1. 大阪トップ
  2. Re Re Life 賢くリフォーム&リノベーション
  3. コラム, リフォーム
  4. 本プレゼントも!人気ブロガーyukikoさんの水まわりキレイ習慣

Re Re Life 賢くリフォーム&リノベーション

本プレゼントも!人気ブロガーyukikoさんの水まわりキレイ習慣

\yukikoさんの著書プレゼントも!/

人気ブロガーyukikoさんにインタビュー ”ついで習慣”でいつもキレイな水まわりに

 2014年に自宅を新築。シンプルにスッキリと暮らす工夫を、ブログ「ほんとうに必要なものしか持たない暮らし」に楽しくつづるyukikoさん。「もともと家のことを考えるのは大好き。でも、根がズボラだからどうすればスッキリをキープできるかをすごく考える」というyukikoさんに、今回は、キッチンやバスルーム、トイレなどの水まわりに絞って、家づくりや掃除のアイデアを聞きました。

Profile
yukikoさん

大阪生まれ・大阪育ち。夫と1歳の娘、愛犬と生活。ブログ「ほんとうに必要なものしか持たない暮らし」は多くの読者に支持され、月間838万PVを超える人気ブロガーに。Amebaブログ「インテリア・DIY」部門1位(2018年1月18日現在)
https://ameblo.jp/yukikoismart/

osk_rerelife-180127_tokusyu_yukiko

yukikoさんの本を3人にプレゼント

毎晩の「キッチンリセット」でキレイをキープ

―自宅を建てる際、キッチンはどんな点にこだわりましたか?

 それまで、祖父母が建てた築45年ほどの家に住んでいました。昔ながらの間取りで、キッチンと居間は別々。壁を向いて料理していたので、孤独感がありました。

一番こだわったのは、キッチンからリビング・ダイニングの全体が見渡せる設計です。孤独感がないし、見た目もスッキリ。今は、ちょうど子どもが歩き始めたばかりなので料理しているときも目が届いて安心です。

photo

 私は「見せる収納」が苦手で、「隠す収納」が基本。素敵に雑貨を飾っているのを見ると憧れますが、一つ一つを掃除できるほどマメではないので、ホコリがたまって捨ててしまいたくなるのは分かっています。だから、背面収納を多めにして、レンジなどの家電もすっぽり収納。ホコリをためず、掃除が極力ラクになるようにしました。

photo

―設備を選ぶときは、どんな基準で選びましたか?

 掃除のしやすさを重視しました。シンクは、ステンレスではなく樹脂シンクに。樹脂シンクは天板との継ぎ目がないので、すき間に汚れがたまりません。コンロはIHを選んで、ワイドカウンター全体をフラットな状態にしました。調味料や調理器具などは全部収納して、表に何も出さないようにしているので、端から端まで一気に拭き掃除ができます。

―キッチンは、毎日掃除しているんですか?

 毎日「キッチンリセット」を習慣づけています。夕飯の後、洗い物をして、全部しまったら、スポンジに食器用洗剤をつけて、シンクや水栓、ワークトップ、IHのガラストップまで泡々にして洗い、固く絞った布巾で拭き取ります。もう1枚お皿が増えた感覚でやっているので、それほど苦にはならないし、朝、ピカピカのキッチンに立った時のすがすがしさは病みつきになります。

photo

バスルームは2階で眺めよく、「かける収納」でカビ対策も

―バスルームはどんな風にプランニングしましたか?

 主人がお風呂好きで、ゆったりできるようにしたいとリクエストがあったので、1.25坪と大きめの浴室を選びました。

リラックスできるよう眺めをよくしたかったのと、カビ対策のために大きめの窓もマストでした。その希望を伝えると、自然とバスルームが2階というプランに。洗濯物を干すバルコニーも、クローゼットもすべて2階なので、動線も抜群です。

photo

―お風呂をキレイに保つコツはありますか?

 カビ対策のため、シャンプー類や掃除道具などはじかに置かないで、すべて引っかける収納に。浴槽も壁も床もダーク色なので、すべてモノトーンの物を選び、スッキリ見えるようにしています。

photo

 鏡が大きいので、ウロコ汚れがつくと目立ちます。だから、最後にお風呂に入った人がスクイージーで水気をとって、タオルで拭いてから出るのを習慣にしました。「毎日、水気とりなんて絶対無理!」と思っていましたが、クセさえつけばこのほうが後々ラク。ピカピカの鏡は気持ちがいいので、主人も嫌がらずにやってくれています。

トイレの床はフローリングにして、落ち着く小部屋に

―トイレはどんなところにこだわりましたか?

 トイレというと「汚い場所」というイメージが嫌だったので、塩ビの床をやめて、廊下とひとつながりのフローリングにしてもらいました。これが大正解。友達が家に遊びに来た時も、「ここのトイレは落ち着くわ~」と言ってくれます。

1階のトイレはスペースを広くとってタンクレスにして、2階は狭めで標準仕様のタンク付きを選んだところ、居心地と掃除のラクさはおそろしく違います。2階にいても1階ばかり使ってしまうので、快適さって大きいと思います。

photo

わが家は基本、雑貨は飾らないようにしていますが、殺風景にならないようグリーンはところどころに飾っています。特にトイレは、グリーンがあると清潔感が出るのでおすすめ。数々の植物を枯らしてきましたが、アイビーやポトスなど、ツル系植物はお手入れがラクでおすすめです。

―フローリングの汚れは気になりませんか?

 フローリングと便座は、毎朝拭き掃除しています。トイレットペーパーにアルコールを吹き付けて除菌しながら拭き掃除して、最後にペーパーを流します。便器の汚れは、気になったときに掃除しますが、ブラシ部分が使い捨ての「流せるトイレブラシ」を愛用するようになってから、便器掃除がちょっとだけイヤじゃなくなりました。

yukiko流

キレイな水まわりをキープする三箇条

一、「見せる収納」は掃除が大変。「隠す収納」でホコリをためない

一、「いざ掃除」はやめて、使ったときに「ついで掃除」

一、夜のひと手間、「キッチンリセット」ですがすがしい朝を迎える

photo:無理は禁物やで~

\こちらの記事もチェック/

Prexent

yukikoさんの著書を抽選で3人にプレゼント

 yukikoさんの住まいと暮らしのアイデア・もの選びのコツが詰まった書籍「ほんとうに必要なものしか持たない暮らし」(カドカワ・1300円)を3人にプレゼント!

photo

応募はコチラから

2018年2月14日(水)23:59締め切り

7問以上正解した人の中から抽選で5人に2000円分の商品券プレゼント

Re Re Life クイズ

 快適な住まいを手に入れるため、リフォーム・リノベーション時に必要な知識を、クイズ形式で学びませんか。

10問中7問以上正解した人の中から抽選で5人に2000円分の商品券をプレゼントします!

クイズはコチラから

2018年2月14日(水)23:59締め切り

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. Re Re Life 賢くリフォーム&リノベーション
  3. コラム, リフォーム
  4. 本プレゼントも!人気ブロガーyukikoさんの水まわりキレイ習慣
Re Re 特集 リリ特集
Re Re ルポ リリルポ
Re Re 図鑑 リリ図鑑
Re Re マネー リリマネー
Re Re 快適のヒミツ リリ快適のヒミツ
Re Re みんなの住データ リリみんなの住データ