1. 大阪トップ
  2. Re Re Life 賢くリフォーム&リノベーション
  3. コラム, リフォーム
  4. リノベーション入門 リノベーションのメリットや注意点【Re Re Life 特集 リリライフとくしゅう】

Re Re Life 賢くリフォーム&リノベーション

リノベーション入門 リノベーションのメリットや注意点【Re Re Life 特集 リリライフとくしゅう】

リノベーション入門 新しいマイホームのカタチ

リノベーション入門 新しいマイホームのカタチ

 理想の住まいを手に入れようと検討を始めると、新築の場合、コストがどんどん膨らみ、その難しさに気づかされます。そこで最近注目を集めているのが、中古住宅を購入してリノベーションやリフォームをするという方法です。新築と併せて検討する人も増えているという今、その魅力について紹介します。

photo

入門その1

「中古住宅+リノベーション」という住宅購入 そのメリットは?

希少立地に低コストで住める

 新築は価格が高く、住みたい人気エリアに家を持つことは難しい場合でも、中古であれば立地を重視して、予算内で物件を選ぶことができます。また、駅の近くなど、すでに開発されているエリアでは、その後、新築が建つ可能性は低くなりますが、物件数が多い中古に目を向ければ、住みたいエリアを譲れない人には選択肢が豊富になります。

ライフスタイルに合わせた間取りや設備

 リノベーションは間取り変更など大規模な改修が可能なので、3LDKから大きなワンルームへの変更や、壁付けキッチンからカウンターキッチンへの変更など、ライフスタイルに合わせて自由にプランできます。また、フローリングやクロス、設備なども好きなものを選べるので、オリジナル空間を作り出せる点も魅力です。

実物を確かめて購入できる安心感

 日当たりや風通しから眺望や騒音の聞こえ方まで、実物をしっかりチェックできるのも中古のメリットです。マンションなら共用施設の清掃状況や管理状況もチェックでき、一戸建ての場合は近所の人に周辺環境など住み心地を確かめることもできます。

入門その2

「リノベーション」と「リフォーム」の違い

ではそもそも「リノベーション」は「リフォーム」とどう違うのでしょうか?

リフォームは、一般的には、老朽化した建物を建築当初の性能に戻すことを指します。クロス・床の張り替えなどの小規模な工事や、システムキッチンやユニットバスなどの設備の交換など、経年劣化によって壊れた箇所・古い箇所を直します。つまり、マイナスからゼロにする修繕のことで、できるだけ新築当初の状態に近づけることを意味します。

これに対してリノベーションとは、快適な暮らしを実現するための改修を意味し、住まい全体を一新し、性能を新築の状態よりも高めたり、もともとの建物に新たな付加価値を足したりと、間取り・排水管などの移動を伴う大規模な工事を指します。また、古くても必要なところは残し、欠点を個性に変え、自分のライフスタイルを生かした住まいへと近づけます。

リフォームがマイナスの状態からゼロにするものなのに対して、リノベーションは、マイナス・ゼロの状態から住宅をプラスにするようなイメージです。

リノベーション 快適な暮らしを実現するための改修 リフォーム 壊れた箇所・古い箇所を直し、 マイナスからゼロにする修繕

 市場にあるリノベーション住宅の総数を集計することは難しいですが、リノベーション住宅推進協議会の規格をクリアした「適合リノベーション住宅」は、現在右肩上がりに件数を伸ばしています(下表参照)。

 日本の住まいは、これまで新築が主流でしたが、欧米の古い建物を大切にする文化の影響を受け、エコの観点からも日本のリノベーション住宅は今後ますます注目されそうです。

リノベーション住宅推進協議会の規格をクリアした「適合リノベーション住宅」件数(縦:件数、横:年度)

グラフ

入門その3

「新築」と「中古住宅+リノベーション」どちらを選ぶ?

限られた予算の中で、新築と中古住宅+リノベーションのどちらを選びますか? それはまさに個人のライフスタイルが反映されます。

家族構成に合わせた一般的な間取りと標準の仕様がそろっていること、そして誰も使ったことのない新しい家に魅力を感じる人は新築派。

多少古くても使えるところはそのまま使い、自分がこだわりたいエリア、仕様、設備に予算を集中させたい人は中古住宅+リノベーション派となります。

新築派 家族に合った間取りで新しい家がいい!
中古住宅+リノベーション派 多少古くてもエリアや設備にこだわりたい!
入門その4

知っておきたい! 中古住宅選びの注意点

マンションの場合

  • 個人で変えられない共用部は満足できるか
  • 1981年6月以降の耐震基準か
  • 築50年を超えていたら修繕計画を確認する

一戸建ての場合

  • 敷地条件や地区計画による規制がないか
  • 雨漏りやシロアリ被害の形跡がないか
  • 現行の建築基準法に即した物件か

とはいえ一般の人には、建物の状態を見抜くのは難しいこと。心配な場合は、リノベーションを頼むリノベーション専門会社や、住宅診断をしてくれるホームインスペクターに診断を依頼しましょう。

昨今の空き家問題などから、国も、中古住宅の購入をバックアップしています。住宅ストック循環支援事業の「既存住宅の流通に対する支援」がそれ。中古住宅を購入する40歳未満の人に、インスペクション費用に対して1戸あたり5万円、窓の断熱改修などエコリフォームなどをする場合、最大65万円の補助をするというものです。くわしくは下記のホームページで確認を。
https://stock-jutaku.jp/purchase/

 また、リノベーションを進める上で下記にも注意しましょう。

  • 予算は事前にしっかり伝えておきましょう。依頼先との打ち合わせの際、あらかじめ希望の予算を伝えておくと、それに合わせた提案をしてもらいます。
  • プランイメージをスクラップしておきましょう。好みのインテリアテイストや、空間イメージをたくさん集めてスクラップしておくと、要望を伝えやすくなります。
  • 家族で要望をすり合わせておきましょう。どんな暮らしがしたいかについて家族で話し合い、要望の優先順付けをしてまとめておくと、打ち合わせがスムーズに進みます。
  • 物件の内覧は設計担当者と一緒に行きましょう。プランを反映できる間取りかどうかなどをしっかりチェックしてもらいましょう。物件を紹介してくれる設計会社もあります。
  • マンションは管理規約の確認を忘れずに!使用できる設備に決まりがあるなど、制約条件がある場合もあるので、事前に管理規約や過去の修繕履歴をチェックしましょう。

まとめ

マイホーム選びに「中古住宅+リノベーション」の新しい選択肢

 長い間、日本ではマイホーム購入は新築が一般的でした。夫婦2人と子ども2人の4人家族が住めるよう、同じような間取りや仕様、広さの建物がたくさん作られてきました。

しかし今はライフスタイルが多様化し、家族構成もさまざまです。また、自分たちの価値観や個性も大切にする時代にもなりました。

自分たちのライフスタイルに合った家を手に入れるため、マイホーム選びに「中古住宅+リノベーション」という選択肢が加わり始め、今後はさらに広がりそうですね。

取材協力:石川唯さん
一般社団法人リノベーション住宅推進協議会 広報
株式会社リビタ所属。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. Re Re Life 賢くリフォーム&リノベーション
  3. コラム, リフォーム
  4. リノベーション入門 リノベーションのメリットや注意点【Re Re Life 特集 リリライフとくしゅう】
Re Re 特集 リリ特集
Re Re ルポ リリルポ
Re Re 図鑑 リリ図鑑
Re Re マネー リリマネー
Re Re 快適のヒミツ リリ快適のヒミツ
Re Re みんなの住データ リリみんなの住データ