1. 大阪トップ
  2. Re Re Life 賢くリフォーム&リノベーション
  3. コラム
  4. 【フラット35】リノベなら金利▲0.6%優遇も【Re Re マネー リリマネー】

Re Re Life 賢くリフォーム&リノベーション

【フラット35】リノベなら金利▲0.6%優遇も【Re Re マネー リリマネー】

【フラット35】リノベなら金利▲0.6%優遇も【Re Re マネー リリマネー】

 リフォームやリノベーションをするなら、知っておきたいお金のはなし。ファイナンシャル・プランナーの大石泉さんがやさしく解説してくれます。

写真

Lesson19

中古住宅の購入資金とリフォーム資金を
併わせて借りられる【フラット35】

性能や技術基準により優遇内容が決まる融資条件

イラスト

 希望の住空間を実現したいと、中古住宅を購入してリフォームやリノベーションをする人が多くいらっしゃいます。

住宅ローンを利用して中古住宅を購入し、その後にリフォームローンを使ってリフォームなどを行うと、金利や手数料の異なる二つのローンが同時進行することになります。

これまでにもお話しした通り、リフォームローンは住宅ローンよりも金利が高くなる傾向です。金融機関によっては、住宅購入と同時にリフォーム工事を行うことで資金をまとめて融資するサービスを行っています。住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携して提供する住宅ローン【フラット35】でも、「中古住宅の購入資金」と「リフォームの工事資金」をまとめて借り入れできる制度があります。

【フラット35】の利用にあたっては、購入する住宅が【フラット35】の求める技術基準を満たす必要がありますが、リフォーム工事によって当該技術基準を満たすことができれば、【フラット35】を利用することが可能です。

さらに、中古住宅を購入して性能向上リフォームを行う場合、または住宅事業者により性能向上リフォームが行われた中古住宅を購入する場合は、当初期間において▲0.6%の金利優遇が受けられる【フラット35】リノベの利用が可能です。性能向上リフォームとは、省エネルギー性・耐震性・耐久性・可変性・バリアフリー性などの住宅の性能を一定以上向上させるリフォーム工事を言います。

【フラット35】S
(金利Aプラン)当初10年間年▲0.25%【フラット35】S
(金利Bプラン)当初5年間

金利引下げプラン 金利引下げ期間 金利引下げ幅

※【フラット35】Sの(金利Aプラン)と(金利Bプラン)は、満たすべき技術基準が異なります。詳細は、住宅金融支援機構のサイトをご覧ください。
http://www.flat35.com/files/300317072.pdf

※【フラット35】リノベの金利引下げは平成30年3月31日までの申込受付分に適用。ただし、予算金額に達する見込みとなった場合は受付を終了。

【フラット35】リノベなら年利▲0.6%に!

イラスト

 【フラット35】には、当初期間の金利を引下げる制度がいくつかあります。例えば【フラット35】S:年▲0.25%、【フラット35】子育て支援型・地域活性型:年▲0.25%(【フラット35】Sとの併用で当初5年間▲0.5%)など。

なかでも、中古住宅購入+性能向上リフォームの場合に利用できる【フラット35】リノベは年▲0.6%と引き下げ幅が群を抜いて大きくなっています。新築住宅購入では適用されない中古住宅購入限定の制度です。金利引下げ効果は以下の通りです。

【フラット35】リノベの毎月の返済額・総返済額の試算例

【前提条件】借入額3,000万円(融資率9割以下)、借入期間35年、元利均等返済、ボーナス返済なし、借入金利年1.36%※の場合 ※平成30年1月において返済期間が21年以降35年以下、融資率9割以下の場合で取扱金融機関が 提供する最も多い【フラット35】の金利

【フラット35】 【フラット35】リノベ
(金利Aプラン)
【フラット35】リノベ
(金利Bプラン)
借入金利 全期間1.36% 当初10年間
0.76%
11年目以降
1.36%
当初5年間
0.76%
6年目以降
1.36%
毎月返済額 全期間
89,811円
当初10年間
81,371円
11年目以降
87,436円
当初5年間
81,371円
6年目以降
88,627円
総返済額 37,692,420円 35,979,320円 36,772,169円
【フラット35】との総返済額比較 ―― ▲1,713,100円 ▲920,251円

※【フラット35】リノベは、【フラット35】を活用した性能向上リフォーム推進モデル事業として住宅金融支援機構が独自に実施するもので、中古住宅・リフォーム市場の活性化及び住宅ストックの質の向上を図ることを目的としています(モデル事業とは、本格的な制度の導入に向けて、制度の効果及び有効性を検証するために試行的に実施するものです)。

 金利が低いとはいえ、住宅ローンは借金です。一度借りると完済まで返済が継続します。

安易な借り入れはせず、家計収支から無理なく返済継続できることが鉄則です。

まとめ

・「中古住宅購入+リフォーム&リノベーション」は同時進行、同時借入も要検討
・リフォームは住宅性能向上にもこだわってみよう
・借入れは家計収支を基本とし、返済継続可能なプランニングをしよう

写真

Profile
自分予算®プランナー 大石 泉さん

株式会社リクルートにて週刊住宅情報(現在のSUUMO)の編集・企画・制作・審査に約15年勤務した後、個人のファイナンシャル・プランニングの必要性を感じ、ファイナンシャル・プランナーとして独立。今日まで、自分らしく豊かなに暮らしたいと願う個人の元気と勇気と夢の実現を「住まい」・「キャリア」・「マネー」の3つの柱でサポートしている。
金融庁と日本銀行より、2014年度「金融知識普及功績者表彰」として表彰される。

株式会社NIE.Eカレッジ 代表取締役
一般社団法人夢の実現サポーター 代表理事

NPO法人日本FP協会認定上級ファイナンシャル・プランナー(CFP®)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
宅地建物取引士
産業カウンセラー、キャリアコンサルタント
http://www.izumi-ohishi.co.jp/profile.html

著書:「投資デビュー!」ライフプランを実現するお金の知識/平凡社・新書 好評発売中
http://www.heibonsha.co.jp/book/b183468.html

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. Re Re Life 賢くリフォーム&リノベーション
  3. コラム
  4. 【フラット35】リノベなら金利▲0.6%優遇も【Re Re マネー リリマネー】
Re Re 特集 リリ特集
Re Re ルポ リリルポ
Re Re 図鑑 リリ図鑑
Re Re マネー リリマネー
Re Re 快適のヒミツ リリ快適のヒミツ
Re Re みんなの住データ リリみんなの住データ