1. 大阪トップ
  2. コスメドレッシング
  3. ◆紫外線対策ケア◆
  4. コパトーン 日焼け止め

コパトーン 日焼け止め

2014/7/12

一昨日、yahooのネットバナーでコパトーンの日焼け止めが紹介されていました。

コパトーンってサンオイルのイメージが強いのですが、日焼け止めも販売されているみたいです(知らなかった。。。。)今年度は3つのスキンタイプに合わせて選べる新発想の日焼け止めが登場、これがなかなか興味深い♪

「肌の焼け方は人それぞれなのに、日焼け止めは同じで大丈夫?」がコンセプトで、日本人の肌は大きく下記、3つのスキンタイプに分かれるそうです。

(1)すぐ赤くなり、黒くならない人
(2)赤くなってから黒くなる人
(3)赤くならずに黒くなる人

皆さんはどのタイプでしょうか?私は(2)です。

平均調査では(2)が一番多く次に(1)そして(3)てだとか。ちなみに人によって焼け方が違うのは親からな伝による生まれつきの肌質が影響しているらしいです。詳細を記載すると(1)のタイプは色白でメラニンを作る能力が低く、紫外線による肌のトラブルを起こしやすい。逆に(3)のタイプはメラニンを作る能力が高いため、紫外線に当たると黒くなりやすいという特徴があるとか。

新発想の日焼け止めは、それぞれのスキンタイプ(1、2、3)に合わせて配合成分やSPF数値が違っています。SPF数値も(1)(2)のスキンタイプは50に対して(3)のスキンタイプはSPF40、配合成分は乳酸桿菌です。この辺りも上手く開発されているなあと思いました。

各化粧品会社の日焼け止めの歴史を見ると何となく(1)(2)のスキンタイプに対応したものがほとんどだったと思うのですが今回のコパトーンは、赤くならずに黒くなる人に対応した日焼け止めを開発したことはとても大きいと思いました。

特におすすめしたいのは(3)のスキンタイプで、今まで使用した日焼け止めが今イチだった。。。という方にいいかも。



人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. コスメドレッシング
  3. ◆紫外線対策ケア◆
  4. コパトーン 日焼け止め

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 春号

電子ブックを読む



会員登録・変更