1. 大阪トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 中華
  4. カブと春雨の辛味炒め

カブと春雨の辛味炒め

カブと春雨の辛味炒め

ごはんがすすむピリ辛味に ほっこり甘いアクセント

<調理時間約20分>

カブと春雨の辛味炒め
●作り方

  1. カブは葉を切って皮をむき、食べやすい大きさのくし形切り、葉は3㎝幅に切る。緑豆春雨は熱湯で約5分戻し、食べやすい長さに切る。
  2. フライパンにごま油を熱し、カブを表面が透き通るまで焼いて取り出す。
  3. フライパンにサラダ油を足し、ニンニク、ショウガ、豚ひき肉を炒める。豆板醤を加え、さらに炒める。
  4. 合わせたABを加え、煮立ったら緑豆春雨と2を入れて中火で約10分炒め煮にする。汁気が少なくなり、カブに火が通ったら、葉も加えて軽く炒め合わせる。最後にごま油(分量外)をかけると風味がアップ。

●アレンジ

 緑豆春雨の代わりに厚揚げを使ったり、キノコ類を加えてもOK。

材料 4人分
 
 カブ(小)
4個~5個
 緑豆春雨
80g
 豚ひき肉
200g
 ショウガ・ニンニク(みじん切り)
各1片
 豆板醤
小さじ1
 ごま油・サラダ油
各大さじ1
<A>
 
 鶏がらスープの素
大さじ1
 水
400cc
<B>
 
 砂糖
大さじ1
 しょうゆ
大さじ3
 酒
大さじ1
カブ

[カブ]

 白くふくらんだ根の部分に、胃もたれや胸焼けを改善する消化酵素のアミラーゼを、葉にはβ-カロテンを多く含み、根よりも葉の方が栄養豊富です。葉がシャキッとみずみずしく、根は真っ白でつやがあり、ずっしりと重みを感じるものを選んで。

料理研究家 福西ひろみ(ふくにし ひろみ)さん

●今回の亭主
料理研究家 福西ひろみ(ふくにし ひろみ)さん

 南森町の料理教室「ウィリークッキング」主宰。友達の家に遊びに行くような、ホームパーティー感覚のレッスンで、ごはんにもお酒にも合う、気軽なパーティー料理などが学べる。季節ごとのテーブルコーディネートも好評。HPには、普段のごはんを紹介するブログ日記も。 http://www.willy-cooking.com

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 大阪トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 中華
  4. カブと春雨の辛味炒め

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2019年12月6日号

電子ブックを読む

サンケイリビング小学生新聞

サンケイリビング小学生新聞
2019年 冬号

電子ブックを読む



会員登録・変更