1. 大阪トップ
  2. コスメドレッシング
  3. ◆紫外線対策ケア◆
  4. 紫外線対策 飲む日焼け止め、食べる日焼け止め

紫外線対策 飲む日焼け止め、食べる日焼け止め

2017/6/10

最近、紫外線対策で話題になってきているなあと感じること。
それは「外側に塗る日焼け止め」ではなく「内側からの日焼け止め」

内側からの日焼け止めとは、抗酸化作用のあるサプリメントや食材のこと。紫外線の影響を受けにくい体質に改善することで体全体を紫外線から守りましょうというものです。

抗酸化作用のあるサプリメントは以前から登場していますが、食材そのものが前面に出てきたことってあまりなかったと思うんですね。

雑誌、テレビなどで抗酸化作用のある食材が紹介される機会が多くなってきました。ここで情報をまとめてみました。

<抗酸化物質を多く含む食材>
☆ベーターカロチン群☆
モロヘイヤ
にんじん
ほうれん草

☆アスタキサンチン群☆
エビ

イクラ

☆ポリフェノール群☆
カカオ
赤ワイン
ブルーベリー

☆ビタミンC群☆
キウイフルーツ
いちご
パセリ

☆リコピン群☆
トマト
スイカ
ピンクグレープフルーツ

☆カプサイシン群☆
赤パプリカ
とうがらし
ししとう

☆イソフラボン群☆
大豆
豆乳
豆腐

☆ビタミンE群☆
アーモンド
茶葉(煎茶)
モロヘイヤ

ずらっと見ると、赤系の食材が多いですね。食べる日焼け止めとして、毎日少しづつ抗酸化作用のある食材を摂取するとよさそうですね。

そうそう、色々なところで頻繁に紹介されていると感じた食材が「トマト」です。トマトは強力な抗酸化作用があると言われています。

トマトケチャップで有名なカゴメ(株)では、トマトジュースの摂取で紫外線により暗くなった肌の色調回復が促進される可能性があることをヒト試験で明らかにしているとか。

あと、この一覧表では記載していないのですが「ヨーグルト」

こちらも紫外線予防に良いそうですよ。昨日の朝の情報番組、ビビットでも紹介されていました。なんでも肌のバリア機能を高めてくれるとか。

今年の夏は、トマトとヨーグルトを毎日のように摂取して焼けにくい肌作りにどうですか?もちろん!外側に塗る、日焼け止めをお忘れなく~



人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. コスメドレッシング
  3. ◆紫外線対策ケア◆
  4. 紫外線対策 飲む日焼け止め、食べる日焼け止め

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 春号

電子ブックを読む



会員登録・変更