1. 大阪トップ
  2. Re Re Life 賢くリフォーム&リノベーション
  3. コラム, リフォーム
  4. 2018年4月から義務化がスタート「インスペクション」の メリットとは?

Re Re Life 賢くリフォーム&リノベーション

2018年4月から義務化がスタート「インスペクション」の メリットとは?

2018年4月から義務化がスタート 「インスペクション」の メリットとは?

 中古物件をリフォーム・リノベーションして住み替えることは、自分好みの住まいに整える楽しみがあります。それには、建物自体の“状態”や“質”はしっかり把握しておきたいもの。今年4月から改正宅地建物取引業法が施行され、既存住宅状況調査=インスペクション実施の有無を報告することが義務付けられます。インスペクションについて、公益社団法人 大阪府建築士会インスペクション部会メンバーの昇(しょう)勇さん、中島薫さん、田代加奈さんに聞きました。

既存住宅の状況調査について
売主から買主への報告が義務化

 インスペクションとは、中古物件(既存住宅)について、劣化状況や不具合の有無などを調査、診断して報告することです。今年4月1日から、売買の際の重要事項説明時にインスペクションを行ったかどうかを明らかにすることが義務付けられます。

昇さんは、「インスペクションは義務ではありませんが、調査を実施したかどうかと、調査した場合の結果を、宅建業者が買主に説明しなければならなくなります。重要事項説明の際にチェック欄がありますので、もしも、買う側に(インスペクションについての)知識がない場合でも調査・診断が行われたのかどうかを知ることができます」と話します。

これまでにも住宅調査・診断は行われていましたが、「報告が義務化される」ということが大きなポイントになるわけです。

例えば、大阪府建築士会が行っているインスペクションは、基礎(構造)、床、柱・梁、外壁、内壁や天井などを「目視」で検査。構造的ひび割れ、雨漏り、外壁の浮きはないか、木造の場合は蟻害がないかなどを調べます。目視以外では水平器やレーザー水準器を用いて床や柱の傾斜の有無を確認。オプションで耐震診断、給排水管路調査などもあります。

調査は既存住宅状況調査(インスペクション)について一定の講習を受講し、資格を有した建築士が行うことができます。

photo:天井 柱・梁・内壁・床

インスペクションを行うことのメリット

売主

インスペクションにより住宅の品質を明らかにすることで、売買が容易となる

住宅引渡し後に発生した不具合によるトラブル回避に役立つ

買主

住宅の劣化状況や不具合の有無が事前に把握でき、建物に対する不安を軽減できる

住宅購入後に必要となる修理費の想定ができ、購入の資金計画が立てやすくなる

 また、住宅に瑕疵があった場合に備えて加入する住宅瑕疵保険は、これまでは新築時の加入が圧倒的に多かったのですが、インスペクションの義務化によって中古物件の加入の増加が見込まれています。購入後に生じた不具合に対しても修理代の保険がおりるというもので、昇さんは、「調査は目視でやっており、壁をはがすなどはしません。調査段階ではなかったけれど住み始めてから、雨漏りなどの不具合が生じる場合も。瑕疵保険に入っていれば、契約の保証期間であれば、保険でその修理代が支払われます」と話します。

全国的な空き家問題も背景に

 インスペクション導入の背景には、全国的に増加している空き家の問題も要因の一つに考えられるといいます。

「クロスを張り替えるなどで、一見きれいにリフォームされた中古物件を購入したところ、住み始めてから雨漏りがしたので、床をはがして調べてみると白アリが巣食っていた、という案件もありました」と中島さん。

白アリは、ほおっておくと木の柱や梁、土台などがスカスカになり崩れ落ちる可能性があり、大変危険です。インスペクションでは、床下点検口がある場合には、そこから中に入って調べることができます。

「中古物件でもインスペクションによって安心して購入できるようになれば流通促進につながります」と話します。

大阪府建築士会が行っているインスペクションの料金は一戸建て6万円から、共同住宅は5万円から(税別)。

元の持ち主の了解を得た上で、インスペクションの委託者が費用を出します。仲介業者が委託者となる場合もありますが、「依頼した側に都合の良い結果になることのないよう、売主側、買主側でもない中立的立場の建築士が調査、診断を行うことが望ましいでしょう」(昇さん)。

 インスペクションは以下のような流れで行われます。調査は、申し込み者・又は代理人の立ち合いの下、正副2人の調査建築士で実施。所要は2~3時間程度です。

インスペクションの流れ

①申し込み

②受付完了通知

③調査建築士から連絡
申し込み内容の確認、図面等の調査資料、調査日時の打合せなど

④業務契約、現地調査

⑤調査報告書の交付・説明
調査費用支払い

 「リフォーム・リノベーションする際にも、計画段階で調査をして住宅の欠陥箇所を把握することは必要です。住宅購入は何度も経験することではないだけに、仲介業者や不動産会社にまかせっきりになりがちですが、消費者の皆さんも興味・関心を持っていただくことが大切です」と田代さん。

インスペクションを実施することで築年数にとらわれるのではなく、住宅本来の質を見極めて後悔のない住宅購入をしたいものです。

▼大阪府建築士会 電話06・6947・1961

インスペクション申し込みはFAX、ホームページのシステムからも受け付けています。

取材協力

昇(しょう)勇さん
大阪府建築士会理事
インスペクション部会

中島薫さん
大阪府建築士会元理事
インスペクション部会

田代加奈さん
大阪府建築士会理事
インスペクション部会

photo

左から 昇さん、中島さん、田代さん

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. Re Re Life 賢くリフォーム&リノベーション
  3. コラム, リフォーム
  4. 2018年4月から義務化がスタート「インスペクション」の メリットとは?
Re Re 特集 リリ特集
Re Re ルポ リリルポ
Re Re 図鑑 リリ図鑑
Re Re マネー リリマネー
Re Re 快適のヒミツ リリ快適のヒミツ
Re Re みんなの住データ リリみんなの住データ