1. 大阪トップ
  2. コスメドレッシング
  3. エッセイ
  4. 介護ノート その1

介護ノート その1

2017/11/30

先月は祖母の命日で実家に帰省していました。
「もう4年になるのか」という思いです。

傷んだ畳も新しく張り替えて、祖母のベットがあった場所はもう違うものがあって。
最初は落ち着かなかった感覚が、年数が経つにつれ慣れてきた自分を薄情者かな。あるいは、これが普通なのかなあと戸惑っています。

介護そのものは、4年前にお役目を終えました。だけど、喉に引っかかっているものがずーっとあって。それは介護認定制度をはじめとする制度的なジレンマだったり、当時、同じように介護をされている方の大変さだったり。

表向きに知られている介護と、その実情とでは大きな隔たりがあるように感じました。

なので、その後も介護系のセミナーに参加したり 在宅介護を推奨しているドクターの講演会に出掛けては情報収集していました。

在宅介護を終えたとき、一人の友人に言われたことがあります「私も、いつかおばあちゃんを介護してあげたいと思うのだけどできるのかなあ?」と。

なんか、この言葉がとてもおだやかで優しく自分の心に響いてきたことを覚えています。

介護を考えている方、あるいはそういう状況の方に少しでも役に立つことができれば。。。と、当時の情報を公開することにしました。今後はカテゴリーのエッセイで少しづつですが記事をアップしていきたいと思います。

画像は在宅介護時代に使用していた連絡ノート。主治医、ケアマネ、訪問看護師、訪問入浴チーム、ヘルパーさん、私の総勢12名で回していた交換ノートです。なぜ、交換ノートを取り入れたかも書き綴っていきますね。

ちなみにこのノートは私が小学生時代、福袋に入っていた景品をずーっととっておいたものです。こういう時に使うとは当時は予想もしていなかったなあ。



人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. コスメドレッシング
  3. エッセイ
  4. 介護ノート その1

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 春号

電子ブックを読む



会員登録・変更