1. 埼玉トップ
  2. 特集
  3. 埼玉ママ6000人のコミュニティ! 「High Five Mom 埼玉ママ」

埼玉ママ6000人のコミュニティ! 「High Five Mom 埼玉ママ」

埼玉ママ6000人のコミュニティ! 「High Five Mom 埼玉ママ」

ママが自分らしく生きるための
趣味やスキルを活かせる場を提供

「High Five」は「ハイタッチ」の意味を持つ言葉。
「High Five Mom 埼玉ママ」は、ママを応援するコミュニティとして2014年に設立。
2015年から埼玉を拠点に活動をスタートさせています。

syuugou

活動にあたり、掲げているミッションは3つ。
①子育て中のママたちへの情報提供及び親子参画の居場所づくり
(産後うつ、育児ノイローゼ防止活動を含む)
②趣味や資格を活かして活動する女性が活躍できる環境づくり
③地域活性化

具体的には、ファミリーイベントやワークショップの開催や、ママと子どもの交流の場やママの働き方の情報を提供する活動等を行っています。

chirashiomote

chirashiuraイベントのチラシ

 

ivent1バースデー撮影会の様子

 

ivento3

成長の記録に足形を取る様子

 

ivent2ママ座談会の様子

 

活動を支えているのは、ママ会員の存在。
現在、約5500が会員登録しています。
会員の内訳は、プチ起業ママ登録が約400人、ママ会員が約5000人。
プチ起業ママには、イベントでの講師やワークショップの開催を依頼。
ママ会員には、イベントへの参加や情報提供を呼びかけています。

 

ほんの少しのきっかけや出会いで
子育てがぐんと色鮮やかに、輝きを増す!

ママコミュニティを立ち上げたきっかけを代表の市倉育江さんに聞きました。

ichikurasan

「私自身、第一子を出産した後に、軽いうつ状態を経験しました。その時に、父が、”気分転換に買い物に行っておいで”と私を外出させてくれたんです。その時、外の空気を吸ってリフレッシュしたことがきっかけで、外に出ることの大切さを感じました。その後、当時はやっていたmixiで子育てママたちと話をしたり、オフ会を行ったり。周りの環境を変えることで、今までうつうつとしていた状況が180度変わり、子育てライフが充実し、キラキラしはじめました」

その後、夫の転勤で埼玉へ。当初は、自宅で、出産後に身に付けたエステを教えていた市倉さん。技術を取得した生徒が自分のサロンを立ち上げるも、うまくいかず閉店する姿を何度も見るうちに、子育てママたちが自分のスキルを活かして活躍する場を作りたいと思うようになったそう。それまでの活動のノウハウを活かして、2014年に「High Five Mom 埼玉ママ」を立ち上げました。

現在では、行政と協働の事業を行ったり、住宅展示場などでファミリーイベントを埼玉各地で開催したり、企業からの依頼で講師の派遣をしたり。また、就活メイクの仕方やプロフィールの書き方、ブログの書き方など、ブラッシュアップしたいママのためのセミナーを行うなど、ママを元気にするために多彩に活動しています。

「High Five Momの活動を通して、活躍の幅を広げたり、子育ての迷いや悩みを解消することができたり、また働こう! と前向きな気持ちになったりしてくれたら本当にうれしいです! 埼玉にはママコミュニティがたくさんあります。私たちしかできない方向性を探りながら、長く続けていくことが目標です」(市倉さん)

 

High Five Mom
http://highfivemom.net/
問い合わせ=highfivemom2014@gmail.com

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 埼玉トップ
  2. 特集
  3. 埼玉ママ6000人のコミュニティ! 「High Five Mom 埼玉ママ」


会員登録・変更