授願いたい。

ZqbHk7gQli.jpg

美しくなるお告げ。

むっちゃそそる☆

告げられたキーワードは、
窓+ちょっと+きれいに

確かに窓の汚れが気になっていました・・・。
窓を磨いて、おのれも磨けってことね。
なんか、納得。

コドモの日常 | コメント (0)

コドモの日常

ピアノ発表会

2013/10/20

あいにくの空模様だった今週末。
我が家は娘のピアノの発表会でした。

毎回、「この仕上がりじゃ舞台に立てない・・・」という綱渡り的な気持ちを味わわせてくれる娘。
今回もリハでは例年同様の常に不安な仕上がり具合。
しかも今年は本番の前日まで中間テストという日程。
練習もせな、でも勉強もせな、
・・・で、てんやわんやだった一週間。
当日の朝ぎりぎりまで練習をして、なんとか本番を終えました。
やれやれ。

中学生になると、どうしても習い事をやめる子が多くなる。
ウチの娘も然り。
小1から続けたそろばんは辞めてしまいました。
クラブや遊び(たまに勉強)で忙しく、ピアノに割く時間を確保する様子は見えない。
ピアノも今回の発表会で終わりかなと思っていたけれど、発表会を終えた娘は、
「もう少し続けたい。」と。
不本意な仕上がりに満足できなかったのか、それともピアノの楽しさを再認識したのか。
理由はあえて聞かなかったけれど、本人にやる気があるなら止める理由は無い。
もうしばらくピアノっが聴けそうです。

xdRRhyn91n.jpg
今回の発表会の衣装も、結局ドレス。

いつものネットショップ
キャサリン・コテージ
でやっと見つけたグレーのオーガンジードレス。
(この商品の販売はもうありません)

こういう子どもドレスって150cmくらいのサイズ設定しかないようで、娘の欲しい160cmがなかなか見つからなくって。
このドレスは120cm~160cmまでの設定で、
しかも嬉しいセール価格¥2,980
即買い(^^)

もう中学生だし、ワンピースみたいなおとなしい服にしようと思っていたけれど、この値段に負けました(^^;;。

コドモの日常 | コメント (0)

コドモの日常

戦利品はお野菜

2013/10/14

lVTZnyk70T.jpg
こちら、小学校の校庭。

点々と散らばるのはお野菜

地域の子供会に動会での一コマ。

毎年恒例のお楽しみプログラムで、校庭に散らばったお野菜を子どもらが一斉に拾うというもの。

玉ねぎ・人参・じゃがいも・サツマイモなどなど。
ゲットした野菜で晩御飯を作ってもらう!!と、どの子も気合十分で挑むので、その勢いたるやスゴイったら・・・。

これと似たような話が「窓際のトットちゃん」に確かあった。
菜なんてカッコ悪いと文句を言う子も、先生が「自分でもらってきたお野菜で、ご飯を作ってもらえるなんてすごいよ」と言われ、野菜を家に持ち帰ることを誇らしく思うくだり。

両手いっぱいのお野菜を抱えて、満面の笑みの子どもらを見ていると、昭和の子も平成の子も同じね、なんて思えてくる。

zn5uTbw1pR.jpg

ちなみに我が家では、息子の戦利品でシチューの晩御飯となりました。

「これ、俺の取った人参とじゃがいも!!!」
と、いつもよりもたくさん食べた息子でした。

コドモの日常 | コメント (0)

コドモの日常

息子と女性専用車両

2013/10/5

1OtDrqhFUk.jpg
すっかり定着した女性専用車両

今はもう通勤ラッシュとは無縁になってしまった身だけれど、
働いていた頃にこに車があったら、嬉しかっただろうなぁと羨ましく思う。

たまにしか乗らない電車だけれど、女性専用車両があると、
「せっかくだし(^^)」
で乗るようにしている。

でも、息子がいると別。
ポスターには「小学6年生以下の男の子はOK」と書かれているのだけれど、絶対に女性専用車両には乗ってくれない。

息子曰く「オレ、女ちゃうし。気になるし。嫌。」

小4だけれど、まだまだ幼児体型。
確実に低学年に見られる息子だから、女性専用車両に乗ってたって誰も文句は言わないと思うんだけれど。

女性専用車両だと座れるのになぁ・・と思いつつ、
本人のプライドを重視して、晪の車両に乗るのでした。

コドモの日常 | コメント (0)

コドモの日常

雑誌で紙の摩擦実験

2013/10/4

ちょっと前にテレビでやってた、紙の摩擦の強さを知る実験。

 雑誌2冊。
 →息子の愛読誌コロコロコミックを用意。

実験準備:
 2冊ち誌のページを交互に1枚ずつ重ねて、噛み合わせていく。
 必要なものは根気。

内職の職人さんよろしく、息子とひたすらページを重ねることしばし。

AEzTqa9B3x.jpg

だんだんふくれていくので、最初に思いっきり奥まで重ねておくのが肝要でした。
気付いたときには時すでに遅し。
ページ半ばでギブアップ(^^;;。

テレビでは全ページを噛み合わせていたけれど、仕方が無いのでこの状態でスタート。

実験方法:
 噛み合わせた雑誌をひっぱる。
 
結果:
 全く外れない。
 
紙の摩擦の力が働くので、ちょっとやそっとの力では雑誌は外れない。
半分だけのこの状態でも、びくともしない。

これ、何枚目くらいから外れなくなるのか、地道に試したら結構手ごたえのある自由研究になりそう・・・。
来年のネタにKeep(^^)。

コドモの日常 | コメント (0)

コドモの日常

終わったー!!

2013/9/1

やったー!!

終わったー!!

r14gBYKsZI.jpg

何がって、夏休み

・・・では無くて、息子の宿題。

いやはや、夏休みの最終日まで付き合うはめになるとは思わなかった。
今年は曜日の巡りがよくって、通常は始業式であるはずの9月1日も夏休み。
1日余分に夏休みで良かった(^^)。

写真は息子が格闘した自由研究の残骸・・・いや成果達。
いろんな糸電話を作って聞こえ方を比べておりました。

あー、早く片づけてくれー。

コドモの日常 | コメント (0)

コドモの日常

宿題 追い込み

2013/8/26

疲れた~。

何がって、宿題の追い込みですわよ。

何せ大物の「貯金箱」が手つかず・・・(–;;;。

息子がネットで見つけた目標作品はあるものの、実際に作り始めると壁だらけ。
一体、小学生がどうやって作るのでしょう・・・という難易度。

結局、息子+私+ダンナの三人がかりであーでもない、こーでもないと言って週末が終わりました。

そう。
まだ仕上がってないのです。

始業式は9月2日。
果たして間に合うか???

コドモの日常 | コメント (0)

コドモの日常

だからやめときって言ったのに・・・

2013/7/31

寝る時間はとっくに過ぎたというのに、

息子が自分と屋にあがりませぬ。

理由はカンタン。

テレビの恐怖映像特集を見てしまったから。

一人で寝れんようになるからやめとき!
と止めたのに、ダンナと一緒に見てしまった息子。

最初は興味深々だったくせに、途中からホンキで怖かったらしい。

・・・「らしい」というのは、ワタシは見てないから。
だって、そんなん見たら、一人でお風呂に入れなくなる・・・。
だから、息子の気持ちはよ~く分かる(^^)。

さぁて。
息子は果たして一人で寝れるのかな~。

コドモの日常 | コメント (0)

  1. 大阪トップ
  2. Que sera sera 日記
  3. コドモの日常

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更