1. トップ
  2. プレゼント
  3. 福士蒼汰主演「旅猫リポート」をプレビュー! プレゼントも

福士蒼汰主演「旅猫リポート」をプレビュー! プレゼントも

その経済効果が「ネコノミクス」と呼ばれるほど、空前の猫ブームが続いています。そんな中、「図書館戦争」「阪急電車」「県庁おもてなし課」など、映画化もされたヒット作を持つ作家、有川浩の「旅猫リポート」が待望の映画化! 10月26日(金)から全国ロードショーとなります(配給/松竹)。

ある青年と元野良猫ナナの
ハートフルで切ない、旅の物語

1810_tabineko_01
(C)2018 「旅猫リポート」製作委員会 (C)有川浩/講談社

原作は、数ある有川作品の中でも1.2位を争う高評価作品として世界16カ国で翻訳されています。ネコ目線で進むストーリー構成のため、実写化は困難だった作品でしたが、天才的な俳優ならぬ猫優(?)の登場で、ついに映画化が実現しました。

物語の主人公は、野良猫としてタフに生きていたオス猫と心優しい青年、悟。ある日、猫が車にはねられたところを悟が助けたことをきっかけに、悟の飼い猫として一緒に暮らすことになる(正確には、ナナと名付けられたのは飼い猫になってからですが…)。5年間、かけがえのない“家族”として一緒に過ごしてきた悟とナナだったが、ある事情からナナを手放さなくてはならず、新しい飼い主候補を探す旅に出る…。

猫好きの悟を演じるのは、出演作がめじろ押しの福士蒼汰。「図書館戦争シリーズ」でも有川作品に出演しており、心優しさと意志の強さを併せ持つ青年役にジャストフィット! ナナの声を担当するのは、高畑充希。共演は竹内結子、広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介、木村多江、戸田菜穂ほか。

1810_tabineko_03
(C)2018 「旅猫リポート」製作委員会 (C)有川浩/講談社

PREVIEW
動物が重要な役割を持つ物語の場合、「動物たちが人間の言葉を話したり理解できる」前提の作品と、「人間と動物の間には言葉のコミュニケーションがない」という立場のものがあるが、「旅猫リポート」は、その両方を絶妙にミックスしたようなスタイルで物語が進んでいく。
冒頭から、ナナの独白で始まるので、最初は面食らうのだが、元野良猫らしいタフでちょっと強がった感じのナナの心の声は、聞くほどに愛らしく、いじらしい。言葉が通じないからこそ育つ愛情は、確かにそこにあるのだと思う。ペットと暮らした経験がある人なら、悟とナナの関係を自分に置き換えて、ウルっとなるだろう。
ストーリーについて詳しく書くと映画の魅力が半減しそうなので、それは観てのお楽しみにしたいのだが、悟とナナの絆はもとより、彼らが旅先で出会う人たちと共有する大切な時間が、なんだかとても微笑ましかった。猫好きならずとも、観てもらいたい映画だ。(リビングWeb編集部 相澤裕之)

1810_tabineko_04
(C)2018 「旅猫リポート」製作委員会 (C)有川浩/講談社

1810_tabineko_06
(C)2018 「旅猫リポート」製作委員会 (C)有川浩/講談社

●「旅猫リポート」公式サイト
http://tabineko-movie.jp/

PresentPresent

「旅猫リポート」公開記念”にゃん”でも拭けるウェットティッシュを抽選で3人にプレゼント!

present

抽選で3人に「旅猫リポート」公開記念”にゃん”でも拭けるウェットティッシュをプレゼント! 応募締め切りは11月14日(日)。※当選者の発表は発送をもって代えます

応募は終了致しました

この記事が気に入ったら「リビングWeb」をフォローしてね。新着記事やおすすめ記事のおしらせを好きな方法で受け取れます。

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. プレゼント
  3. 福士蒼汰主演「旅猫リポート」をプレビュー! プレゼントも
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更