1. 埼玉トップ
  2. 特集
  3. さいたま市子ども家庭総合センター「あいぱれっと」は、気軽に利用でき、気軽に相談ができる場所

さいたま市子ども家庭総合センター「あいぱれっと」は、気軽に利用でき、気軽に相談ができる場所

さいたま市子ども家庭総合センター「あいぱれっと」は、気軽に利用でき、気軽に相談ができる場所

2018年4月にオープン!
子ども・家庭をとりまく課題に取り組み
総合的な支援を行っています

005 北面外観子ども・家庭をとりまく課題に総合的に取り組み、子ども・家庭、地域の子育て機能を総合的に支援する場というねらいで、2018年4月、「さいたま市子ども家庭総合センター あいぱれっと」がオープンしました。

 

4階建てのこの施設。中に入って見ると、
外観からは想像ができないほどの充実ぶり!

【1階】市民コンタクトスクエア
▶ぱれっとひろば
6歳以下の乳幼児と保護者の遊び場。「ぴちゃぴちゃ池」や「お花ばたけのライブラリー」など、子どもが自由に遊びを選択できるスペース。遊び場を囲むように「くつろぎコーナー」などの親の見守りゾーンがあります。土・日曜もオープンしているので、週末はパパ&子どもの姿が多くみられるそう。飲食ができるスペースや、乳児専用スペースもあります。
024 1階遊びひろばIMG_4020

 

▶なんでも子ども相談窓口(最終受付は30分前)
月・火・木・金曜11:30~20:00 土・日曜、祝日9:00~17:00 水曜休み。
電話でも受け付け。☎048-762-7757
15歳までの子どもに関する相談ができる窓口。相談者は保護者または本人。保健師、看護師といった資格を持つ人や、家庭児童相談員、福祉職などの経験のある人が対応してくれます。ぱれっとひろばに面しているため、気軽な雰囲気で相談ができます。
IMG_4026

 

▶なんでも若者相談窓口
電話相談も可能。☎048-829-7064
主に中高生から30代の、成人前期の若者を対象にした相談窓口。進路や就職、人間関係などの悩みを相談できます。

 

▶中高生活動スペース ※無料
中高生を対象にした、自習やサークル、グループ活動ができるスペース。
フリースペース(飲食可能)、バンドスタジオ、ダンススタジオ、屋根付き運動場があります。屋根付き運動場は小学生のみが利用できます。
pptx3

 

▶多目的ホール1・2 ※各80人まで ※無料
講演会やイベント、地域活動の打ち合わせなど多目的に利用できす。2部屋あり、可動式の間仕切りで仕切られているため、2部屋1体で使用するこもできます。
042 1階多目的ホール・オープンスタジオ

 

▶調理室 ※25人まで ※無料
車イス対応の調理台(1台)があります。調理工程を天井からビデオカメラで撮影し、モニターに映し出すこともできます。
048

 

▶冒険はらっぱ
穴を掘ったり、ものづくりをしたり、規制のある公園とは違う、誰でも自由な遊びができる屋外プレイパーク。月・木・金曜…10:00~13:00、土・日曜、祝日…10:00~17:00(11~3月は16:00)はスタッフが常駐しています。
IMG_4029

 

~施設の利用について~
・ぱれっとひろば、冒険はらっぱ、屋根付き運動場は手続きなしで使用が可能。
・多目的ホール、調理室は予約が必要。「さいたま市公共施設予約システム」で予約。
・バンドスタジオ、ダンススタジオは1階の総合案内で申し込み(登録が必要)。申し込みは当日の先着順。

1階の市民コンタクトスクエアは、各年代の子どもがそれぞれに楽しめるように作られた施設。6歳以下の乳幼児と保護者が利用できるぱれっとひろばは、天候に左右されずにのんびりと遊べるスペース。赤ちゃんの日焼けが気になる、外遊びがあまり楽しめないといったママ・パパにもうれしいスポット! もちろんおむつ替えやバギー置き場などもきちんと整備されていて、「こんな遊びが欲しかった!」と思える場所。
また、子ども向けのイベントが行える調理室や多目的ホールのほか、中高生向けのバンドスタジオやダンススタジオは、無料で利用ができるというから驚きです。今はまだ周知がされていないため混雑はあまりないようですが、今後は充実した施設だけに人気が出そう。乳幼児向け、小学生向け、大人向けなどイベントもいろいろ行っています!

20181105110542_00001

 

2~4階はさまざまなジャンルに分かれた
専門相談機関

2~4階には、悩みや問題を抱える人たちが、ゆっくりと専門家に相談できる窓口がそろっています。いくつかの問題を抱える人は連携した支援を受けることができ、また、「なんでも子ども相談窓口」や「なんでも若者相談窓口」に訪れた人たちの中で、専門相談機関による相談や支援が必要な場合は、支援のコーディネートを行います。

▶児童相談所 ☎048-711-2416
児童福祉法に基づく児童福祉の専門機関。18歳未満の子どもの相談窓口。

▶子ども家庭支援課 インクルーシブ子育て支援
インクルーシブ(一人ひとりの個性を大切にする)子育て支援の実現をめざし、関係機関への支援や子育てに関するプログラムやツールの開発、普及啓発を行っています。

▶子ども家庭支援課 子どもケアホーム
児童福祉法に規定されている児童心理治療施設。心の傷付き、生きづらさを感じる中学卒業以降~18歳の子どもを対象としたケアを行っています。利用には児童相談所への相談が必要。

▶こころの健康センター ☎048-762-8548
精神保健及び精神障害者福祉に関する法律に基づいて設置された精神保健福祉センター。依存症やひきこもり、思春期等の心の健康などに関する相談窓口。

▶総合教育相談室 ☎048-711-5495
市立学校の支援体制の整備や、市内6カ所の教育相談室・適応指導教室の運営の総括、関連機関との連絡調整など、教育相談の中核を担う、教育委員会内の組織。

▶あいぱれっと教育相談室 適応指導教室「あおぞら」 ☎048-711-5433
総合教育相談室が統括する教育相談室・適応指導教室の一つ。学校生活に関わる不安や悩み、就学前の幼児のことばの相談ができます。適応指導教室では、さまざまな理由で登校することが困難な児童生徒に対して、相談・指導を行っています

▶男女共同参画相談室 ☎048-711-5739
家庭内のトラブル、夫・恋人からの暴力(DV)などの女性の悩み電話相談。女性の法律相談、女性の心の健康相談、男性の悩み電話相談も行っています。

 

さいたま市子ども家庭総合センター あいぱれっと
☎048-829-7043(総合事務室)
さいたま市浦和区上木埼4-4-10。与野駅東口徒歩7分。
駐車場は台数に限りがあります。なるべく公共交通機関で来館を

1階 市民コンタクトスクエア
9:00~20:00。水曜休館(祝日の場合その翌日)。年末年始(12/29~1/3)、その他施設管理上休館になる場合があります ※就学前の幼児は保護者同伴で利用を

2・3・4階 専門相談機関
8:30~17:15。児童相談所は18:00まで。土・日曜、祝日、年末年始休館
http://www.windsorracket.co.jp/
http://i-palette.com/https://saitama.rsb.ws-scs.jp/web

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 埼玉トップ
  2. 特集
  3. さいたま市子ども家庭総合センター「あいぱれっと」は、気軽に利用でき、気軽に相談ができる場所


会員登録・変更