1. 大阪トップ
  2. コスメドレッシング
  3. 日記
  4. いくつになっても美容年齢

いくつになっても美容年齢

2017/6/11

先日「DIET&BEAUTY」という美容・健康の総合情報誌を読んでいたのですが、なんでもエステティックサロンの市場規模は2005年から下降線をたどり、現在は横ばいを続けているそう。

ふ~ん、そうなのか。と思いそのまま読み進めた時、気になるワードが。

美容年齢と言われる生産年齢女性は、15-64歳。まあ、商業ベースとして捉えると分かる気もしますが、個人的に女性は死ぬまで美容年齢だと思っています。少なくともたった一本の口紅を手放したりするとき、あるいは化粧水などを周囲に置かなくなったとき。それは美容年齢から離れていく時かなあと感じます。

これから人口減少は加速し、2065年には8,808万人になる予測だそう。1億を切ってしまうんですね。同時に、美容年齢層は4000万人から半分の2000万人になるそう。

そこで、エステサロンさんは先を見据えて発想の転換が必要ですよ~という内容でした。具体的には、美容年齢以上の「高齢層」あるいは「男性層」「海外展開」を狙って経営していく必要があるという感じでした。

コメント
  1. >うぃるさん そうなんですよ~。逆に意外でしたでしょうか? 美容年齢が、18-64歳まで幅広いですよね。

    misono2017/06/14

  2. 美容年齢って64歳まであるんですね!!意外です~

    うぃる2017/06/12



人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. コスメドレッシング
  3. 日記
  4. いくつになっても美容年齢

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 春号

電子ブックを読む



会員登録・変更