1. 大阪トップ
  2. Delicious Life 3
  3. 娘のこと
  4. ピアノ発表会2017

プロフィール

  • MINTON

    MINTON

    吹田市在住。子育てを楽しみつつ、素敵な40代を過ごしたい!ランチ・お取り寄せ・お料理など大好きな「食」の情報を、日々勢力を増す娘の成長っぷりをまじえてご紹介したいと思います。

カテゴリー

最新記事

最新コメント

ピアノ発表会2017

2017/3/26

osk_170326piano

春休み入ってすぐの週末 皆様は如何お過ごしでいらっしゃいましたか?

ご家族皆様でキャンプへまたシーズン最後のスキーなど、旅行へ行かれてた方もいらっしゃることと思います。娘は春休み恒例の一大イベント ピアノ発表会がありました。年中さんの9月から習い始めたので、かれこれ6回目の発表会。ということはピアノを習い始めて5年半になるのかな!?

そろそろ大きな壁にぶつかる頃かな~と思っていたら、案の定 夏ごろに大スランプに陥り、娘のピアノ人生終わるかも。。。という時期がありました。

ちょうどその頃 憧れだったトゥシューズのレッスンが始まり、バレエの方へ情熱が大きく傾き、練習もパタっとしなくなってしまいました。

それでも昨年の発表会曲やソナチネなどは気分の思うまま弾いている姿を見て、ピアノは好きなのに何故???といろいろ考え、原因は私じゃないかという結論にたどり着いたんですね。

娘のお教室では基本 親同伴なので一緒にレッスン室へ入り、部屋の片隅で壁になり、メモをとったりしていたのですが、反抗期に突入した娘にとっては練習せず適当に弾いてる姿を見られたり、私が「練習ができていなくてすみません」と先生とお話ししたりするのがイヤだったんじゃないかと思います。

また自宅での練習でも、「先生はこういう風に弾きましょうって言ってたよ」とか「もっとフォルテはフォルテ、スフォルツァンド(特に強く)はスフォルツァンドに弾かないとわからないよ」などなどいちいち言われるのもうっとおしかったみたいで、娘が言うところの”気持ち良く(→誰にも邪魔されずに)弾けなかった”んでしょうね。

そこで、バレエのようにノータッチの姿勢を貫こうと、レッスンは先生と2人だけ(これは娘が望んでいる事でもありました)、練習にも一切口をはさまないと決め、迎えた今回の発表会。

相変わらずのんびりマイペース、好きな曲を好きな時に好きなだけ練習する娘のやり方を黙って見守るのはかなりの忍耐が必要でしたが(今までもずっとそうでしたが、毎日練習はしません。あくまでも気分次第なので、言いたいこともいっぱいいっぱいありましたが)、今日 娘の演奏を聞いて、「あぁこれで良かった」としみじみ。

自由にのびのびとそして何より楽しそうに弾いてる娘の姿を見て、この半年でグっとピアノとの距離が縮まったなぁとそしてちょっと先生の弾き方に似てきたかしら!?と嬉しい発見もあったり。チョコレート以外の”甘い”を知らない娘が、こんなに優しい甘い音色を奏でることができるようになったのは先生のお力以外の何物でもありません。

osk_170326piano1

連弾も2歳年上のお姉ちゃんそして同じ学年のK君と楽しく演奏で来て良かった良かった。

K君とは初めての発表会以来のコンビ。

「ブンブンブン」を弾いていた2人が奏でる「スペイン ワルツ」、とってもかっこよかった~。

今回は懐かしの幼稚園ホールでの発表だったので、みんな和気あいあい。

園長先生をはじめ、沢山の先生が聞きに来て下さり、暖かい拍手を送って下さったので、とても和やかな素敵な発表会となりました。

娘もお友達親子や主人姉など沢山の方が応援に来て下さり、心から感謝の気持ちでいっぱいです。芳しい生花の香りに包まれ、とても癒されて幸せを感じています。

無事に発表会が終わった安心感、娘が私から羽ばたいた後の一抹の寂しさ、そしてそれを上回る娘の成長を感じた2017年ピアノ発表会でした。
(写真:1番上 リハーサル時に撮影。本番は娘のお気に入りの髪飾りをつけて・・・)



人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. Delicious Life 3
  3. 娘のこと
  4. ピアノ発表会2017

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 夏号

電子ブックを読む



会員登録・変更