1. 大阪トップ
  2. Re Re Life 賢くリフォーム&リノベーション
  3. コラム, リフォーム
  4. 我が家の外壁、放置していませんか?【Re Re Life リリライフ 特集】

Re Re Life 賢くリフォーム&リノベーション

我が家の外壁、放置していませんか?【Re Re Life リリライフ 特集】

暮らしが快適になるリフォーム【外壁編】外壁リフォームはキレイと安心のカギ

 建物の顔、外壁。とはいえ、水回りと比べて、暮らしの快適さに直結するものではありません。多少ヒビが入っても、壁を触った手が白くなっても、「まだ、大丈夫」と保留にしていませんか? 今回は、イメージを一新、美しさと、安全が同時に手に入る「外壁」リフォームについて取材しました。

※取材協力=ケイミュー、ニチハ

イラスト

定期的に状態をチェック
外壁リフォームに3つの方法

 住宅の外観を左右する外壁。断熱性や耐震性にも大きく影響するものですが、多額の費用が必要となるため、後回しにされがちです。

定期的に点検することが望ましいのですが、20年~30年ほど前に家を建てた人が、少し遅めのリフォームを考えるケースが多いようです。

まずは、我が家の状態をチェックしてみて。

こんな問題起きていませんか?

□家の壁に、ヒビが入っている

□外壁材の継ぎ目にヒビが入っている

□壁を触ると、手に白い粉のようなものがつく

□サビが浮いてきている

□雨漏りがしてきた

外壁リフォームには、以下の3つの方法があります。

① 塗り替え
既存の外壁の表面を再塗装

② 重ね張り
既存の外壁に新しい外壁材を施工

③ 張り替え
既存の外壁を撤去し、新しい外壁材を施工

各方法、メリットとデメリットがあります。①の塗り替えは、外壁のリフォームとしては最も初期コストがかからないため、多くの人が取り入れている方法。とはいえ、外壁の状況によっては、定期的に塗り直す場合があるというデメリットも。

②の重ね張りは、大幅なイメージチェンジができ、断熱・遮音効果も期待できますが、①よりはコスト増に。③の張り替えは最も費用と工期がかかりますが、下地や土台のチェックもでき、新築のような仕上がりに。外壁材の色やデザインも豊富です。

photo

色やデザインもバラエティ豊かな、いまどきの外壁材(ニチハ大阪ショールーム)

住みながら可能な工事も
屋根と同じタイミングの修繕が◎

 建材性能と建築技術の向上で、メンテナンスが不要な期間はどんどん長くなっていますが、既存住宅はそうはいきません。1981年以前の家は古い耐震基準に則っているため、安全面でも課題があります。リフォームの際に、見た目だけでなく、断熱性や耐震性にすぐれた外壁材を選ぶことも一つの方法です。

「新築のような外観にイメージチェンジ出来て、自宅に住みながら工事が可能な重ね張りリフォームがオススメ」と、ニチハ・大阪ショールームマネージャーの堀田行雄さん。
風雨や気温変化にさらされて弱った外壁は、塗り替えでは充分に補強できず、数年後には再び塗装が必要になるケースもあるそう。

ケイミュー・戦略企画室室長の川井拓郎さんも「再塗装となると、再度足場を組むための費用がかかります。ご自宅の状態を把握して、長期的なスパンで考えていただけたら」と話します。
また、外壁と屋根は同じタイミングでリフォームすることが効率的とも。「どの方法を選ぶにしても、外壁と屋根を同じメンテナンスサイクルで進めると、費用だけでなく、住んでいる方々のストレスも軽減できると思います」(ケイミュー・川井さん)。

photo

外壁と屋根は同じサイクルでリフォームが◎。外壁材と同様に屋根材も進化しています。自然災害に強い軽量な屋根材・ROOGA(ケイミュー)

30年間で劇的に進化
サイディングが外壁材の主流に

 外壁材には、サイディング、モルタル、ACL、タイル、下見板張りなどがあります。

現在、住宅の外壁材として主流はサイディング。新築住宅では、7割が窯業系サイディングを採用。リフォームでは、軽量で建物にかかる負担が少ないことから、重ね張りで金属系サイディングが採用されることが増えています。

窯業系外壁材の特徴
セメント質と繊維質を主な原料にして板状に形成したもの。石柄、木目柄など、繊細な素材感をリアルに再現。断熱性はもちろん、デザイン性に優れている。

金属系外壁材の特徴
外壁材自体が軽く、建物本体への負担が最も少なく、リフォームに向いている。断熱性と耐久性に優れる。

性能やデザイン性がこの30年間で、劇的に進化したといわれる外回りのリフォーム。新築住宅を購入したときの知識でそのままにせず、我が家にあった方法をじっくり調べて、大きな買い物に備えたいですね。

iシリーズ「ソフィアルブリック 1FUKDDR」(ニチハ)

photo

 高耐候コーティングとマイクロガード(セルフクリーニング機能)をプラスした高機能外壁材シリーズ。フルカラーインクジェット塗装で、本物が持つ独特の風合いを再現

プレミアムシリーズ「FB型ネオレリーフプレミアム 1BS1KD29」(ニチハ)

photo

 金属の質感を生かしたデザインと表面材に「フッ素塗装高耐食GLめっき鋼板」を採用。紫外線による色あせに強いシリーズ。柄の深度を深く(3.5mm)することで、重厚感を表現。

ネオロック・光セラ16「セラトピア カンビオII」(ケイミュー)

photo

 太陽と雨の力でキレイが長持ちする、光触媒を用いた「光セラ」シリーズ。コンピュータ上でプログラミングしたデザインデータに基づき、外壁材に印刷する塗装で、自然素材に迫る質感と色彩を実現。

取材協力

ケイミュー 戦略企画室 戦略企画グループ
太田恵子さん

 「ケイミューの商品は、グランフロント大阪のパナソニックセンター大阪地下2階で見ていただくことができます。予約不要ですので、気軽に足を運んでください」

http://www.kmew.co.jp/index.html

photo:ケイミュー太田さん

ニチハ 大阪ショールーム
角田友希さん

 「ニチハ大阪ショールームでは、47センチ四方の大きな外壁材を実際に見て、触れていただけます。気になる外壁材でリフォームすればどうなるかのシミュレーションサービスも実施中です。予約の上、お越しください」

http://www.nichiha.co.jp/showroom/osaka.html

photo:ニチハ角田さん

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. Re Re Life 賢くリフォーム&リノベーション
  3. コラム, リフォーム
  4. 我が家の外壁、放置していませんか?【Re Re Life リリライフ 特集】
Re Re 特集 リリ特集
Re Re ルポ リリルポ
Re Re 図鑑 リリ図鑑
Re Re マネー リリマネー
Re Re 快適のヒミツ リリ快適のヒミツ
Re Re みんなの住データ リリみんなの住データ