1. 大阪トップ
  2. Be Happy!
  3. 本・雑誌
本・雑誌

ずぼらな人の時短レシピ

2015/12/2

2tJDQGu3ex.jpg毎日は事、マンネリ化しちゃうので、図書館でレシピ本を借りてるよ。

「ずぼらな人の」シリーズがお気に入り~♪

特に「ずぼらな人の時短レシピ」(主婦と生活社)は、どのページをめくっても魅力的な簡単レシピが満載!

家に帰ってからパパッと作れるレシピがずらり100以上。
主菜、サラダ、おつまみなどのベストセレクション。

10分~15分で作れるなんて、ほんと助かる♪

最近、子供は「今日は○○食べた!」と毎日の朝食を先生に報告しているらしい。

先生が「どんな味がしたの?」と聞くと、「美味しい味!」と答えた子供。

わぁ~可愛い~♪そして、嬉しい~!

子供の「美味しい!」が毎日聞けるよう、お母さんは頑張るよ~!

本・雑誌 | コメント (0)

本・雑誌

『ママがおばけになっちゃった!』

2015/11/25

zreG9Ebk5y.jpg主人からのサプライズに感動!

とても嬉しい~!

主人が新聞で読んで「これは絶対、良い絵本に違いない!」と確信して注文してくれた絵本=『ママがおばけになっちゃった!』

実は、先日、大型書店に行った時、「ママがおばけになっちゃった!」の特集コーナーが出来ていて、ちょうど手にとって立ち読みしたところ。

涙がぽろぽろ・・・こぼれてきて、書店の中で泣いちゃった私。

そんなエピソードを、主人は全く知らずに注文して、子供にではなく「私に」プレゼントしてくれたの。

だから、ビックリ!

『ママがおばけになっちゃった!』は、今、母親と子供たちっで大きな話題になっている絵本なんだって。

今年7月の刊行以来、発行部数は20万部となり、絵本としては異例のスピードで売れているらしい。

早速、子供に読み聞かせしたら・・・途中から子供は自分で読みたがり、結局ほとんどを自分で声に出して読んでくれた。

その読んでいる姿に、私は感動~。
そしてまた、涙がぽろぽろ・・・。

絵本の冒頭、ママは事故で死んでしまい「おばけ」になる。
でも、悲しいだけのストーリーではないの。
「おばけ」の表情がとても面白いので、子供は大喜び!
「見て!見て!」と、「おばけ」の困った顔や笑った顔を指差して、大興奮の子供。

ほんと、表情豊かな「おばけ」!

笑いあり、涙ありのストーリーには、とても感動したよ。

読み終わった時、再び心がジーンと熱くなり、子供をぎゅぅっと抱きしめた。

生まれてきてくれて、ありがとう!

「ママがおばけになっちゃった!」
著者:のぶみ
価格:¥ 1,296
出版日:2015/07/17
出版社:講談社

P.S.
裏表紙もお見逃しなく!
すごく面白くて、主人と大笑いしたよ!

本・雑誌 | コメント (0)

本・雑誌

はじめてずかん どうぶつ2

2015/10/16

z34YaUArht.jpgコクヨ「はじめてずかんシリーズ どうぶつ2」

子供がとても気に入ったんだぁ!
色んな動物の名前を読み上げて楽しんでるよ。

私も知らなかった名前がいっぱい。
勉強になる~!

可愛いイラストの図鑑だよ。
海に住む動物、鳥、虫を中心に、約170種もの動物が全ページいっぱいに描かれているよ。
絵の勉強にもなる~!

もうすぐ子供は水族館に遠足に行くので、この図鑑を見て予習をしよう~♪

本・雑誌 | コメント (0)

本・雑誌

マンガでわかる よのなかのルール

2015/8/26

kbmsaSW4c2.jpg主人が1冊の本を買ってきた。

「マンガでわかる よのなかのルール」

著:横山浩之 
小学館
発売日:2011/3/18

内容(小学館のHPより):
他者と共生するための基本ルール、すなわち「世の中の常識」を、子どもたちにどう教えていくか。
それは今や、家庭、学校を問わず、教育における切実な課題になってきています。
本書は、小学校高学年までに身につけさせたい社会常識、集団規律、学習規律等を、分かりやすいコミック絵本の形にまとめたルールブック。
掲載ルールは、「おはようございます、と自分からあいさつをしよう」、「小さな親切をさがして、まねよう」、「言われたらすぐやろう」、「すばらしい人になれると信じよう」などなど、大人も思わずハッとするものばかり。
子育て中の保護者や学校教諭はもちろん、特別支援教育関係者も対象とした、子どもとともに読み、ともに考えるための一冊です。

著者は、小児科医・医学博士の立場から特別支援教育の研究を進め、その成果が全国の教師から絶大な支持を得ている、山形大学医学部・横山浩之教授。

4コマ漫画なので、子供も楽しみながら読んでる~♪
漢字には全てよみがなが付いてあるので、子供一人でも読めるよ。

特に「言われたらすぐやろう」「はきものをそろえよう」「負けても怒らない」など、私が子供に教えたい事がズバリ書かれてあるので助かる~!
「なんで~!」「どうしてなの?」と理由を聞きたがる子供に、私がきちんと説明できるよう、私自身もしっかり読まなくちゃ。

本・雑誌 | コメント (0)

本・雑誌

千の風になって

2015/8/15

CIabpaL4Fc.jpgお盆だね。

亡くなったおじいちゃんが夢に出てきたよ。
大好きなおじいちゃん、これからも、私たちの事を見守っていて下さい。

子供に、「お盆」とか「ご先祖様」の事を説明したよ。

そして、「千とになって」を皆で読んだ。

大切な人達は、いつも心の中にいる。

ずっと一緒だね。

本・雑誌 | コメント (0)

本・雑誌

クレモンティーヌ「アン・プリヴェ~東京の休暇」

2015/8/13

SJBcrW0cOg.jpg図書館でCDを借りたよ。

大好きなクレモンティーヌ

「アン・プリヴェ~東京の休暇」

1992年にリリースされた、日本制作のポップス・アルバム第1弾。
プロデュース:井出靖

フランス人の彼女が、ある夏の日に過ごした東京でのバカンスをイメージして作ったエキゾチックあふれるサウンドを、小沢健司、田島貴男(オリジナルラブ)、ゴンチチら個性豊かな日本人アーティストが作・編曲した作品集。

クレモンティーヌの歌声にウットリ♪
どんなに忙しくても、彼女のCDを聴けば、一瞬でクールダウンできるから不思議・・・。

本当にオシャレな曲ばかり。

図書館でCDが借りれるなんて、実は知らなかった私。
今後どんどん利用しよう~☆

本・雑誌 | コメント (0)

本・雑誌

つきのぼうや

2015/3/23

00HvZ1zKlq.jpg絵本専門店でひとめぼれ~!

「つきのぼうや」

イブ・スパング・オルセン作・絵
山内清子訳
初版年月日: 1975年10月20日
福音館書店

水にうつったお月さまを訪ねて、月の使いの男の子が地球にやってくるの。
ストーリーが上から下に縦長で展開されていて、すごく楽しいよ。
オシャレな絵と面白い内容にぐんぐん引き込まれていく~♪

厚生省中央児童福祉審議会推薦
日本図書館協会選定

デンマークの絵本ってオシャレだな♪

お月様が大好きな子供も気に入って毎日読んでる♪
最近ますます絵本が大好きな子供。
すごい集中力で読んでるよ。
私も子供のおかげで絵本づ力を再確認。
親子共々絵本を楽しもう!

本・雑誌 | コメント (0)

本・雑誌

フラニーとメラニー もりのスープやさん

2015/3/12

XgLsNV4Oc7.jpg絵本が大好きな子供にプレゼント♪

「フラニーとメラニー もりのスープやさん」

作: あいはら ひろゆき
絵: あだち なみ
出版社:講談社
発行日: 2006年08月

あいはらひろゆきさんと、あだちなみさんは、「くまのがっこう」シリーズで大人気の絵本作家さん。

フラニーとメラニーは赤ウサギの姉妹。
とても可愛いね♪

絵本の中に出てくる「本日のスペシャルメニュー」=「やさいたっぷり あったかスープ」が、すごく美味しそうなの!
レシピもついているから私も作ってみたいなぁ☆

最近はオモチャよりも絵本に夢中な子供。
「フラニーとメラニー」シリーズは他にもあるので揃えようかな~。
絵本は大人になっても楽しめるから良いね♪

本・雑誌 | コメント (0)

本・雑誌

ペレのあたらしいふく

2015/3/10

FDSIuxgR9A.jpg絵本が大好きな子供にプレゼント!

実はこの絵本、昔、私が自分用に買った絵本なんだ~。
水色の可愛い表紙が気に入って買ったんだけど、内容もすごく良いの!

最近は感情を込めながら声に出して絵本を読んでいる子供。
「ペレのあたらしいふく」は、ひらがなとカタカナだけなので、子供にも読みやすい♪

「ペレのあたらしいふく」
作・絵:エルサ・ベスコフ
訳:小野寺百合子
出版社:福音館書店
初版年月日: 1976年02月03日

子羊の毛から、たくさんの人々の協力を得て、新しい服を手に入れるまでのお話。
いろいろな人の手を経て物ができあがる仕組みを子供にも知ってもらいたいなぁ。

温かなストーリーと優しい色合いのイラストがとても好き。
スウェーデンの田園風景が美しい絵本だよ。

本・雑誌 | コメント (0)

本・雑誌

つばめ 文庫

2015/3/5

ff8NCBPm2U.jpg
宝塚市立勤労市民センターに行ったら、「つばめ 文庫」が出来てた~!
まるでミニ図書館のような空間。

本一冊から始まる社会貢献
「つばめ 文庫」

あなたのお家で本が眠ってませんか?
そんな本たちが、つばめのように市民から市民に渡ってまた輝きを取り戻せるよう私たちは本を集めています。
本を持って来てください。本を持って帰ってください。
みんなが気軽に本をシェアできる町。そんな懐かしくて新しい取り組みを目指しています。

・・・との事。
つまり「つばめ 文庫」とは、みんなが持ってきて、誰でも持って帰れる、本のリサイクル。
様々なジャンルづ力的な本がギュッと詰まっていたよ。
藤原紀香さんのエッセイ本もあった!読んでみたいなぁ。

本・雑誌 | コメント (0)

  1. 大阪トップ
  2. Be Happy!
  3. 本・雑誌

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 春号

電子ブックを読む



会員登録・変更