1. 埼玉トップ
  2. 特集
  3. 埼玉は漫画ネタの宝庫? 次なるブームは“埼玉の女子高生”の予感

埼玉は漫画ネタの宝庫? 次なるブームは“埼玉の女子高生”の予感

埼玉は漫画ネタの宝庫? 次なるブームは“埼玉の女子高生”の予感

編集部/渡邊ゆり

ドラマのロケ地として旋風を巻き起こしたあの街を舞台に、“埼玉あるある”が満載

先日、突然の「活字読みたい欲」に駆られ、フラッと本屋へ立ち寄りました。出入口近くで衝撃の山積み漫画を発見! タイトルは「埼玉の女子高生ってどう思いますか?」。元・埼玉の女子高生の私は、購入即決。魔夜峰央さんの漫画「翔んで埼玉」が映画化され、2019年2/22に公開されますが、“埼玉発の漫画ブーム”、きてます!

表紙

「埼玉の女子高生」とはいっても、舞台は埼玉北部の行田です。私も◯年前、「行田の女子高生」でした。漫画の中には、今どきの女子高生ライフとともに、行田市内の名所や、埼玉北部民の憧れの都会・大宮が登場します。その画力が漫画とは思えないほど、素晴らしい描写なので、元市民としてもビックリなのです。ネタバレになってしまうので、少しだけ紹介。

表紙は、秩父鉄道(女子高生言葉ではチチテツ)東行田駅。
東行田

2017年に、池井戸潤さんの「陸王」&TBSドラマのロケ地として旋風を巻き起こした「水城公園」。
水城公園水城

「忍城」。こちらもドラマの影響で訪れる人が激増。平日の午前中でしたが、スマートフォン片手にフォトスポットを探す人、散策する人にたくさん出会いました。
忍城忍

「さきたま古墳群」。
古墳

今の時期は空気が澄んでいて、景色も抜群! ぜひ古墳の上まで登って、悠久の時を感じてください。世界遺産には及ばないかもしれないけれど、かなりのパワースポットかも。

そして、埼玉県民にはおなじみのテレビCM「ヒュル~♪風が語りかけます」の十万石本店。
十万石十万石外

今どきの女子高生が、楽しそうに「十万石まんじゅう」や「はにわさぶれ」を籠に入れて買い求めている姿が微笑ましい。

今回、久しぶりに行田市内を仕事&観光?したのですが、カメラを片手に走り回っている私に、市民の皆さんが声をかけてくれる機会が多かったと感じました。観光客へのおもてなしというか、気遣いというか。ロケ地として多くの人が訪れ、経済効果は10億円とも言われている行田市。女子高生だったころは近くにありすぎて、あまり魅力を感じなかった街が、立派な「観光地」に姿を変えていました。

実はこの漫画、地元ウケだけでは終わりません。2018年10月に初版が発行されてから、わずか1ヶ月で重版されているのです。作者の渡邉ポポさんの名前も、私「渡邊」なので親近感が。こちら、1巻ということなので、ぜひぜひ今後の展開と「観光地・行田」の飛躍に期待したいですね。

おみやげ

もちろん、行田を訪れた際は、おみやげも忘れずに。

※漫画は全て、新潮社「埼玉の女子高生ってどう思いますか?」より
(C)渡邉ポポ/新潮社

■新潮社「埼玉の女子高生ってどう思いますか?」渡邉ポポ 600円(税別)
☎03-3266-5111(新潮社 読者係)

■行田市役所 商工観光課
☎048-556-1111

 

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 埼玉トップ
  2. 特集
  3. 埼玉は漫画ネタの宝庫? 次なるブームは“埼玉の女子高生”の予感


会員登録・変更