1. 大阪トップ
  2. Be Happy!
  3. 映画
映画

フランス映画「セザンヌと過ごした時間」

2017/12/10

フランス映画が公開されると、観に行きたい気持ちがムクムク。

後悔したくないので、レディースデイ(水曜日)に、1000円で観てきた~!

be happy

映画「セザンヌと過ごした時間」。
http://www.cetera.co.jp/cezanne/

南フランスを代表する画家ポール・セザンヌと、小説家として大成功をおさめたゾラとの、40年間にわたる友情が描かれた映画。

美しい南フランスの自然や、オシャレなパリの街並みを、大スクリーンで観ることでき、まるでフランスを旅行しているような気分も味わえたよ。

芸術って素晴らしい。
夢がいっぱい詰まってる!

暗いアトリエの中で描く絵ではなく、「花には香り、木には風だ!」とセザンヌが叫ぶ通り、美しい自然の中で描く、自然そのものを感じられるような絵。

私も油絵を習いたくなったよ。

セザンヌみたいな師匠がいたらいいのになぁ!

映画 | コメント (0)

映画

hatao & nami「森の時間」

2017/11/19

仕事帰りに自然食レストラン「ばんまい」へ~♪

http://teshigotoya.org/

美味しいランチを戴いていると、この後、「hatao & nami」さんのコンサートが始まるとの事!

https://www.facebook.com/hataonami

毎月第3火曜日に「ばんまい」で開催されている無料コンサートが、今月は第2火曜日に変更になったとの事!

わぁ!ラッキー!

be happy

食後にホットミルクティーを戴きながら、「hatao & nami」さんの素晴らしい演奏を聴く、癒しの時間。

北欧音楽を聴いていると、心が落ち着く。
優しくなれる。
今、自分が、生きていることに感謝して、これから先も頑張ろうって思う。
生きる勇気をもらえる音楽。

be happy

家でも楽しみたいので、「hatao & nami」さんの最新CDアルバムを購入した~!
今年発表された北欧音楽を収録したアルバム「森の時間」。

家の中で過ごす時間が増える冬にピッタリ!
ウキウキと楽しくなるようなアップテンポの曲があったり、北欧の森の中で佇んでいるような静かな曲があったり、ホント、どれも素晴らしい~!

クリスマスパーティのBGMにも大活躍しそう~♪

映画 | コメント (0)

子供とお出かけ映画雑貨・オモチャ

映画『カーズ/クロスロード』を観て、「クルーズ」のレゴ!

2017/7/26

7月15日(土)に公開されたばかりのディズニー・ピクサー映画『カーズ/クロスロード』を観てきた~!

http://www.disney.co.jp/movie/cars-crossroad.html

be happy

“クルマの世界”を舞台にした圧倒的なスケールのアクションと、人間よりも人間らしいキャラクターによる“人生の岐路(クロスロード)”と仲間との絆のドラマを描いた、感動のアドベンチャー「カーズ/クロスロード」。

主人公の天才レーサー“マックィーン”。ベテラン・レーサーになりつつある彼に待ち受けていたのは、最新テクノロジーを限界まで追求した新たな世代の台頭と、レース人生を揺るがす衝撃的な大クラッシュだった…。
「いったい自分はいつまで走り続けるのか?」──誰もが直面する人生の大きな壁や、思いがけない挫折、そしてその先に見えてくる新たな道。

最初から最後まで目が離せない、ほんと素晴らしい映画だったよ。

be happy

映画を観た後は「ららぽーとEXPOCITY」3階にある「レゴ(R)ストア」へ。
http://www.lalaport-expocity.com/shopguide/10311931_27193.html

新発売の「クルーズ・ラミレス」を買ったよ。

レゴの説明書を見ながら、子供が一人で組み立てた。

上手に出来たね~!

「クルーズ・ラミレス」は、マックィーンの再起をかけた挑戦をサポートする相棒。

若くて、素直で、とても可愛いの♪

夢をあきらめなかったクルーズに、ほんと、感動した~!

子供とお出かけ 映画 雑貨・オモチャ | コメント (2)

映画

The Light Between Oceans(光をくれた人)

2017/6/19

「シネ・リーブル神戸」で映画鑑賞。
大丸神戸店から歩いてすぐの場所にある映画館♪

be happy

5月26日に公開された映画「光をくれた人」。
http://hikariwokuretahito.com/

「ブルーバレンタイン」のデレク・シアンフランス監督が、孤島に流れ着いた赤ん坊を我が子として育てる灯台守夫婦の愛と葛藤を描いたM・L・ステッドマンの小説「海を照らす光」を映画化したヒューマンドラマ。

ラジオで紹介されていて、とても興味を持った私。
映画チケットのプレゼントに応募したら・・・
嬉しいことに当選したよ!

 

133分の長編映画。
きっと何度見ても泣いてしまうだろう。
普遍的なテーマを持った内容。

私の人生と照らし合わせて観た。
「最善の選択」とは何か?を考えさせられる。
そして「愛」と「憎しみ」についても気づかされた。
家族で一緒に観るべき映画だと思う。

 

映画 | コメント (0)

映画

ファインディング・ドリー

2016/8/14

TVで「ファインディング・ニモ」を観て以来、ニモの大ファンになった子供。

何度も何度も、飽きずに、録画を観ているよ。

be happy

私と主人の休みが重なったので、大ヒット上映中の「ファインディング・ドリー」を観に行ったよ♪

 

親子の愛って、素晴らしい~!

感動して泣いた~!

仲間たちとの友情も最高~!

 

親子で観に行けて、ほんと、良かった!!

素晴らしい映画をありがとう!!

http://www.disney.co.jp/movie/dory.html

 

映画 | コメント (0)

映画

最高の花婿

2016/7/26

フランス映画、大好き!!

宝塚シネ・ピピアで「最高の花婿」を観たよ。

http://www.cinepipia.com/index.html

be happy7/23(土)から7/29(金)1週間限定上映中。

2014年に公開されたフランス映画だよ。

◎監督・脚本:フィリップ・ドゥ・ショーヴロン/脚本:ギィ・ローラン

◎出演:クリスチャン・クラヴィエ、シャンタル・ロビー、アリ・アビタン、メディ・サドゥン、フレデリック・チョー、ヌーム・ディアワラ、フレデリック・ベル、ジュリア・ピアトン、エミリー・カン、エロディ・フォンタン、パスカル・ンゾンジ、サリマタ・カマテ、タチアナ・ロホ

“違い”を楽しめば、人生はおいしくなる。

◆フランスのロワール地方に暮らすヴェルヌイユ夫妻には、他人には相談できない悩みがあった。3人の娘たちが次々とアラブ人、ユダヤ人、中国人と結婚、様々な宗教儀式から食事のルールまで、異文化への驚きと気遣いに疲れ果てていた。そんな時、最後の希望だった末娘が、カトリック教徒の男性と婚約! しかし、大喜びの夫妻の前に現れたのはコートジボワール出身の黒人青年だった。しかも、フランス人嫌いの彼の父親が大反対。果たして、色とりどりの家族に愛と平和は訪れるのか──?

 

白人、黒人、黄色人種。多国籍国家であるフランスにも、人種差別は存在する。

人種差別は、今も昔も、世界中にあって、偏見もなくならない。

宗教の違いで、人々は偏見を持ち、紛争は絶えない。

 

だけど、「違い」を受け入れ、尊重し、じっくりと話し合えば、必ず和解は生まれるという事を、この映画は教えてくれたよ。

 

国が違っても、宗教が違っても、肌の色が違っても、「愛」は世界共通なんだね!

 

私は、フランス映画に出てくるインテリアも大好き!!

ヴェルヌイユ夫妻の家は、壁紙の色が優しいパステルカラーで、とてもお洒落だった~♪

娘たちの新居は、若者らしくモダンでスタイリッシュなインテリア♪

美しく機能的なキッチン、大きなソファのある居心地のいいリビング、そしてオシャレな壁の色。

うっとり~♪

 

映画 | コメント (0)

映画

ズートピア

2016/5/29

kZgmkiC7Vm.jpg

子供も私も観たかったディズニー映画最新作「ズートピア」を観にいってきたよ~!

素晴らしかった!!!

感動!

生きていく上で、「夢」こそが一番大切であることを教えてくれる映画。

私も夢をあきらめない!と決意した~!

以下、HPよりストーリーを抜粋

ここは、動物たちが人間のように暮らす“楽園”、ズートピア──誰もが夢を叶えられる、人間も顔負けの超ハイテク文明社会。
だが、あらゆる種の動物たちが平和に共存するこの理想の大都会に、いま史上最大の危機が訪れていた──。

ディズニーが、動物たちの“楽園”を舞台に贈る感動のファンタジー・アドベンチャー。
ズートピア初のウサギの警察官のジュディが、夢を忘れたサギ師のキツネ、ニックを相棒に、大都会ズートピアに仕掛けられた恐るべき陰謀に挑む。
“夢を信じる力”とニックとの友情の絆を武器に、彼女は奇跡を起こすことができるのか…?

夢を信じて諦めずに進み続ければ、きっと世界は変わる。
感動のファンタジー・アドベンチャー『ズートピア』が、世界に希望の扉を開く。

ズートピアの住人たちは、私たち人間のようなもの。
どちらも同じように、性別、年齢、学歴、出身地、見た目…そんな“違い”から生まれる様々な偏見の中で生きています。
もし、その“違い”を個性として認め合うことが出来たら、私たちの人生はもっと豊かになることでしょう。

『ズートピア』の中には、あなたに似ているキャラクターがきっといます。
ぜひ、自分自身を探してみてください。

—————

DREAM Amiさんの歌う主題歌「トライ・エヴリシング」も最高に好き~!!

失敗しても、何度でも挑戦すればいい!という歌詞が、今の私に響くよ。

夢に向かって、頑張ろう~!

映画 | コメント (0)

映画

愛しき人生のつくりかた

2016/4/15

KRLS2jU8N2.jpg

嗚呼~!

やっぱり、映画って素晴らしい~!!

宝塚シネ・ピピア「春のフランス映画特集」で知った、「愛しき人生のつくりかた」を観てきたよ。

2015年/フランス/93分
◎監督:ジャン=ポール・ルーヴ/原作:ダヴィド・フェンキノス/脚本:ジャン=ポール・ルーヴ、ダヴィド・フェンキノス
◎出演:アニー・コルディ、ミシェル・ブラン、シャンタル・ロビー

◆パリで静かな暮らしを楽しんでいた祖母が突然、姿を消した――。
孫ぢ年は祖母を探す旅に出る。
手掛かりは祖母の記憶のどこかにあるはず…。
パリとノルマンディを舞台に、人生の輝きを描き出す3世代の家族の物語。
シャルル・トレネの名曲「残されし恋には」をバックに、巨匠トリュフォー監督に捧げた感動作!

B1e5CvDxnz.jpg今年の1月23日から全国で順次ロードショーしている映画。

以下、HPより抜粋。

パリの小さなアパルトマンに暮らすマドレーヌは、クリスマスを控えたある日、最愛の夫に先立たれた。
3人の息子を育て上げ、ささやかだけど充実した人生を過ごしてきたマドレーヌは、ひとりになって初めてゆっくりと自分の人生を振り返り始める。
親友のように仲の良い孫のロマンは夢見がちな学生で、小さなホテルで夜勤のアルバイトをしていた。
そんなある日、マドレーヌはある夢を実現するため突然パリから姿を消したーー。

ロマンは彼女を探す旅に出る。
手掛かりは祖母の想い出のどこかにあるはず・・・。

HdbeKxn2Q0.jpg

私も祖母が大好きだった。
祖母と孫ぢ係って、なにか特別な気がする。

対称的な美しさを放つパリとエトルタを舞台にした映画。
フランスの景色も、インテリアも、本当に素晴らしくて、憧れの気持ちが止まらない。

3世代の家族が「愛しき人生」を取り戻す光景に感動したよ。

この曲が本当に素敵!
CDを買って、家でずっと聴いていたいほど気に入った~!

フランス映画、ほんと、大好き!
もっと、もっと、観た~い!

映画 | コメント (0)

映画

「エール!」

2016/3/25

GHgrXZDkDp.jpg「春のフランス映画特集」が開催されている宝塚シネ・ピピアで、素晴らしい映画を観てきたよ!

フランス映画祭2015観客賞(最高賞)受賞 「エール!」

3/19(土)から3/25(金)1週間限定上映
2014年/フランス/105分
◎監督:エリック・ラルティゴ
◎出演:ルアンヌ・エメラ、カリン・ヴィアール、フランソワ・ダミアン、エリック・エルモスニーノ

主演の「ポーラ」役は、今フランスで最も注目を集める女優・歌手であるルアンヌ・エメラ。
彼女の美しい歌声にハッとした。
「歌」ってスゴイんだなぁと、あらためて感じたよ。
いつまでも聴いていたい。

歌の才能溢れる少女と聴覚障害のある家族との絆を描いた映画。

パリっ楽学校で行われるオーディションで、手話を使いながら歌う姿に感動した。
子供のころから私は手話を勉強したいと思い、本を買ってみるものの3日坊主で続かなかった事を思い出した。
「望む」事がとても大切なんだと気付かせてもらったから。

「エール!」、本当に素晴らしい映画だった!
フランスの美しい景色にワクワクしたよ。

ポーラの家、すごくカワイイの~!
フランスのインテリアって本当にオシャレで大好き!
トイレの壁紙、青い花柄で真似したいわ~♪

私の人生に、映画はとても大きな存在。
私にとって、映画は、人生の師匠なんだろうなぁ!

映画 | コメント (0)

映画

I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE

2015/12/12

lT9MJQWlC6.jpg今日は西宮ガーデンズにある「TOHOシネマズ西宮OS」で映画を観たよ。

「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」

公開の日をとても楽しみにしていたんだぁ!

製作年:2015年
製作国:アメリカ
上映時間:88分

世界中で愛されるスヌーピーやチャーリー・ブラウンなど、チャールズ・M・シュルツによる漫画「ピーナッツ」のキャラクターたちが大集合!

映画館で、静かに、集中して映画を観賞できるようになった子供。
本当に成長したなぁと、主人ともども感無量だよ。

WbJflmcpAv.jpgスヌーピーの表情って、こんなに多彩で豊かだったんだぁと、驚いていた主人。
ほんと!スヌーピーって、こんなに可愛い表情をするんだぁと、あらためてスヌーピーの事が大好きになった。

スヌーピーは、勇敢で、優しくて、頼もしい。
「恋」の力って、スゴイんだなぁ!

pLg2DR2nq6.jpgこの映画は、どんなに苦しい状況でも「あきらめない」事の大切さを教えてくれた。

「誰かのために」生きるって、すごく良いなぁと思った。

綹が歌うエンディング曲「A Song For You」にも感動したよ!
じーんと心に響いて、涙がこぼれる。
この映画の為に書き下ろされたオリジナルの楽曲なんだって!
また聴きたいなぁ・・・☆何度でも聴きたくなる素晴らしい曲!

機転が利いて、ユーモアがあって、強くて、愛情深いスヌーピー。
いつもそばにいて応援してくれる存在が、いかにありがたいか、教えてくれる。

そうそう、この映画には「大人」が一切登場しないの!
「子供」だけの世界が広がっていて、「子供目線」に立った映画なんだなぁと知ったよ。

I LOVE スヌーピー!

最高~!

映画 | コメント (0)

  1. 大阪トップ
  2. Be Happy!
  3. 映画

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞 2017年 冬号

電子ブックを読む



会員登録・変更