1. 埼玉トップ
  2. 特集
  3. 東京から一番近い!“バンジージャンプ”が秩父で出来る?

東京から一番近い!“バンジージャンプ”が秩父で出来る?

東京から一番近い!“バンジージャンプ”が秩父で出来る?

2019年3月下旬には長さ100mの吊橋を渡る
アクティビティ「スカイウオーク」が完成予定

編集部/井上淳子

埼玉県秩父エリアで、新しい観光拠点の整備が進んでいます。
それが、「秩父ジオグラビティパーク」。
秩父鉄道「三峰口駅」周辺エリアで地形を生かし、大人も子どもも楽しめるアクティビティ設備が完成する予定です。
※開業予定は2019年3月下旬。アクティビティ設備は随時増設
施設名にある「ジオ」とは、地球、大地などの意味で、地質や地形でその土地の成り立ちを知ることが出来る場所を「ジオパーク」と言います。
秩父地域は、「ジオパーク秩父」として日本ジオパーク44カ所の一つに認定されています。
また、「グラビティ」は、重力の意味で、重力を使って楽しむアクティビティのことを「アクティビティスポーツ」と言い、特に有名でイメージしやすいものが、バンジージャンプです。

0112titibu3「秩父ジオグラビティパーク」の施設概要イメージ

今年3月末、「秩父ジオグラビティパーク」の開業時に整備予定なのが、「スカイウォーク」と「キャニオンスイング」。
「スカイウォーク」は、旧白川橋の橋脚を使って架けられた長さ約100mの吊り橋を、ハーネス(安全ベルト)を付けて渡るアクティビティです。自然の渓谷を使ってこのような施設ができるのは日本初。

0112titibu

スカイウォークイメージパース

「キャニオンスイング」は、設置したプラットホームから、荒川渓谷にダイブ下後、大きなブランコのようにスイングするというアクティビティ。海外では、バンジージャンプ以上に人気があるとか。

ちょっと怖い気持ちもしますが、試してみたい気もします。

開業1年目には、ジップラインとローラーコースターを組み合わせた「ローラージップ」を整備予定。
開業2年目には、渓谷に張ったケーブルを滑車で滑り降りる「ビッグドロップ ジップライン」も。時速80km、距離は400m。1ケーブルに2人乗りができ、2ケーブルで4人同時のレースも楽しめるようになるように。
さらに、国内2位となる高さ70mの「バンジージャンプ」も予定されています。出来れば、「東京から一番近いバンジージャンプ」として、多くの人が訪れるようになるはず。
0112titibu2旧う白川橋周辺。

秩父エリアには、歴史ある神社や温泉、自然がありますが、さらにとっておきの遊びも満喫できるようになりそう。

開業が今から楽しみです。

秩父市観光課 ☎0494-25-5290

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 埼玉トップ
  2. 特集
  3. 東京から一番近い!“バンジージャンプ”が秩父で出来る?


会員登録・変更